女性の薄毛対策 育毛剤の知識

3,000円以下も!安さで選ぶ男女別の薬用育毛剤ランキング

投稿日:2019年3月11日 更新日:

育毛剤って高いですよね。

だいたい1か月分で5,000円~1万円くらいすることもあります。

育毛剤にはたくさんの有効成分や天然成分が配合されているので、ある程度高額になるのは仕方のないことなのですが…。

 

できることなら、安くてよい育毛剤を使いたいもの。

 

そこで今回は人気の育毛剤を”値段の安い順”にランキング形式で紹介したいと思います。

まず最初に、ランキングの作成基準を紹介します。

①30日分の容量を比較します

ほとんどの育毛剤は、1本1か月分で販売されています。

1か月分=30日分ってこと。

なので1か月分でどれくらいの費用がかかるかを基準にしてランク付けします。

 

中には1本で2か月使える育毛剤や、1本で50日使える育毛剤もあります。

そういった育毛剤は30日分を計算し、費用を算出してランク付けします。

②定期購入コースがある場合はその価格で

育毛剤で効果を実感するには、最低でも数カ月は使用する必要があります。

そのため、ほとんどの育毛剤は定期購入することで割安に購入できるサービスを提供しています。

今回比較する価格は、定期購入コースを申し込んだ場合の基本的な価格とします。

例えば初回限定で5,000円!2回目以降は8,000円!そんな育毛剤があったとしたら、2回目以降の8,000円の方を参考にして比較します。

③対象は薬用育毛剤のみ

ランキングの対象は”薬用育毛剤”のみ。

厚生労働省が認めた”有効成分”が配合されている医薬部外品に分類される育毛剤を対象とします。

育毛剤の中には有効成分が配合されていない「化粧品分類」のものもありますが、それらは除外します。

また1000円程度で購入できる「育毛トニック」も対象とはしません。

以上のルールに従いながら、忖度なしのランキングを作成しました。

スポンサーリンク

安さで選ぶ”男性用”育毛剤ランキング

ではさっそく、男性専用の薬用育毛剤を、ひと月の費用が安い順からランキング形式で紹介します。

順位 商品名とサイトへのリンク 30日分の価格(税抜)
1位 特許取得!毛髪成長因子が450%UP《ハイブリッド育毛》 2,655円(1本2か月分で5,310円)
2位 プレミアムグローパワー 3,690円(1本2か月分で7,380円)
3位 プランテル 3,878円(6,463円/50日分
4位 薬用グローリンギガ 4,500円
5位 HG-101 5,500円
6位 スカルプインパクトジェット 5,537円
7位 育毛剤イクオス 5,980円
8位 MSTT1 6,000円
9位 チャップアップ(CHAP UP) 6,852円
10位 育毛剤ナノインパクト100 7,000円
10位 ケフトル ローションEX 7,000円
12位 ヘアリプロ・スカルプグロウF 7,650円
13位 プランテルEX 8,981円
14位 発毛育毛ミスト[M-1] 9,000円
15位 セファニーズ5α 9,796円
16位 ブブカゼロ 10,800円

高い育毛剤は1月で1万円以上かかりますが、安いものになると3,000円以下でもあるんですね。

3,000円以下なら、1日のコストも100円以下に抑えられます。

 

でも、なんとなく安い育毛剤は効かないような感じがしますよね。

 

ですが、調べてみると1位のルプルプはかなり優秀な育毛剤であることがわかりました。

最安値!LPLP ハイブリッド育毛剤の内容

ルプルプ ハイブリッド育毛剤

最安値はルプルプとタカラバイオが共同開発したルプルプ深層育毛剤でした。

1カ月でたったの2,655円!!

2位のプレミアムグローパワー3,690円/1月から1,000円以上引き離した、ダントツの最安値です。

計算すると、1日たったの88.5円で使い続けられる計算になります。缶ジュース以下の値段ですね。

 

ルプルプの安さの秘密は、その大容量にあります。

多くの育毛剤が1本1か月分を販売している中、ルプルプ育毛剤は1本150mlで2か月分使い続けられます。

定期購入コースも、2か月に1度育毛剤が送られてきます。

 

初回は1980円ですが、2回目以降は定価から10%割引の5,310円(税抜)。

2か月分で5,310円なので、1か月分はたったの2,655円ということ。

これはたくさんある育毛剤の中でも最安値の値段です。

 

しかもルプルプ深層育毛剤に配合された成分を見ると、「安かろう悪かろう」ではないこともわかります。

ルプルプには頭皮の成長因子を活性化させる「ガゴメエキス」や、グリチルリチン酸ジカリウム・セファランチン・センブリエキスといった有効成分もしっかりと配合されています。

☆ルプルプ深層育毛剤に含まれる主要なアプローチ成分

  • ガゴメ昆布フコダイン:成長因子FGF-7の働きをサポート
  • グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症作用
  • セファランチン:抗アレルギー作用、血液幹細胞増加作用、末梢血管を拡張
  • センブリエキス:血行促進、毛母細胞の活性化、抗酸化作用
  • パテントテニルエチルエーテル:毛乳頭や毛母細胞の活性化

安くて高品質。

育毛剤は使い続けなければ意味がありません。

その点、価格が安ければ安いほど使い続け安いですし、長く続ければ続けるほど効果も実感できると思います。

はじめて育毛剤を買う方にもオススメですし、「薄毛になりたくないから予防したい」という方でも手軽に始められるでしょう。

 

大手メーカーのタカラバイオとルプルプが開発したハイブリッド育毛剤は、育毛の初心者から上級者まで、幅広く勧められる育毛剤ですね。

 

*現在公式サイトでは初回定期キャンペーンを行っていて、1本2か月分1,980円で購入できます。

タカラバイオ×LPLPが実現した《ハイブリッド育毛》

安さで選ぶ”女性用”育毛剤ランキング

まずはランキング作成の基準を明確にしておきます。

①1か月(30日)分の容量を比較対象とします。(1本で2カ月使える場合は30日分を計算して比較します)

②通常販売価格を基準に比較します。定期購入コースがある場合はその通常価格で判断します(初回キャンペーンなどは対象としません)

③女性専用の”薬用”育毛剤のみを対象とします(育毛トニックや男性用は除外します)

これらのルールを守ったうえで、女性専用育毛剤を安い順番に厳密にランク付けしました。

そのランキングがこちら。

順位 商品名 30日分の費用(税抜) 販売サイト
1位 デルメッド 2,000円 女性の髪のお悩みに。デルメッド
2位 柑気楼 2,630円 薬用育毛剤 3代目 柑気楼 増 150mL 01788
3位 イクモア 2,980円 詳細はこちら
4位 ラフィー 3,823円 ラフィー
5位 モウガL艶髪 4,000円 【医薬部外品】モウガL 女性用育毛剤 艶髪(あでがみ)60mL 女性向け
6位 薬用リリィジュ 4,230円 詳細はこちら
7位 マイナチュレ 4,557円 マイナチュレ公式サイト
8位 ビフォリア 4,620円 ビフォリア
9位 花欄咲 4,800円 花蘭咲
10位 ベルタ育毛剤 4,980円 女性用育毛剤なら【ベルタ育毛剤】
11位 ルルシア 4,980円 女性用育毛剤ルルシア
12位 リアップリジェンヌ 5,239円 リアップリジェンヌ
13位 薬用ハリモア 5,370円 薬用ハリモア
14位 AYAKAMI 6,980円 AYAKAMI薬用ローズヘアエッセンス
15位 髪萌 9,900円 【髪萌 育毛エッセンスHATSUMOE】

いちばん安い女性専用育毛剤「デルメッド」の特徴

では次に、いちばん安い女性用育毛剤デルメッドについて、もう少しくわしく紹介します。

まずは価格について。

他の育毛剤は1本1か月分で販売していますが、デルメッドは1本120mlで1.5~2か月分として販売しています。

1本の価格は4,000円(税別)

2カ月で1本使うと想定して、1か月分の価格を2,000円としました。

 

1日にかかるコストは、わずか67円です。

 

1本で4,000円も割安ですが、さらに大容量というのがポイントなんですね。

そんなデルメッドはしっかりと三省製薬という製薬会社が製造してて、「安かろう悪かろう」ではない高品質な育毛剤です。

女性用育毛剤デルメッドに配合されている育毛成分CTPの効果とは?

デルメッドには三省製薬が独自に発見した育毛成分CTP(6-ビンジルアミノプリン)が含まれています。

女性の薄毛といえば、髪の毛がだんだん細くなってきて頭皮が目立ってくるという特徴があります。

CTPには毛母細胞を活性化して、太くしっかりした髪の毛を育てるサポートをしてくれます。

 

このCTPというのは、けっこうスゴイ育毛成分で、その効果につてライオン株式会社が研究発表しています。

ヒト臨床試験にて育毛効果が認められている数種類の成分を、女性由来のヒト毛乳頭細胞に添加して、「BMP2」「IL1A」遺伝子の発現量をRT-PCRを用いて評価しました。

その結果、添加した成分の一つ「6-BA」は、発毛促進因子「BMP2」の発現量を増加させ、脱毛因子「IL1A」の発現量を抑制することが確認できました。

このことから「6-BA」は、女性ホルモンが減少することで引き起こされる“女性の薄毛”に、効果的な作用がある可能性を見出しました。

参照元:薄毛の原因メカニズムに、新たな発見!「“女性の薄毛”は女性ホルモンの減少と直接関係する」可能性を確認(ライオン株式会社)

6-BAは6-ベンジアミンノプリン(CTP)のことです。

ライオン株式会社生命科学研究所と順天堂大学の共同研究で、CTPが女性の薄毛に対して発毛促進と脱毛抑制の効果が期待できることを遺伝レベルの解析で確認したとのこと。

 

育毛成分CTPは三省製薬の独自成分なので、デルメッド以外の育毛剤には配合されていません。

これだけでも十分にスゴイですが、デルメッドにはCTP以外にもたくさんの成分が含まれています。

  • いよかんチンピエキス:加齢に伴う薄毛に
  • トウヒエキス:黒髪の保護
  • ホップ抽出液:CTPの働きをサポート
  • マテ茶エキス:ダメージケア
  • オオムギ発酵エキス:美しさの維持
  • サリチル酸:清潔さを保つ
  • グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症作用

ライオン株式会社生命科学研究所の実験では、40~60代の薄毛が気になる女性にCTPを使ってもらい、その効果を確認しました。

なのでデルメッドは、とくに40代以降の薄毛が気になりだした女性にオススメ。

ですが、CTPは発毛因子を活性化させ、脱毛因子を抑制させるので、20代・30代の女性が使っても十分に薄毛を予防できるでしょう。

安さの秘密は?デルメッドを最安値で購入する方法

デルメッドのスゴイところは、ちゃんと製薬会社が開発・製造・販売しているってところ。

他の女性用育毛剤のホームページを見てみると、そのほとんどが製薬会社ではありません。

多く販売会社が女性用育毛剤を”外注”で製造していて、工場から仕入れて販売しているだけだからです。

 

なぜなら、小さな会社では育毛剤を作るような技術も、施設も、資金もないから。

育毛剤の中には、名前が違っていても内容はほとんど同じという商品がたまにあります。

そうなってしまう理由は、育毛剤の外注先がいっしょだから。

だからほとんどの育毛剤の内容が似たり寄ったりになるんですね。

 

対してデルメッドは、50年以上の歴史を持つ三省製薬が開発した育毛剤です。

製造から販売までこなしているからこそ、ここまで安くて高品質の育毛剤が提供できるのでしょう。

 

育毛剤安さランキングでは、ほとんどの育毛剤が1月分5,000円以上かかる中で、1か月2,000円はめちゃくちゃ安い!

ダントツの1位を獲得したデルメッドですが、実はもっと安く購入できます。

 

方法は簡単。

1本目はデルメッド公式サイトで購入する。

2本目以降はAmazonで購入する。

これだけ。

 

デルメッド公式サイトでははじめて購入する方限定で、1本を50%割引の2,000円(税別)で購入できます。

つまり、1か月分でたったの1,000円

しかも定期購入コースに申し込む必要はありません。

条件は”はじめて購入する”ってことだけ。

 

2本目を購入する際には、Amazonを利用するのがオススメ。

デルメッド公式サイトで2本目を購入すると4,000円ですが、Amazonでは2,980円で販売しているからです。

これなら1か月1,490円ってことになりますね。

 

初回は公式サイトで、2回目以降はAmazonで。

 

こうすれば最安値の育毛剤デルメッドをさらに安く購入できます。

育毛剤は気長に続けないと効果が実感できませんが、安ければ手軽に始められるし続けやすいですよね。

 

デルメッドにはCTPという育毛成分が配合されていながらも、他の女性用育毛剤よりもはるかに安い。

いま最もオススメな育毛剤だと思います。

 

☆初回半額で購入できる公式サイトはこちら!

デルメッドヘアエッセンス・初めてなら半額です!

☆2回目以降の購入はAmazonがオススメ!!

女性に育毛剤がオススメな3つの理由

育毛剤は男性よりも女性の方が効果が得られやすい理由

「育毛剤はぜんぜんダメ!」

そんな感想を持つのは、女性よりも男性が多いです。

なぜなら、男性の薄毛原因と女性の薄毛原因はそもそも違うから。

 

男性はたくさん分泌される男性ホルモンの影響や、遺伝の影響で薄毛になります。

遺伝が原因の薄毛を、皮膚に塗布する育毛剤で改善するのは中々難しい。

 

ですが、女性は違います。

女性の薄毛原因で多いのは、ダイエットによる栄養不足、食生活や生活習慣の乱れによる頭皮環境の悪化や、加齢によるホルモンバランスの乱れ。

遺伝が原因で薄毛になる女性はほとんどいません。

なので正しく頭皮ケアすることで、細くなった髪の毛を太くすることは十分に可能。

これは若い女性の薄毛も、中年期以降の女性の薄毛の悩みも同じです。

そのためにオススメの方法のひとつが、毎日育毛剤を頭皮に塗布するってことなのです。

女性は薄毛治療の選択肢が狭い

男性の遺伝的な薄毛をAGA(男性型脱毛症)と呼びます。

AGAは育毛クリニックでプロペシアなどの飲む育毛剤を処方してもらい、服用することである程度治療できます。

女性の薄毛には、こういった飲む育毛剤を使うのは禁忌とされていて、使うことができません。

 

なので女性の場合は育毛クリニックに行っても、そのクリニックオリジナルの育毛剤を使ってもらうこともあります。

そのような高額な育毛剤を使うよりも、まずは市販の安い育毛剤を使ってみて、自分の薄毛が改善するかを試してみた方がいいでしょう。

頭皮ケアと肌ケアは似ている

一時期”美魔女”という言葉が流行りましたね。

35歳以上の見た目が美しい女性を指すのだとか。

 

美魔女と呼ばれるような女性たちは、若いころからお肌ケアを欠かしません。

そのため、中年期以降になっても肌の状態が若いまま。

シミやシワも少なく、乾燥とは無縁なプリプリした肌質をしています。

同じ年代の女性の肌質と比べても、雲泥の差。

 

これは、頭皮にも同じことが言えます。

 

日頃から育毛剤を使って頭皮ケアをしている人。

まったく頭皮に気を使っていない人。

5年後、10年後には大きな差となって表れてくるでしょう。

 

髪質って思いのほか年齢を表します。

10代、20代の頃は太くてしなやかだった髪の毛も、40代、50代になると細くてコシがなくなっていく…。

いつまでも黒くて太い、しっかりとした髪質を維持するには、1日でも早く頭皮ケアを始める必要があります。

 

そこで最も手軽に始められるのが、女性用の薬用育毛剤です。

薬用育毛剤には抗炎症作用がある成分や、血行促進作用のある成分が含まれており、頭皮の環境を整えてくれるでしょう。

育毛を使う際の注意点と正しい使い方

育毛剤は継続して使い続けないと無意味な理由

育毛剤を使ったことのある人の中では「育毛剤なんて使っても意味なかったよ!」という意見が多く聞かれます。

実際に育毛剤を使ってみて、「髪が生えてきたのかよくわからない…」そう思った方も多いでしょう。

 

なぜ、育毛剤で変化が実感できなかったのか?

その大きな理由のひとつとして「使う期間が短いこと」が挙げられます。

 

薬用育毛剤は「頭皮環境を健康にすることで髪を育てる」ことを目的としており、美肌化粧品ととても似ています。

美肌化粧品を使い始めて、1週間や1カ月で急に肌がプリプリになったり、透き通るように白くなったりすることはありません。

ですが、使い続けることで、肌の質感やうるおいは、少しずつ改善されていきます。

 

まったくお肌のケアをしてこなかった50歳と、しっかりとお肌のケアをし続けてきた50歳の肌質の違いを見れば、日々の肌ケアの大事さは明白でしょう。

 

育毛剤も同じで、1週間、1カ月、3か月と使い続けても、「髪の毛が生えてきた!」という実感を得るのは、正直難しい。

ですが薬用育毛剤を、半年、1年と使い続けることで、頭皮環境は少しずつ良くなっていきます。

3年後、5年後には、もっともっと大きな”差”となってあらわれてくるでしょう。

 

たった1か月使って髪質に変化がないからといって、使用を中止するのは止めておいた方がいいですね。

その育毛剤がいいものか、それとも悪いものか判断するには、最低でも半年は使い続ける必要があります

 

ですが毎日育毛剤を買うとなると、そのランニングコストは膨大なものになります。

できることなら、少しでも安い方が、長い間使い続けられますよね。

安い育毛剤については、今回紹介した「安い育毛剤ランキング」を参考にして、自分にあった育毛剤を探してみてください。

☆薬用用育毛剤は基礎化粧品と同じで、毎日使い続けるのが大切です

頭皮を清潔に保つ方法

育毛剤は清潔な頭皮に使うことで、その効果を十分に発揮します。

毛穴に汚れが詰まっていて、頭皮が脂ぎっているような状態で使ってもその効果は半減してしまうでしょう。

 

毎日、お風呂に入ってしっかりと洗髪するのは薄毛予防の基本です。

洗髪したら、しっかりと髪を乾かして、その後に育毛剤を塗布しましょう。

 

気をつけたいのが、洗髪のし過ぎも頭皮にダメージを与えるってこと。

洗髪は夜1回で十分。朝のシャンプーをするのはやりすぎです。

1日に2回以上洗髪しているのなら、1度に減らした方がいいですね。

育毛剤を使うベストなタイミングは?

育毛剤は基本的に、夜、お風呂で洗髪したあと、寝るまでの間に使います。

睡眠中は成長ホルモンが分泌され、体内の細胞が修復される時間帯。

その前に頭皮に育毛剤を塗布すれば、毛根の奥の毛母細胞の働きをよく助けてくれるでしょう。

 

お風呂でシャンプーした後、タオルドライした後の髪の毛に使うのがオススメ。

中には「育毛剤を使うのはちゃんとドライヤーで髪を乾かした後で」という意見もありますが、適度に頭皮が湿っていた方が毛根の奥まで有効成分が浸透しやすい状態であると考えます。

ドライヤーで髪を乾かしたあとで育毛剤を使いたい場合は、頭皮までカラカラに乾かさないように注意しましょう。

 

いちばん最悪のなのは、ドライヤーを使わずに自然乾燥させちゃうってこと。

濡れたままだと頭皮に雑菌が繁殖しやすい状態になりますし、髪の毛も痛みやすくなります。

育毛剤を使うにしろ、使わないにしろ、シャンプーの後は必ずドライヤーを使いましょう。

育毛は肌ケアと似ている

薄毛予防のための頭皮ケアは、基本的には顔の肌ケアとまったく同じと考えてください。

肌と頭皮は繋がっているので当然ですね。

睡眠不足や紫外線、ダイエットで肌が荒れることがありますが、これは頭皮も同じことが言えます。

 

バランスの良い食事や運動、適度な睡眠などが、肌の健康には大切。

それを踏まえたうえで、化粧水や保湿液のかわりに育毛剤を使います。

使い続ければ、少しずつ髪の毛が太くなり、コシとハリが生まれてくるでしょう。

効果的な頭皮マッサージのやり方

シミ・シワを予防するためにスキンケア・マッサージをしている方も多いでしょう。

それは育毛にも同じことが言えます。

頭皮をマッサージして血行を良くすると抜け毛予防になることは、科学的な研究でも証明されています。

アンファーとヘアメディカルグループ、日本医科大学形成外科との共同研究によると、頭皮マッサージの刺激で毛乳頭が活性化し、薄毛予防と育毛に繋がるとのこと。

 

育毛のためには、特に頭皮を押すことによる刺激が有効。

さすったり、揉んだりするマッサージよりも押す方がいいなんて意外ですね。

頭皮には育毛の効くツボがたくさんあるので、そこをギュッと押せばさらに効果的でしょう。

ツボの場所についてはこちらで紹介しています→頭皮や手にある育毛・薄毛に効くのツボの場所や押し方を紹介します。

☆薬用育毛剤を使う手順

①しっかり洗髪し、頭皮の汚れを落とす

②タオルドライした後の頭皮に育毛剤を塗布

③頭皮をマッサージする

④頭皮をドライヤーで乾かす

早めの処置が大切!薄毛は進行性で進行すればするほど改善が難しくなっていく

男性も女性も、薄毛はまず髪質の変化から始まります。

太くてしなやかだった髪の毛が、少しずつ細くなっていきます。

そうしてしばらくすると、シャンプーのときや、朝起きた後の枕に抜け毛が目立ち始めます。

さらに頭頂部周辺の髪の毛が細くなり、地肌が目立つようになります。

 

女性の場合は男性のように頭部全体が「ツルッパゲ」になることはありませんが、頭部全体が薄く地肌が目立つ状態なっていくでしょう。

薄毛の典型的な症状の推移

①髪が細くなり、髪質が変化する

②抜け毛が気になり始める

③頭頂部や分け目の地肌が目立つようになる

④頭部全体が薄くなる

この薄毛の進行を止める、遅らせるには、毎日の頭皮ケアが大切になってきます。

1日でも早く、頭皮を健康な状態に回復することが重要なんですね。

 

薄毛は進行すればするほど、改善が難しくなっていきます。

 

髪が抜け落ちても毛根が元気であれば、再び健康な髪は生えてきます。

何度抜けても、それは同じ。

ですがヘアサイクルが乱れて毛根の”休止期”が長引いてしまうと、毛根そのものの機能が退化してしまいます。

そうなると、そこから再び新しい髪の毛を生やすのは、どんな薄毛治療を行っても困難です。

 

薄毛の改善は早めの対策が重要。

逆に言えば、初期の段階であればあるほど、健康な状態に戻ることが簡単ともいえます。

 

薄毛の悩みといえば男性でしょうが、今現在は薄毛に悩んでいない女性も他人ごとではありません。

若い女性と高齢者の女性の髪を比べれば一目瞭然ですが、髪の毛は加齢によって細く弱くなっていきます。

これはもう、ある程度仕方のないこと。

ですがその髪の毛の老化を少しでも遅らせるためには、日頃から薬用育毛剤を使い続けることが有効なのです。

 

肌のケアはしっかりしていても、頭皮のケアはおろそかにしている方も多いのではないでしょうか?

髪の美しさは女性の美しさ。

今回紹介した「安い女性用育毛剤ランキング」を参考にして、自分にあった安くてよい育毛剤を探してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
☆スポンサーリンク

-女性の薄毛対策, 育毛剤の知識

Copyright© 育毛100!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.