育毛剤の知識

いまさら聞けない正しい育毛トニックの使い方!育毛剤と育毛トニックの違いはなんなのか?

更新日:

育毛トニックは比較的安いし、使いやすいので、多くの方が薄毛予防のために利用しています。

そんな普段何気なく使っている育毛トニックですが、正しい使用法を知らない人も多いのではないでしょうか?

朝に使った方がいい?それとも寝る前?

風呂上がりは?ドライヤーで髪を乾かした後がいいの?

育毛剤との違いって??

てゆーか、育毛トニックを使うとハゲるって噂を聞いたことがあるんだけど!?

そんな育毛トニックに関するさまざまな疑問への回答と共に、育毛トニックの知識や効果的な使い方を紹介します。

スポンサーリンク

育毛トニックの正しい使い方7ステップ

まずは、育毛トニックを使用する正しい手順を紹介します。

育毛トニックをオススメな利用方法

お風呂で正しく洗髪します。洗髪のやり方についてはこちらの記事を参考にしてください

②髪を洗ってお風呂を出た後はタオルでよ~く拭きます。

③タオルドライしたあとは、育毛トニックを頭皮に噴射!!育毛トニックの缶はシャカシャカと振らずに、頭皮から10センチ以上離して使いましょう。

④噴射した箇所を、すぐに軽い力で頭皮全体をマッサージ。指の腹でよくもみこみましょう。

⑤頭皮の気になる部分を何度かに分けて、噴射→マッサージと繰り返します。

⑥最後の仕上げに、両手を使って全体を揉み込むようにマッサージしましょう。

⑦頭皮を乾燥させすぎないようにドライヤーで髪を乾かします。

以上が育毛トニックの正しい使い方になります。

 

ポイントは育毛トニックを使うタイミング。髪をドライヤーで乾かした後ではなく、風呂上がりのタオルドライ後に付ける。

その後にマッサージ。これで頭皮の血行が促され、有効成分が頭皮に浸透!育毛トニックの効果がアップするわけですね。

 

また、朝の起き抜けに頭皮に育毛トニックを使うことで、寝癖をおとなしくさせるのと同時に、スッキリした使用感で目覚まし効果育毛効果を同時に得ることもできます。

もし整髪料を使うのであれば、育毛トニックを付けて軽く頭皮マッサージをした後にしましょう。

夜はしっかりと効果が期待できる育毛剤、朝は頭皮がスッキリする育毛トニック、なんて使い分けるのもいいですね。

育毛トニックを付けた後はドライヤーで乾かした方がいいのか?

育毛トニックを付けた後は自然乾燥がいいのでしょうか?

それとも、ドライヤーでしっかりと乾かす?

もしドライヤーで乾燥させたら、育毛トニックの成分も乾燥して効果が無くなっちゃうことはあるのでしょうか?

 

…これは、普通にドライヤーで乾燥させた方がいいです。

髪は濡れている状態だと傷みやすいですし、頭皮が湿ったままだと雑菌が繁殖する原因にもなります。洗髪して育毛トニックを塗布した後は、自然乾燥ではなくドライヤーを使ってしっかりと乾かしましょう。

ただし、毛根までカラッカラに乾かすと、逆効果になってしまいます。乾燥した頭皮は皮脂の分泌が増えたり、頭皮環境が悪化する場合があります。完全に乾かすのではなく、少しくらい自然乾燥の余地があるほどの湿り気を残すと良いでしょう。

育毛トニックと育毛剤の違いとは?

育毛トニックと育毛剤はどちらも「医薬部外品」であり、頭皮環境を整えるという効果についても同じ。

基本的に、それほど大きな違いはありません。

育毛トニックの特徴としては、「スッキリとした爽快感」に着目した成分が配合されていることが多いです。

スプレータイプで使いやすく、価格も1,000円~2,000円程度と、毎日使ってもそれほど負担にはなりません。

 

対して育毛剤は、育毛トニックよりも遥かに多く”頭皮環境にアプローチする成分”を含んでいます。

たくさんの天然成分や植物エキスが含まれていることもあり、その分だけ高額になります。多くの育毛剤が、1か月分で5,000円~12,000円くらいの価格帯で販売されていますね。

 

また、育毛剤とは違って育毛トニックそのものには育毛効果がない場合が多いです。

その効果として表記されているのは「抜け毛を防ぐ」「フケ・かゆみを防ぐ」といったもので、育毛効果があるということは明記されていません。

育毛というよりも、頭皮環境を正常に整える、といった効果に着目しています。

ただし、頭皮環境を整えるとはいっても、とんでもない爽快感、クールな使い心地は、人によっては刺激が強すぎる場合があります。

皮膚が弱い女性や敏感肌の男性は、使う際に気を付けましょう。

育毛トニックを使うとハゲる!その噂の真相は?

育毛トニックを使うとハゲる、こんな噂はもう10年以上前から囁かれていました。

私自身も「育毛トニックを使うとハゲるのかな~」なんて、根拠もなく思っていたことがあります。

ですが、育毛についての知識を深めていけばいくほど、「育毛トニックを使うとハゲる」という噂は何の根拠もないデタラメだということがわかってきました。

 

育毛トニックを使ったからといって、抜け毛が増えることはありません。

 

では、なぜこのような噂が囁かれてきたのでしょうか?

その理由として、恐らく2つの要因が考えられます。

ひとつめは、頭皮への強い刺激です。

育毛トニックは商品によっては、かなり刺激の強いメントールなどの成分が使われています。

メントール自体には頭皮を引き締めるのと同時に、血管拡張作用で血行を促進する効果があります。むしろ頭皮にとってはいい成分といっていいでしょう。

ですが、頭皮に傷がついていたり、日焼けしていたり、敏感肌だったりすると、育毛トニックの刺激が強い痛みに感じられることがあります。

特に育毛トニックはシャンプーを使って頭皮を洗浄した直後に使われることが多いため、ゴシゴシと洗った後の頭皮が傷ついている可能性があります。そこに育毛トニックを噴射すると、すご~く染みてヒリヒリと痛みを感じることがあるんですね。

この使用感が、「育毛トニックは頭皮に悪い!ハゲる!!」という勘違いを生んだ可能性があります。

頭皮に傷があるときは使うのを控えたり、日頃から優しくシャンプーするのを心がければ、育毛トニックの刺激も気にならなくなると思います。

 

そしてもうひとつの理由は、実際にハゲてきたから、というミモフタモナイ事実でしょう。

恐らく育毛トニックや育毛剤を使い始めるきっかけは、「あれ、ハゲてきたかも…」と不安になったタイミングだと思います。

先ほども紹介しましたが、育毛トニックには頭皮環境を整える作用があるものの、直接的に発毛を促す成分は含まれていません。

そういった発毛にダイレクトに効く医薬品は、育毛クリニックを受診して手に入れる必要があります。

あくまでも育毛トニックは薄毛予防を目的として使うべきであれ、”ハゲて来てから”ではなく”ハゲる前の身だしなみ”として使うべきなのです。

薄毛がある程度進行してから慌てて育毛トニックを使い始めても、抜け毛の数を減らすことはできないかもしれません。

その場合は、育毛剤を使ったり、育毛クリニックに行ったりして、本格的な薄毛対策を講じる必要があるでしょう

関連記事:AGA(男性型脱毛症)の薄毛を本気で対策するなら、なぜ育毛クリニックに行かなければならないのか?

 

育毛クリニックの圧倒的な清涼感、そして薄毛が進行してから育毛トニックを使い始めるという”タイミングのズレ”が、「育毛トニックを使うとハゲる」という噂の真相ではないでしょうか。

育毛トニックの成分をみると、頭皮の血行を促進する成分や頭皮の炎症を抑える成分など、頭皮に良い影響を与えこそすれ、薄毛を引き起こす恐れのある成分は一切含まれていません。

育毛トニックはハゲる、そんな噂は信じないで、自信をもって使い続けましょう。

育毛トニックまとめ

育毛トニックは育毛効果があるというよりも、頭皮環境を整える効果があります。

とはいえ、育毛にまったくの無駄ということではありません。

安価で毎日使いやすいですし、頭皮マッサージと併用することで健康な髪の毛が生える土壌を作ってくれます。

育毛トニックを正しい使い方で使用すれば、しっかりと抜け毛を予防することもできるでしょう。

 

育毛トニックはハッキリと薄毛が進行している人よりも、将来薄毛が心配という人にオススメですね。

とはいえ、育毛トニックは安いからといってまったく育毛に意味がないということはありません。たとえばサクセス薬用育毛トニックに含まれる「t-フラバノン」は、臨床試験でもしっかりと薄毛改善効果が認められています。安かろう悪かろうではないのです。

忙しい朝でも頭皮にシュッとひと吹きで育毛できますし、育毛トニックは個人的にかなりオススメな育毛グッズだと思いますね。

おすすめ記事

☆オススメ記事
☆スポンサーリンク

-育毛剤の知識

Copyright© 育毛100!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.