日常生活のハゲ対策

42度の熱いお風呂と40度の適度なお風呂、どっちが薄毛予防に効果的なお風呂の入り方??

投稿日:

毎日入るお風呂は、全身を温めて血流を良くし、疲れを癒してくれる効果があります。

もちろん、頭皮の血行も促進さるので、湯船につかるのは薄毛予防にも効果的です。シャワーですますのではなく、しっかりとお風呂に入るのは育毛の基本と言っていいでしょう。

頭皮の血行促進効果があるお風呂ですが、少し工夫するだけでよりその効果がアップします・

 

①42度の熱めのお湯に3分間入浴する。

②40度の温めのお湯に10分間入浴する。

どちらが、薄毛予防に効果的なのでしょうか?

スポンサーリンク

薄毛予防効果のあるお風呂の入り方とは?

42度の熱いお風呂と、40度の温めのお風呂、どちらが良いかというと…

答えは②の「40度の温めのお湯に10分間入浴する」です。

 

40度の温めのお湯にじっくり入ると、副交感神経が優位になり、リラックス効果が得られます。

緊張していると交感神経が優位になり、その影響で血管が収縮してしまいます。血管が収縮した状態が長時間続くと、毛細血管へのダメージになり、毛細血管の量も減ってしまうでしょう。

日中に勉強や仕事、人間関係に追われてストレスが溜まっていたり、ずっと緊張していたとしたら、その影響で頭皮の血行が滞っている可能性があります。

そんなストレスが原因の血行不良を改善するのに、温めのお風呂は最適です。

特に疲れた日、緊張が続いた日は、意識して40度のお湯に10分程度入りましょう。

そうすれば、全身がリラックスできて、全身の毛細血管が拡張します。薄毛予防効果も期待できるでしょう。

 

では、42度の熱めのお湯に入るのは、薄毛の原因になるのでしょうか?

42度のお湯に入るとハゲる?

42度以上のお湯に入ると、熱いお湯に全身が刺激されます。そうすると、交感神経が優位になり、全身の血管が収縮して血圧が上昇してしまうでしょう。血管の収縮は薄毛の原因にもなりえます。

ですが、42度のお風呂に入るのが絶対にダメ!ということではありません。

入り方次第では、熱いお湯もまた、薄毛予防効果を発揮するからです。

カギを握るのは「ヒートショックプロテイン」というたんぱく質です。

ヒートショックプロテインは、身体に刺激やストレスを感じたときに発生するたんぱく質で、抗ストレス作用があります。

免疫機能を高めたり、新陳代謝を上昇させ、皮膚の傷をいやしたり、美肌効果なんかもあります。これらの効果から、頭皮環境を正常化させる効果も期待できます。

ヒートショックプロテインを増加させる、安全で手軽な方法が、熱いお風呂に入るという方法です。

ヒートショックプロテインを増やすには、体温を39度まで上昇させなければならないといわれています。

42度のお風呂に入る場合は、10分間我慢して入る必要があります。

そうすれば体温が39度まで上昇し、薄毛予防効果が期待できるヒートショックプロテインが増えるでしょう。

結局のところオススメのお風呂の入り方は?

温いお湯にもリラックス効果があり、熱いお湯にもヒートショックプロテインの増加効果があります。

結局のところ、どっちがいいのでしょうか?

 

オススメは3~4日連続で40度の温めのお湯に入って、1日42度の熱めのお湯に入ることです。

 

毎日熱いお風呂に入っていると、身体が慣れてしまい、ヒートショックプロテインもだんだん増えなくなってしまいます。それに、熱いお風呂は血管収縮作用があるので、身体にも負担になってしまいます。

3日くらい40度程度のお風呂でリラックスし、1日だけ熱いお湯で身体に刺激を与える。この繰り返しが、もっとも薄毛予防効果が期待できるお風呂の入り方だと思います。

 

基本的には40度程度のお湯の方が、健康に良いと考えて間違いないでしょう。たま~に熱めのお湯に入るのもいいよ、くらいに考えておけばよいでしょうね。

☆オススメ記事

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-日常生活のハゲ対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.