育毛の最新研究

虫歯になりやすいとハゲや薄毛の危険性も高い!?驚きの研究結果を紹介。

更新日:

薄毛の人は虫歯にもなりやすいかもしれません。

…なんだから理不尽な話です。

最新の研究によると、虫歯と抜け毛のまったく関係なさそうなふたつに相関関係があることが判明したとのこと。

はたしてどんな理由で、虫歯と薄毛に関係があるのでしょうか?

今回はその研究結果を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

虫歯と抜け毛の意外な関係とは?

アメリカ国立衛生研究所のマリア・モラッソ博士は、子供386人と大人706人の口腔内と遺伝子を検査することで、ケラチン75(KRT75E337K、KRT75A161T、KRT75)に発現した髪のトラブルに関連する多型は、歯にも悪影響を与えることを発見した。

つまり、髪のケラチン遺伝子に突然変異がある人は、虫歯になりやすいということだ。

参照元:「また毛の話をしよう。髪の毛と歯の意外な関係が判明(米研究)」カラパイア

髪の毛を構成する重要なたんぱく質のひとつに「ケラチン」があります。

そのケラチンは歯のエナメル質を作るのにも重要な役割を担っています。

エナメル質って歯の一番外側の層で一番固い部分。このエナメル質が弱いと虫歯になりやすいんですね。

髪の毛を作るのにも、歯のエナメル質を作るのにも大切なケラチンですが、ケラチン遺伝子に異常がある人もいるそうです。

そんな人は歯のエナメル質が弱く、虫歯になりやすい。

それと同時に、髪の毛を作るケラチンにも問題がある為、薄毛になりやすいとの事。

 

薄毛と歯のもろさには、体質的な関係があると。

歯を磨いてしっかりと虫歯を予防しても、薄毛の予防につながるわけじゃなさそうですね。

遺伝的に虫歯になりやすい人の薄毛対策

遺伝子的な素養によって薄毛になりやすかったり、虫歯になりやすくなったりするとしたら対策の立てようがありません!

しかし、遺伝子的には対策を取れませんが、ケラチンの元になるたんぱく質をたくさん摂取するという形での対策はとれるのではないでしょうか。

以前の記事で「髪の毛の99%を構成しているのはケラチンという物質で、このケラチンは18種類のアミノ酸で構成されている」と書いたことがあります。

ケラチンの元となるたんぱく質をたくさん含んだ髪の毛専用のプロテインである「AGAプロテイン」を摂取すれば、虫歯になりやすい人の薄毛予防になる…かもしれませんね。

ちなみに、歯の治療で銀歯を詰めている人もいるかもしれません。

この銀歯、金属アレルギーを引き起こすことで薄毛や脱毛の原因にもなり得ます。

もし金属アレルギーをもっていて、金属製のアクセサリーを身に着けられないとしたら、銀歯も使わない方がいいでしょう。

自費でちょっと高額になりますが、銀歯とは違う素材の詰め物をした方がいいですね。

虫歯と薄毛の関係まとめ

ケラチン遺伝子に異常がある場合、髪の毛のもととなるケラチンを正常に作成できません。

その結果、抜け毛や薄毛のリスクが高まります。

同様にケラチン遺伝子に異常がある場合、歯のエナメル質も弱くなります。

そうなると虫歯のリスクが高まります。

 

抜け毛を予防するにはバランスの良い食事を心がけ、しっかりとたんぱく質を摂取すること。(ケラチンはたんぱく質の一種です)

余裕があるのなら育毛剤などを使って頭皮ケアを心がけるのがいいでしょう。

もちろん、毎日歯を磨くのも忘れずに!

そうすれば、たとえケラチン遺伝子に異常があったとしても、薄毛を予防できるのではないでしょうか。

☆オススメ記事
☆スポンサーリンク

-育毛の最新研究

Copyright© 育毛100!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.