ハゲに効く食べ物 育毛・薄毛と○○の関係

育毛・薄毛と砂糖の関係。甘いものの食べ過ぎが抜け毛の原因になる理由

投稿日:2015年3月30日 更新日:

チョコレートケーキ、ミルクレープ、いちご大福、プリンにフルーツパフェ…。

ああっ!!食べたいっ!!!

 

でも、甘いものの食べ過ぎは健康に悪いのはわかっています。

確かに砂糖の摂り過ぎは身体に悪いのでしょうが、では育毛にはどうなんでしょうか?

 

結論から言うと砂糖の摂りすぎは育毛に悪影響を及ぼします。

特に精製された砂糖。つまり一般的な白い砂糖のことですね。

 

では、砂糖が育毛に悪い理由を説明するとともに、薄毛予防のためにオススメのデザートも紹介します。

  • チョコレートケーキ
  • ミルクレープ
  • いちご大福
  • プリン
  • フルーツパフェ

どれがいちばんオススメだと思いますか?

スポンサーリンク

砂糖(糖質)の摂りすぎが抜け毛リスクを高める5つの理由

理由1:栄養素が失われる

砂糖を食べ、それを体内で代謝するには、大量のビタミンやミネラルが消費されてしまいます。

これがすごく問題なんですね。

 

砂糖をたくさん摂取すると不足するのは、体内のカルシウム・マグネシウム・亜鉛・銅などのミネラル分や、ビタミンB群など。

どれも健康な髪の毛を作り出すのに大切な栄養素です。

特にビタミンB群は糖質の代謝に必要不可欠な栄養素で、砂糖(糖質)を食べ過ぎると体内で大量に消費されてしまいます。

 

ビタミンB群は頭皮の新陳代謝を活性化したり、タンパク質が髪になるのを助けたりします。

それが不足したら育毛に良いはずありませんよね。

ビタミンB群は育毛にとっても大切な栄養素なんです。

もちろん、カルシウムやマグネシウムも大切。

これらの栄養素が失われると、髪の毛を新しく作り出す力も弱まるといっていいでしょう。

理由2:砂糖の摂りすぎで血液がドロドロになる

砂糖をたくさん使ったスイーツを食べ過ぎると、血液中に中性脂肪が増えていきます。

中性脂肪が増えれば増えるほど、血液はドロドロになり、全身の血流が悪くなります。

このようなドロドロ血液は、血管の”詰まり”の原因に!

心筋梗塞や脳卒中のリスクを上げてしまいますが、頭皮にある毛細血管も同じように悪影響を受けます。

毛根に栄養を送り届ける毛細血管は、動脈ほど太くないので、血液がドロドロになればすぐに血流が悪くなってしまうでしょう。

その結果、毛母細胞に十分な栄養が行き渡らなくなり、ヘアサイクルが乱れる。

そうして髪が少しずつ細く、コシがなくなっていき、抜け毛が増えていく…。

 

砂糖の摂りすぎは髪の毛も、命すらも危険にさらすことになるでしょう。

理由3:砂糖の摂り過ぎで頭皮が油っぽくなる

砂糖を摂り過ぎると、皮脂成分の分泌量が増えます。

何故かというと、砂糖の摂り過ぎで体内の代謝機能が低下、その影響で皮脂の分泌量がアップしてしまうのです。

頭皮が油ギッシュだと、油分が毛穴につまって育毛にも悪影響になります。

また、シャンプーしてもとりきれなかった皮脂が”酸化”して、頭皮の炎症の原因になることもあります。

 

砂糖をとり過ぎないこと、そして毎日シャンプーして、頭皮を清潔に保つのがポイントです。

理由4:砂糖の摂り過ぎで身体が酸性になる

人間の身体は弱アルカリ性の状態がベスト。

だけれど砂糖は強酸性食品

砂糖の摂り過ぎは身体を酸性にしてしまいます。

 

酸性になるといろんな体機能が不調をきたし、生活習慣病の原因になるのです。

もちろん、育毛にとっても悪影響を及ぼすのは言うまでもありません。

理由5:体内の活性酸素が増える

テレビの健康番組で「活性酸素は危険」なんて言葉を聞いたことがあるかもしれません。

活性酸素は細胞の老化をはやめる物質で、体内で増えすぎると動脈硬化やがんのリスクは高まりますし、肌のシミやシワの原因にもなります。

もちろん、毛根にも悪影響を与えますし、薄毛や抜け毛が増える一因にもなります。

 

食べ物の中でも精製された白い砂糖(ショ糖)は、活性酸素を増やしやすいといわれています。

食べ過ぎると血糖値が上がり、すぐに満腹感を感じる。そのため、栄養のバランスが悪くなるもの原因のひとつかもしれません。

体内の活性酸素を減らす食べ物は、フルーツや野菜などの天然の食べ物。

 

ビタミンやミネラル、ポリフェノールがたくさん含まれているので、種類にこだわらずにたくさん食べるのがオススメです。

ちなみにコーヒーやココア、緑茶なんかもポリフェノールがたくさん含まれています。

ストレスを感じると甘いものを食べたくなる理由

薄毛予防はもちろん、健康のためにも、甘いモノの食べ過ぎは禁物。

ですが、仕事や学校でストレスをためていたり、嫌なことがあった日は、特に甘いモノが食べたくなっちゃいます。

 

その理由は””にあるようです。

 

ストレスを感じると脳波通常よりも12%も多くエネルギーを必要とします。

脳の直接的なエネルギーとなるのは、砂糖や炭水化物を分解して作られるブドウ糖(グルコース)という単糖類。

ストレスを感じて脳の機能が低下しても、不足したエネルギーを補えば、脳の機能は回復します。

だからこそストレスを感じたときは、脳そのものが甘いモノを求めちゃうんですね。

 

でも、だからといって脳の欲望のままに甘いモノを食べていたら、肥満の原因になるし、薄毛・抜け毛もリスクも上がります。

どうせ食べるなら、「健康的な甘いモノ」を食べたいもの。

甘い食べものの中でも、オススメのおやつは何なのでしょうか?

育毛にオススメの甘いものは?

どうやら生成された真っ白い砂糖は、育毛と薄毛予防を考えるならあまり取らない方が良さそうです。

つまり砂糖をたっぷり使ったスナック菓子やケーキ類は、あんまり食べ過ぎない方がイイみたい。

 

どうしても甘いものが欲しいということであれば、せめて精製されていない黒砂糖、或いはフルーツの糖分である果糖を摂取したいものですね。

特にフルーツであれば、ビタミンやポリフェノールも摂取できるのでオススメです。

 

また、以外にもお菓子の中でもチョコレートは、とてもオススメできる食べ物のひとつ。

チョコレートはカカオパウダーから出来ており、カカオには強力な抗酸化作用を持ったポリフェノール「カカオポリフェノール」が含まれているのです。

デザートでケーキやビスケット、アイスクリームなんかを選ばずに、チョコレートを食べるだけでも随分と違ってくるでしょう。

 

あと、意外なところではプリンもオススメです。

プリンはほとんど卵と牛乳と砂糖だけを使ったお菓子。

卵と牛乳は良質のたんぱく質を含んでいるので、スナック菓子やケーキよりは髪の毛にとってよいといえますね。

もちろん、食べ過ぎは禁物ですが。

 

脳が疲れて甘いものが欲しくなったら、糖質だけでなく、たんぱく質や脂質、ビタミン・ミネラルを摂取することも大切。

できることなら、穀物、肉類、野菜を中心にして、甘いものは出来るだけ控えた方がいいですね。

砂糖と薄毛の関係まとめ

では、最初の質問に戻りましょう。

  • チョコレートケーキ
  • ミルクレープ
  • いちご大福
  • プリン
  • フルーツパフェ

どれが”おやつ”としてオススメか?

いちばんはプリン!

プリンは砂糖と牛乳と卵が主な材料で、以外にも健康的なおやつです。

 

次はいちご大福。

いちごはビタミンC豊富な果物ですし、あんこは小豆から作られていてポリフェノールが豊富だったりします。

 

次は微妙ですが、フルーツパフェかチョコレートケーキでしょう。

フルーツはビタミン豊富ですが、クリームがたっぷりなので食べすぎ注意。

チョコレートも健康的なおやつのひとつですが、チョコレートケーキとなるとちょっと甘すぎる気がしますね。

 

最下位はミルクレープ。

大好きですけど、その他のデザートと比べると栄養価がありません。

まさに美味しさに特化したおやつといえるでしょう。

1位:プリン

2位:いちご大福

3位:フルーツパフェ

3位:チョコレートケーキ

5位:ミルクレープ

こんなふうにして考えていけば、健康的なおやつを選ぶヒントになると思います。

 

甘いものの摂り過ぎは薄毛はもちろん、虫歯やうつ病など、いろんな病気の原因になったりします。

活性酸素を増やし、老化のスピードを早めるリスクすらあります。

それにカロリーの取り過ぎで太ってしまうと、生活習慣病の原因にもなります。

 

育毛のためにも、健康のためにも、甘味はほどほどに楽しみたいですね。

どうしても甘いものを食べたいときにオススメの食べ物はこちら

  • 果物
  • チョコレート
  • 精製されていない黒砂糖を使ったお菓子
  • プリン
スポンサーリンク
☆スポンサーリンク

-ハゲに効く食べ物, 育毛・薄毛と○○の関係

Copyright© 育毛100!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.