ハゲに効く食べ物

育毛のためにヒハツを食べてゴースト血管を無くそう!!

投稿日:2016年11月9日 更新日:

2016年11月7日に放送された医療バラエティ番組「主治医が見つかる診療所」は毛細血管を改善して10歳若返る!シミ&冷え&薄毛防止というテーマでした。

タイトルに”薄毛予防”とありますね。

まず最初に結論から申し上げると、番組内で紹介された薄毛予防効果のある食品は「ヒハツ」という香辛料です。

ヒハツと聞くと耳慣れないかもしれませんが、この香辛料は近所のスーパーでも置いてあるかもしれません。

 

今回は番組で紹介された毛細血管を若々しく保つコツや、ヒハツの効果と摂取方法をお伝えします。

スポンサーリンク

毛細血管と薄毛の関係

髪の毛と毛細血管には密接な関係があります。

「育毛には血行促進が大切」というのはわかるでしょうが、その血行促進の対象は太い動脈ではなく、皮膚のすぐ下にある毛細血管です。

髪の毛を作り出す毛根に栄養を送り届けるのは、頭皮に張り巡らされた毛細血管だからです。

 

もし頭皮の毛細血管が劣化したり、量が少なくなったとしたら…それは毛根に栄養が届かないことを意味し、薄毛の原因になりえるでしょう。

 

以前、毛細血管が育毛に大切であるという記事を書いたことがありますし、「主治医が見つかる診療所」でも毛細血管の劣化が薄毛を引き起こすと紹介されていました。

番組では劣化して血行が悪くなった毛細血管を、血流が少なくて薄く見えるので”ゴースト血管”と呼んでいました。

頭皮にゴースト血管が増えたとしたら。それが薄毛を引き起こす可能性はかなり高いでしょう。

毛細血管を増やし、ゴースト血管を減らす3つの習慣

番組の内容でいちばんビックリしたのが、毛細血管は消えてなくなってしまうってこと。

頭皮が血行不良になると、毛細血管の血流も滞ってしまう。

これはわかります。

ですが、その状態が長く続くと、少しずつ毛細血管の機能は低下していき、細くなって消えてしまうのです。

 

たとえば肌でゴースト血管が増えて、毛細血管の量が減ってしまうと、シミやシワの原因になります。

血流が悪くなるので、くすんだ”老けた肌質”になってしまうでしょう。

ですが、毛細血管の状態を活性化すれば、プリプリでみずみずしい肌質になることができます。

 

同じことが頭皮にも言えます。

もし、頭皮の毛細血管の量が減ってしまったら…

当然、消えてしまった頭皮には健康な髪の毛が育つことはないでしょう。

 

育毛と薄毛予防のためにも、頭皮の毛細血管は健康に保ちたいもの。

ではどうすればいいか?

大切な毛細血管を健康に保ち、ゴースト血管を減らすには、常に全身の血行を活発化することが大切です。

毛細血管は細すぎて、それ自身に血流を促進する力はありません。

対して太い血管はまわりに筋肉がついていて、脈動することで血流を増加させることができます。

毛細血管は太い血管から流れてくる血圧で、細い先まで血液を送り届けているのです。

つまり、太い血管の血流を良くすれば、細い毛細血管の先まで血液が行き届くということ。

 

大きな川から分岐した小さな支流は、雨が降らずに大本の川の水位が下がると真っ先に枯渇してしまいます。

毛細血管もそれと似ていますね。

 

使われない筋肉は衰えていきますが、同じように使われていない毛細血管はなくなりゴースト血管になり、最終的には消え去ってしまうのです。

主治医が見つかる診療所「毛細血管を改善して10歳若返る!シミ&冷え&薄毛防止」では、ゴースト血管を減らすための3つの改善方法が紹介されていました。

毛細血管を健康に保つ3つの習慣

①運動不足の解消

②肥満の改善

③食べ過ぎないようする

こういった生活習慣を改善することで、身体の血流が良くなりゴースト血管の発生を予防することができると紹介されていました。

特に運動は大事です。

オススメは下半身を動かす運動

下半身は重力に反して全身に血流を送り届ける大きなパワーを持っています。

ウォーキングやランニングを行えば、全身の血流が良くなりいつまでも毛細血管の健康を保てるでしょう。

ゴースト血管を減らす食べ物はヒハツ!

また、番組では身体の血流を活発化してゴースト血管を減らす食物として「ヒハツ」を紹介していました。

hihatsu

見た目が芋虫のようですが、これを粉状にして香辛料として使用します。

ヒハツは紀元前のギリシアやインドでも薬として使われてきた、長い歴史を持つ香辛料(漢方)のひとつ。

コショウ科の植物の一種で、スーパーの根診療売り場では「ロングペッパー」として販売されてもいます。

ロングペッパーなら知ってる人も多いかも知れませんね。

また、沖縄では島胡椒とも呼ばれ、ゴーヤチャンプルーによく合う香辛料として多用されています。

 

このヒハツを摂取すると、身体の血流が改善し、ポカポカとしてきてきます。

血流が改善して、毛細血管が健康に保たれるのです。

さらにヒハツには冷え性改善効果があるので、女性向けのサプリメントにも多く配合されています。

 

番組では10日間ヒハツを摂取してもらい、その後の毛細血管を検証しました。

実験に協力してくれた方の毛細血管の画像を確認すると、ヒハツ摂取前に比べて確かにゴースト血管が減り、健康になっていることが確かめられました。

ヒハツは毛細血管を健康に保つことにより、冷え性改善、肌のシミ・シワの予防、疲れやすい身体の改善、そして薄毛予防効果があるのです。

 

全身に張り巡らされた血管のなかでも、動脈などの太い血管はごくわずか。

実は全体の90%は毛細血管が占めているといわれています。

毛細血管にゴースト血管が多いと、内臓や脳、手足の末端部、皮膚、髪の毛などが栄養・酸素不足になり、様々なトラブルの原因になるのです。

ヒハツのオススメな食べ方

ヒハツはスパイスなので一度にたくさん食べてしまうと、胃腸に負担をかけてしまいます。

適切な量は人それぞれですが、おおむね1日1グラム程度の摂取にしておいた方がいいそう。

2グラム以上食べるのはオススメしません。

 

摂取の仕方は簡単で、ヒハツは胡椒のかわりに使うことができます。

ラーメンに入れるでもいいし、サラダにかけるでもいいし、ステーキに振りかけるのも、カレーに混ぜるのもいいです。

胡椒と同じように使えるので、とても便利なのではないでしょうか。

 

ヒハツはスーパーの香辛料売り場で「ロングペッパー」として販売しています。

是非ともひとつ買ってきて、いろんなものにかけて楽しんでみてください!!

追記:ヒハツ配合の育毛サプリメント

以前は育毛といえば育毛剤を使うイメージがありましたが、最近では髪の毛を育てる栄養素が厳選して配合されている育毛サプリメントが人気を集めています。

ヒハツのように、摂取することで確かな血流改善効果のある栄養素がたくさん配合されていて、その相互作用で薄毛を予防してくれるのです。

「じゃあ、ヒハツ配合の育毛サプリメントを使えばいいじゃないか!」

と思うかもしれませんが、血流が悪くなると次第に細くなって消えてしまう”ゴースト血管”や、ゴースト血管の予防に有効な”ヒハツ”が話題になったのは最近の事。

ヒハツが配合された育毛サプリメントはなかなか発売されませんでした。

 

そんな中でやっと登場したヒハツ配合の育毛サプリメントが「iqumore(イクモア)サプリメント」です。

画像:イクモアサプリメント公式サイトより参照

イクモアサプリメントには髪に良いとされる大豆イソフラボンや亜鉛にシナモンがたっぷりと配合されています。

 

しかも価格がリーズナブルなのもオススメなポイント。

イクモアサプリメントの定期購入コースには90日と30日が選択できます。

その価格がこちら。

価格 1日あたりの費用
90日定期コース初回 5,980円 66円
90日定期購入コース2回目以降 12,549円 139円
30日定期コース初回 3,980円 132円
30日定期コース2回目以降 5,976円 199円

1日に缶ジュース1本程度の費用で、髪に良い栄養素をまとめて摂取できます。

さらに安心して使ってもらうために、イクモアサプリの定期購入は特に購入期間の縛りはありません。いつでも購入を中止することが可能です。

極端な話、定期コースを申し込んで2回目の購入を中止することもできちゃう。

それだけ商品の内容に自信があるんですね。

  • ヒハツを毎日1グラム食べるのが面倒
  • ヒハツの味や風味が苦手
  • いろんな髪に良い栄養素をまとめて摂取したい
  • 食生活が乱れがちで栄養バランスが悪い

そんな方に、イクモアサプリメントは最適です。

 

頭皮の血流を良くしてゴースト血管の生成を予防し、髪を太くしっかりと育てるヒハツ。

そんなヒハツが配合されたイクモアサプリメントを使えば、たとえバランスの悪い食生活だったとしても、健康な髪や頭皮を栄養面からサポートできるでしょう。

≫育毛サプリメント「イクモアサプリメント」のお申し込みはこちら

☆オススメ記事
☆スポンサーリンク

-ハゲに効く食べ物

Copyright© 育毛100!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.