ハゲに効く食べ物 育毛・薄毛と○○の関係

育毛・脱毛とお酒の関係!育毛に効くお酒の効果と注意点。

更新日:

お酒は育毛に効果があるのでしょうか?

答えはYES!!

「適量」の飲酒は善玉コレステロール値を上げ、動脈硬化を防ぐ。また冷え性が改善されたり、ストレス緩和の効果もあります。

これが育毛に効果があるんです。

髪の毛を育てる飲酒のポイントを紹介します。

スポンサーリンク

育毛と日本酒

日本酒には有効なアミノ酸がたくさん含まれており、育毛効果もある「アデノシン」なんて物質も多く含まれてます。

発酵の過程で生成されるα-グルコシルグリセロールという成分が知覚神経を刺激して、育毛に効果のあるIGF-I(インスリン様成長因子-I)という物質が増えることがわかりました。

また日本酒を熱燗にすれば、さらに胃腸の知覚神経を刺激しやすくなるので、より育毛効果を期待できるでしょう。

さrに日本酒に含まれるコウジ酸やフェルラ酸には抗酸化作用があり、髪を若々しく保ち、育毛にも効果アリ!

適量はトックリ一杯、一合くらいです。

育毛とビール

ホップにはゲラ二オールというバラの香りの成分でもある物質が含まれています。

このゲラニオールやビールの炭酸、5%程度のアルコールが、胃腸の知覚神経を刺激してIGF-Iが増える事がわかりました。

また「ビール酵母」もまた、育毛に効果のある栄養素です。

これらの相乗効果でビールは育毛効果を発揮するようです。
適量は大瓶1本程度、約500mlくらいです。

育毛とワイン

ワインとえばポリフェノール。ブドウに含まれるポリフェノールには動脈硬化を防ぐと共に、強力な抗酸化作用があります。

効果があるのは白より赤ワイン。

赤ワインに含まれるポリフェノールである、クェルセチン、レスベラトロール、カテキンが強い抗酸化作用を持っていて体に良い効果があります。

その中でも、「レスベラトロール」が胃腸の知覚神経を刺激して、育毛効果のあるIGF-Iを増やすとの事。

マウスを使った実験でも、赤ワインによってIGF-1が増加することが認められました。

適量はグラス2杯240mlくらいです。

もし赤ワインか白ワインか選ぶ機会があったとしたら、即答で赤ワインを選びましょう。

飲酒と育毛への悪影響

お酒が飲めない体質というものがあります。これは生まれつきのもので、体内にあるアセドアルデヒドを分解する酵素の量に関係があります。

お酒を飲み続ければ強くなる、なんてのは嘘で、生まれつきの体内の酵素の量は変わらないのです。

実は黒人や白人には下戸はいない。黄色人種だけ、このアセドアルデヒドを分解できない体質の人がいます。一説には日本人の半分は体質的にお酒に弱いとの事。

こういった体質的にお酒が飲めない人には逆効果。アセドアルデヒドが分解されず、血液を通して体中にいきわたる。そうすると、このアセドアルデヒドが男性型脱毛(AGA)の原因物質ジヒドロテストステロンを増やしてしまうのです。

これでは育毛には悪影響がありますね。

 

また、お酒が強い、大好き!という人も飲みすぎには注意。

過度な飲酒で肝臓の機能が低下すると、髪への栄養補給が行き届かなくなり、抜け毛の原因になります。髪の毛にとって大事なアミノ酸が、アルコールの分解のために使用されてしまうのです。

そしてお酒に含まれる多量の糖分、これを分解するためにビタミンB2が使われます。ビタミンB2は育毛にとってもとても大切な栄養素。不足すると薄毛の原因になります。

寝酒(ナイトキャップ)なんて言葉もあるように、寝る前の飲酒はよく眠れる気がしますが、実は睡眠後も肝臓はアルコールの分解に大忙し。これが睡眠の質を下げます。もちろん育毛には悪影響となるでしょう。

 

あくまでも、適量。

酒は百薬の長といわれますが、適量を守れば体も健康に、育毛にも効果があるということですね。

関連記事:焼酎が育毛に効果的!飲む以外にも活用できる3つの方法とは?

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-ハゲに効く食べ物, 育毛・薄毛と○○の関係

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.