日常生活のハゲ対策 育毛・薄毛と○○の関係

育毛・薄毛とダイエットの関係。ハゲない為に正しい方法で痩せよう!!

ダイエットは正しい方法で行わないと、薄毛を悪化させる恐れがあります。

そもそも、太っていることそのものは、それほど髪の毛に悪影響を与えません。(詳しくはこちらの記事で紹介しています→育毛・薄毛と肥満の関係。デブはハゲやすい!?その原因と対策について

太っているからといって薄毛になったり抜け毛が増えることはありませんが、間違ったダイエットを行うと確実に薄毛リスクを上げてしまうでしょう。

 

この記事ではダイエットで抜け毛が増える仕組みと、ハゲない為のダイエット方法や対策を紹介します。

スポンサーリンク

基本的なダイエットの仕組みと薄毛の関係

世の中には様々なダイエット法が存在します。

ロングブレスダイエット、ヨガダイエット、バナナダイエット、炭水化物抜きダイエット、水中ウォーキングダイエット、オチョダイエット、野菜から食べるダイエット。

あげればきりがありませんが、これらのダイエットはすべてたった一つのシンプルな法則を元に行われます。

「摂取カロリー」-「消費カロリー」=プラスなら太る、マイナスなら痩せる

これだけです。

ダイエット方法はたくさんありますが、摂取カロリーが消費カロリーより多いと絶対に痩せることはありません。

ここに、過剰なダイエットが薄毛ににつながる理由があります。

たった2つしかないダイエットの方法

ダイエットには大きく分けると「消費カロリーを増やすダイエット」と「摂取カロリーを減らすダイエット」のふたつしかありません。

多くのダイエットがこのどちから、あるいは2つを並行して行います。

消費カロリーを増やすダイエット

消費カロリーを増やすには、やっぱり運動です。

運動により消費カロリーを増やして痩せるダイエット法は、さらに大きくふたつに分けられます。

ダイレクトに脂肪を消費させる有酸素運動と、筋肉を付けて基礎代謝(何もしないでも一日で消費するカロリー)をあげる筋トレです。

例外的ですが、唐辛子のカプサイシンの作用によるダイエット効果も、消費カロリーを増やすダイエットと言えるかもしれません。

摂取カロリーを減らすダイエット

対して食事制限によるダイエットは「摂取カロリー」を減らすことで痩せようという方法です。

炭水化物を抜くことで痩せるとか、プチ断食を行って痩せるとか、朝だけ酵素ジュースに替えるとか、それはもういろんな方法があります。

問題は運動によるダイエットではなく、摂取カロリーを減らすことによるダイエットのほう。

 

ダイエットによってハゲになる、薄毛が広がる…その理由の殆どが、間違った食事制限によるダイエットです。

無理な食事制限ダイエットが育毛に悪い理由

栄養バランスが崩れる

育毛にはバランスの良い栄養素が大事です。

ビタミンやミネラル、良質のたんぱく質。それらが血を作り、髪の毛を作ります。

糖質をまったくとらないダイエットとか、何か一つの食品だけ食べるダイエットなんかはお勧めしません。栄養はバランスが大事、いろんな栄養があり、その結果として髪の毛が生えてくるのです。

きちんと栄養を摂っていないのに、ただ育毛剤だけつけてもしょうがないですよね。

ストレス

ダイエットはかなりのストレスになります。

お腹が減っている状態自体が人にとってはストレス、しかも美味しいものを我慢しなければならない。

ストレスは薄毛の原因になります。

ホルモンバランスが崩れる

急激なダイエットは体内のホルモンバランスを崩します。

この影響は女性の方が大きく出るでしょう。

女性の薄毛の原因で多いのが、このホルモンバランスの崩れ。

そしてその原因が無理なダイエットの場合が多いのです。

 

女性ホルモンの分泌が乱れてしまうと、女性でも薄毛になってしまうのです。

リバウンドしやすい

食事制限によるダイエットは、すぐに体重が減って効果がでやすいですが、その分リバウンドもしやすいもの。

その理由は体内の筋肉量の減少です。

食事をしないと体内のエネルギーが不足し、蓄えられた脂肪を燃焼させることで補います。

…が、それと同時に筋肉細胞も分解してエネルギーへと変換してしまいます。

筋肉量が減ると基礎代謝量も減り、運動をしていない状態での消費カロリーも減ってしまいます。

つまり「痩せにくい体質」になってしまうんですね。

 

食事制限ダイエットで筋肉量低下がし、痩せにくい体質になったあと、ダイエット前の普段の食生活に戻ったら…?

体重は元通り。

しかも太りにくい体質になっちゃうという悪循環になってしまいます。

これは食事制限ダイエットのもっとも大きな弊害のひとつです。

ハゲないダイエットとは?

ダイエット自体は直接のハゲの原因にはなりません。

過度の肥満はハゲの原因になりますし、適正な体重を目指すためにダイエットするのはむしろ育毛に効果的と言っていいでしょう。

 

問題はその方法にあります。

まず基本として、急激なダイエットではなく、緩やかに何か月もかけて少しづつ体重を落としていく方法をとりましょう。

オススメはやはり「消費カロリーを増やす」ダイエットです。

 

食生活はまったく変えずに、運動を増やす。

有酸素運動と筋トレを同時に行えば、相乗効果でよりよいダイエットになると思います。

 

確かに食事制限によるダイエットの方が即効性があり、いかにも痩せるというイメージです。

ですが食事制限によるダイエットは、まず筋肉がやせ細りリバウンドしやすい体質になったり、薄毛以外にも健康に悪影響を及ぼしたりと、いろんな弊害が現れます。

 

いちばん気を付けて欲しいのが実は”肌の状態”です。

無理な食事制限によるダイエットを続けると肌がガサガサになって潤いがなくなります。

自分の顔を見て、肌質が悪くなったり、顔色が悪くなってきたら要注意!!

髪の毛が生えている頭皮も肌の一種であり、肌質が悪くなっているということは頭皮環境が悪化していることを意味します。

頭皮に潤いがなくなってガサガサになったら、毛乳頭の活動も阻害されますし、健康な髪の毛は生えてきません。

もちろん抜け毛も増えます。

 

もしダイエットで食事制限をする場合には、全体のバランスを考えた食生活を送るべきです。

ただしそんな食生活を実現するには、普段よりも高価な食費を支払う必要があるでしょう。

 

「運動なんていやだ~」なんて思うかも知れませんが、育毛の為には運動によるダイエットがオススメ。

軽い運動をすると全身の血流も上がり、ホルモンバランスを整え、育毛効果もあるでしょう。

 

最新の研究では、太っている人でも運動の習慣のある人は健康的で内臓機能も低下していないことがわかっています。

肥満であることよりも、運動不足のほうが、薄毛を引き起こすリスクを高めます。

無理な食事制限ダイエットは控えて、健康的で育毛に良い運動によるダイエットを心がけましょう。

スポンサーリンク

-日常生活のハゲ対策, 育毛・薄毛と○○の関係

© 2020 育毛100!! Powered by AFFINGER5