育毛・発毛クリニック情報

必見!悪質なAGAクリニックを見分ける方法とトラブルにあった場合の対処法

更新日:

最近ではCMでも薄毛治療のクリニックをちょくちょく見かけるようになってきて、「ハゲは病院で治す!」という意識が広がってきたようです。

確かにクリニックでの薄毛治療は、自己流で育毛を頑張るよりも確実に効果を上げるでしょう。

ですが中には、金儲けだけを考えているような悪質なクリニックも存在します。

薄毛治療が医療サービスであると解釈する場合、クーリングオフや中途解約などの規定が適用されない場合があります。

悪質なクリニックはそこを利用して、無料カウンセリングで人を集めて、何とか強引に契約をさせようとしてきます。

さらに治療費が高額なので途中でキャンセルを申し出ると法外なキャンセル料を請求される場合もあるようです。

悪質な育毛クリニックはごく一部であり、ほとんどのクリニックは真っ当な商売をしているでしょうが…。

そこで、悪質なクリニックを見分ける方法と、万が一悪質な業者に高額請求された場合の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

悪質な育毛クリニックの8つの特徴

①とにかく勧誘がしつこい!

最初に申し上げたように、医療行為にクーリングオフは適用されません。

育毛サービスについては業界団体の日本毛髪業協議会が自主基準を定めています。この自主基準にはクーリング・オフや中途解約などのルールが盛り込まれているのですが、アデランスやアートネイチャーなどの大手企業は名を連ねているものの、医療行為を行う育毛クリニックは団体に所属していません。

つまり契約してしまえば解約は難しいということ。

だからこそ、悪質な育毛クリニックは来店した顧客に対して強引にでも契約させようと勧誘してきます。

普通の育毛クリニックであれば、確かにいろんな案内をしたり相談に乗ってくれますが、断れば意外とすんなり帰してくれるものです。

執拗な勧誘は、それ自体が怪しいクリニックである証拠なのです。

②必要以上に不安感を煽ってくる

「この頭皮画像を見てください。毛穴に皮脂が詰まってますし、頭皮がちょっと炎症を起こしていますね…。今のうちからケアしておかないと将来絶対にハゲますよ!!!

と、悪質な育毛クリニックは必要以上に恐怖心や不安感を煽ってきます。

そのようなモラルのない勧誘のやり方をするクリニックは悪質といっていいでしょう。

③「絶対に生えてきますから安心してください」と勧誘してくる

薄毛治療に”絶対”はありません。効果の高い内服薬でも、当然のことながら効く人もいれば、効かない人もいます。

体質に合わずに副作用がでてしまうこともあるでしょう。それに、途中で薄毛治療を止めれば再び脱毛は始まってしまいます。

薄毛治療の良いところばかりを誇張して勧誘し、デメリットをきちんと伝えないクリニックは止めた方がいいでしょう。

④説明があやふやだったり、質問にも答えてくれない。

悪質な育毛クリニックは、質問に対してちゃんと答えてくれません。

普通だったら患者を安心させるためにも、料金や治療内容について丁寧に説明するべき。それなのにそこらへんをあやふやにして、質問すら無視するなんてこともあるのです。このようなクリニックはやめておいた方がいいでしょう。

⑤ホームページの治療費より高額の治療を勧めてくる

ホームページなどには安い治療費を記載しているのに、実際には何十万円もする治療コースを勧めてくるのも危険。

「ほとんどの方がこののコースを選んで効果を上げています」

なんてビフォア・アフターの写真を見せてくる。本来であれば、1か月の薄毛治療費なんて高くても1~2万円程度で収まるもの。それ以上の料金を請求されたとしたら、ちょっと危険かもしれません。

⑥すぐに割引をする

治療費に難色をしてした場合、すぐに「今日だけは何割引です!」なんて軽々しく値段を下げてくるところも危険。

本来であれば治療の費用をそんなに簡単に割引することはできません。治療行為にクーリングオフが適用されないので、何としても今日中に契約しなければ逃げられてしまう、そんな動機が見え隠れします。

「今日だけ」という文言には特に注意しましょう。

⑦クリニック独自の薄毛治療を執拗に勧めてくる

結局のところ、薄毛改善効果にしっかりとしたエビデンス(科学的根拠)のある薬は限られています。

具体的にはフィナステリドやミノキシジルを使った薬ですね。これらの内服薬や外用薬は世界中で使用されていて、効果も認められています。

ですが、1か月分の薬代は5,000円もしません。これじゃあ、育毛クリニックは儲かりませんよね。

そこで悪質な育毛クリニックは独自の育毛サービスを作り上げ、顧客に無理やり治療を受けさせようとします。

断ったら引き下がるのならいいのですが、独自の高額な薄毛治療をしつこく勧誘してくるクリニックには注意しましょう。

⑧そもそも医師が対応しない

悪質な育毛クリニックは人件費を安く済ますため、医師の数が少ない場合が多いです。

患者の対応をするのは、何の資格も持っていない自称カウンセラーのスタッフ。しかもバイトか契約社員です。

ちゃんとした医師が決めず、そんなカウンセラーが治療方法を決めてしまい、医師はその確認をするだけ。これも悪質な育毛クリニックの特徴のひとつです。

悪質な育毛クリニックに引っかからないための注意点

悪質な育毛クリニックの被害を避けるには、なんといっても、とことんまで説明を聞いて、自分で納得した上で、薄毛治療を行うのが大切です。

納得するまで説明してくれないのなら、そのクリニックはやめておいた方がいいでしょう。

また、自分がひと月に使える薄毛治療の予算を設定しておくのも大切です。

その金額を伝えたうえで、親身になって相談に乗ってくれるのなら、信頼のおけるクリニックといっていいでしょう。

特に無料カウンセリングに行った当日に契約まで迫られた場合は慎重に。

一度判断を保留して、家に帰ってから冷静に判断するのも大切です。

 

何度も言いますが、育毛クリニックはいったん契約すると返金が難しい場合が多いです。

もし万が一、何十万円もする育毛コースを無理やり契約させられてしまったらどうすればいいのでしょうか?

悪質な育毛クリニックでトラブルにあったら?

もし金銭的なトラブルや、薄毛治療に関する副作用などのトラブルに見舞われた場合、早急に住んでいる地域の消費生活センターに相談することが大切です。

消費生活センターは、地方公共団体が設置している行政機関であり、事業者(悪徳育毛クリニック)に対する苦情相談を無料で行っています。

もし何らかの副作用が現れて、それに対する補償を求めたい場合は、早めに他の医療機関を受診して診察を受ける。それと同時に弁護士への相談もしておくのが大切です。

 

一応言っておきますが、ほとんど育毛クリニックは真っ当に薄毛治療を行っています。

契約した後でも違約金なしに途中解約できる育毛クリニックもたくさんありますし、すべてがすべて悪いというわけではありません。

ですが、一部に悪徳な業者がいるのも確か。そんなクリニックには絶対に引っかからないように注意しましょう!!

☆オススメ記事

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛・発毛クリニック情報

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.