女性の薄毛対策

閉経後の抜け毛・薄毛の原因とたった2つの育毛対策

2022年4月4日

学術誌「Menopause」で発表された研究によると、なんと閉経後の女性の52%が抜け毛、薄毛を経験していることがわかりました。

この記事では、その研究の内容とともに閉経後の薄毛の原因と対策について紹介します。

スポンサーリンク

閉経後の女性を対象にした脱毛パターンの研究内容

まずは簡単に今回の研究の内容を紹介します。

 

調査対象:50~65歳の閉経後の女性178名

調査内容:頭皮の写真や毛髪密度と太さの三次元鏡検査で薄毛の進行度合いを調査。(3人の皮膚科医師が確認)

同時に「閉経からの期間」「頭皮の皮脂」「男性ホルモンや女性ホルモンの状態」「家族の脱毛歴」「心理状態」「身体の状態」なども調査。

調査結果:全体の52.2%が薄毛に悩まされており、

73.2%が軽度の薄毛、

22.6%が中程度の薄毛、

4.3%が重度の薄毛と評価された。

女性の薄毛の進行表を確認してみると、閉経後に薄毛で悩む女性の7割は分け目周辺の地肌が目立つように脱毛する傾向にあるみたいです。

閉経後に薄毛になる女性の身体的特徴

男性の薄毛に関しては、その原因のほどんどが男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」が原因です。

ある意味ではすごくシンプル。

ですが閉経後の女性の脱毛には、様々な影響が考えられ、一筋縄ではいきません。

閉経によるホルモン分泌の変化によるストレスや体調の変化、栄養バランスの乱れ、睡眠不足、運動不足、そして加齢などなど。

今回発表された調査結果によると、閉経後の薄毛と際立った相関性が認められた要素が発見されました。

 

それは”体重”です。

 

具体的にはBMI=25以上の太り気味の女性に薄毛の割合が多かったのです。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

閉経後の薄毛に悩まされていて、しかも太り気味であるのなら、まずはダイエットをするのが重要なようです。

関連記事:育毛・薄毛と肥満の関係。デブはハゲやすい!?その原因と対策について。

閉経後の薄毛に効果的な2つの対策

では次に、閉経後の薄毛に効果的な2つの対策を紹介します。

食生活、運動、睡眠などなどの生活習慣の改善はここでは取り上げません。

もちろんそれらも大事ですが、よりダイレクトに薄毛にアプローチする方法を紹介します。

アブロン氏のアドバイスは、抜け毛が気になる場合、皮膚科を受診して自分にあった治療法を決めること。多血小板血漿療法や、注射薬、光レーザー療法、発光ダイオード療法などが選択肢として挙げられるそう。ほかに、保険適用外のホルモン薬や、植毛も選択肢のひとつ。

市販の薄毛治療の選択肢はあまり多くなく、アブロン氏によると、女性の抜け毛を治療するためにFDAが承認しているものは、市販のミノキシジルのみ。アメリカ皮膚科学会は、女性型脱毛症の治療に、5%以上のミノキシジルを使用しないよう推奨している。

参照元:閉経後の半数以上の女性が「抜け毛」を経験、治療法の選択肢はさまざま

この記事で皮膚科医はさまざまな薄毛治療法を提案していますが、日本において閉経後の薄毛に対して効果的な育毛法の選択肢はほとんど2つしかありません。

 

①ミノキシジル配合の発毛剤

②光レーザー療法

 

それぞれを簡単に説明します。

ミノキシジル配合の発毛剤

閉経後の薄毛にはミノキシジル配合の発毛剤が有効です。

具体的な名前を上げるなら大正製薬の「リアップリジェンヌ」です。

世の中にはたくさんの”女性用育毛剤”が販売されていますが、薄毛が進行している状態から発毛まで持っていく効果はありません。

育毛剤はあくまでも頭皮環境を整えたりするだけしかできません。

”薄毛予防”は期待できるかもしれませんが、抜けてしまった髪の毛を復活させる効果は一切ないといっていいでしょう。

その点、ミノキシジルは発毛効果のエビデンスがしっかりとあります。

 

たとえば薄毛治療のために育毛クリニックに行ったとして、処方されるのはミノキシジル配合の外用薬です。

男性の場合は薄毛治療の内服薬もありますが、内服薬は女性には使用できません。

病院に行くのもいいですが、リアップリジェンヌであれば薬局やAmazonでも購入できるので手軽に薄毛対策できるでしょう。

光レーザー療法

光レーザー療法は低出力で安全なレーザーを頭皮に当てることで細胞を活性化させ、発毛を促すことができる薄毛治療方のひとつです。

日本ではまだ一般的ではありませんが、海外ではその薄毛治療効果が認められており、広く使われています。

光レーザー療法を行うには、専用の低出力レーザー育毛器を購入する必要があります。

高いもので10万円くらいする機種もありますが、10年使い続けることを考えたとしたらランニングコストは育毛剤よりはるかに安いでしょう。

 

オススメは「ヘアマックス」という低出力レーザー育毛器です。

ヘアマックスはアメリカのFDAでも承認を受けており、使用実験における発毛率はなんと93%です。

女性でも安全に使えるので、閉経後の薄毛対策に最適です。

画像参照:ヘアマックス公式サイト

 

☆ヘアマックスは下記の公式サイトで購入できます。

414 x 362 All

閉経後の薄毛対策まとめ

では、閉経後の薄毛についてポイントをまとめます。

  • 閉経後の女性の約半数は薄毛・脱毛を経験している。
  • 閉経後脱毛と肥満には強い相関関係がある。
  • 閉経後の薄毛にはミノキシジル配合の発毛剤とレーザー療法が有効。

ミノキシジル配合の発毛剤とレーザー療法は併用することで相乗効果を発揮します。

とはいえ、閉経後の脱毛は老化現象のひとつであり、ある程度は仕方のないことでもあります。

 

もしどうしても薄毛を改善したいということであれば、ウィッグや増毛という手もあります。

ミノキシジル配合の発毛剤も光レーザー療法も、毎日継続して続けないと効果を発揮しません。

ウィッグや増毛はそのような育毛法とは違い、”即効性があり100%確実に薄毛の見た目が改善する”という大きなメリットがあります。

最終手段として検討してみるのもいいかもしれませんね。

オーダーメイドウィッグ

☆スポンサーリンク

-女性の薄毛対策