ハゲの雑学

自分で自分の毛を抜いちゃう「抜毛症」は病院で何科に行けばいいのだろうか?

更新日:

ハゲに悩む人たちには信じられないかもしれないけれど、「自分で自分の髪の毛を抜いてしまう」という癖を持つ人たちがいます。

止めようと思ってもやめられない。

抜毛症の原因や対策にはどういったものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

抜毛症の原因と対策

なくて七癖と言われるように、人には無意識にやってしまう動作「癖」が必ずあるものです。

癖は緊張状態の時にある一定のパターンを持った動作をすることで「緊張を和らげる」効果があるといわれています。

  • 緊張すると爪を噛む。
  • 異性と話すときに髪を触る。
  • 偉い人と話すとき貧乏ゆすりをしてしまう。

これらの無意識の動作は、緊張を和らげようと無意識が行っているのかもしれません。

では「髪を抜いてしまう癖」である抜毛症は、こういった「癖」の延長線上にあるものなのでしょうか?

抜毛症は癖なのか?病気なのか?

抜毛症はただの癖ではありません。れっきとした病気です。リストカットをただの癖で済ませられないのと一緒です。

人口の0.5~2%ほどが抜毛症といわれ、誰でもなってしまう可能性があります。

 

抜毛症は特に女性に多く、成人よりも思春期以下の世代で発症することが多いものです。

これは癖と言うよりも、一種の自傷行為に近いと思われます。自分を傷つけることで安心感を得るような。

髪の毛を抜くのは勿論、まゆ毛・まつ毛などの体毛を抜いてしまう場合もあります。

 

抜毛症になってしまう原因は人それぞれです。まれに脳内物質のバランスが崩れて発症する場合もあるようですが、ストレスが原因の事が多いようです。

家庭内のストレス、学校や職場の人間関係、そんなもののストレスを無意識に解消するために毛を抜いてしまう。だとしたら抜毛症を治すためには、まずそのストレスの原因を解決する必要があるでしょう。

しかしストレス原因の解決なんていっても、実際はそう簡単に行かないと思います。

ストレスの原因を解決することや、自分自身でストレスをためないようにすることも大事ですが、どうしても治らない場合や長引いてしまう場合は病院を受信することも大事です。

では抜毛症になってしまったら、何科を受診すればいいのでしょう?

抜毛症は何科に受診すればいいのか?

ハゲや円形脱毛症で医療機関の受診をする場合は皮膚科になります。

だけれど、抜毛症の治療は精神科の受診になります。

これは抜毛症の原因が、頭皮のコンディションなどのフィジカルなものではなく、精神的なものだからです。

その人それぞれの対処方法がありますが、カウンセリングで症状が改善する場合もあります。

その他にも、認知行動療法や投薬による治療もおこなわれています。

 

抜毛症で抜けた髪の毛は、毛根まで無くなっているわけではないので、必ずまた生えてきます。

 

もし抜毛症になってしまったら、焦らずにカウンセリングを受けたり、ストレスをためないような生活を送りましょう。

「毛が抜けている状態」それ自体がストレスになる場合もあるので、カツラやウィッグも有効です。

 

抜毛症は必ず治ります。治療せずとも自然に治ることも多いです。

致命的なツルッパゲよりも、抜毛症の治療の方が簡単なのではないでしょうか。

毛が速く伸びるシャンプー

世の中には髪の毛が伸びるスピードを早くする効果があるシャンプーがあるります。

もし抜毛症で髪の毛を抜いちゃって、早く髪が伸びて欲しいって時には有効かもしれませんね。

髪を早くのばしたいあなたへ!アストロング・オーガニックシャンプー

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-ハゲの雑学

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.