ようこそ育毛100へ!

当サイトでは薄毛治療のガイドラインや育毛の最新研究を参照しつつ、薄毛治療薄毛予防の2つのアプローチ方について紹介しています。

 

薄毛を病気と捉えると、薄毛治療は投薬や外科手術などの医療行為のことを差します。

薄毛治療のガイドラインによると、エビデンスのある薄毛に効果的な治療方法はたった6種類(女性の場合は2種類)しかありません。

こちらが薄毛治療ガイドラインに記載された薄毛治療の選択肢。

その中で有効とされる治療方法がこちらです。

☆男性型脱毛症の治療における選択肢

  1. フィナステリドの内服薬(推奨度A)
  2. デュタステリドの内服薬(推奨度A)
  3. 男性専用ミノキシジル配合の外用薬(推奨度A)
  4. 植毛術(推奨度B)
  5. LEDおよび低出力レーザーの照射(推奨度B)
  6. アデノシン配合の外用薬(推奨度B)

☆女性型脱毛症の治療における選択肢

  1. 女性専用ミノキシジル配合の外用薬(推奨度A)
  2. LEDおよび低出力レーザーの照射(推奨度B)

それぞれにメリットとデメリットがあるので、それを踏まえた上で自分に合った治療方法を選択する必要があります。

 

「薄毛予防」は上記の薄毛治療以外のほとんどすべての育毛方法です。

市販されている多くの育毛剤や頭皮マッサージ、「○○を食べると髪が生える」といった食事でのアプローチもここに含まれます。

あくまでも薄毛予防なので抜けた髪の毛が再び生えてくるほどの効果は難しいですが、比較的安全に行えるメリットがあります。

 

それ以外の第三の選択肢として「増毛」があります。

アデランスやアートネイチャーで有名な、人口毛髪を利用して薄毛をフサフサにする高等技術!

もしお金と手間を惜しまずに薄毛を改善したいのなら、増毛が最もオススメです。

副作用のリスク0%!

薄毛の改善確率100%!!

自由自在に髪型を変更できる楽しさ100%!!!

ただし、費用が高額になる場合があるのと、数カ月に一度はかならずメンテナンスをする必要があります。

お金に余裕があるのなら、薄毛治療を頑張るより増毛をした方が確実だし遥かに楽ですよ。

 

いろんな情報が溢れている育毛業界ですが、さまざまな情報を踏まえたうえでの薄毛対策の結論(総合評価)がこちら。

育毛効果費用即効性副作用
育毛剤ふつう×なし
育毛サプリメントふつう×なし
発毛剤長期的に見ると高額あり
飲む育毛剤ふつうあり
LED・低出力レーザー長期的に見ると安価なし
自毛植毛×高額あり
ウィッグ・増毛×高額なし
スカルプシャンプー×安価×なし
育毛サロン高額×なし

それぞれについて詳しくは、当サイトの記事で紹介しています。

男女別の薄毛原因と対策

男性と女性では薄毛になる原因や対策がちょっと違います。それぞれの薄毛の特徴と育毛法、さらに「円形脱毛症」の対策についても紹介します。

育毛剤やシャンプーの基礎知識

毎日使うシャンプーや育毛剤は、薄毛を予防するためにとても大切です。シャンプーや育毛剤の知識をまとめました。

LED・低出力レーザーによる薄毛治療についての情報まとめ

低出力レーザーを使った薄毛治療は日本皮膚科学会が発表した「AGA治療ガイドライン」においても、Bランクの高評価を得ています。怪しげな育毛方法よりも信頼のおけるエビデンスがそろっています。自宅でできる低出力レーザーを使った育毛方法についての情報を紹介します。

薄毛改善に本気なら!育毛クリニックや専門機関についての情報

自己流の育毛方法にはやはり限界があります。本気で薄毛を改善したいのなら、育毛クリニックに行ってみるのも有効な選択肢です。

薄毛の進行を防ぐための方法や生活習慣を改善するコツ

不健康であることは、そのまま薄毛になりやすいという事になります。肥満、運動不足、寝不足、タバコ、すべて脱毛の原因になり得ます。薄毛の進行を防ぐためにオススメな生活習慣とはどのようなものなのでしょうか?

抜け毛予防と育毛によい食べ物や髪の毛の雑学

摂取した栄養素は優先的に生命維持に使われ、髪の毛は後回し。そのため髪の毛は栄養状態の影響を強く受けます。髪の毛によい食べ物で薄毛を予防するのは大切です。