ハゲに効く食べ物

納豆で発毛!ナットウキナーゼの発毛効果と、納豆のオススメの食べ方とは?

更新日:

nattou

納豆は育毛にとても効果的な食べ物のひとつです。

その理由のひとつは大豆イソフラボン。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをして、発毛効果や髪の毛を美しく保つ効果があります。

しかし、納豆のもつ育毛効果は大豆イソフラボン以外にもあります。それが納豆のネバネバ成分であるナットウキナーゼ。

また、納豆といえば朝食というイメージがありますが、納豆の発毛パワーを引き出すには朝食に食べるのはオススメしません。

ナットウキナーゼの育毛効果と、納豆の育毛効果をもっとも高めるオススメの食べ方を紹介します。

スポンサーリンク

ナットウキナーゼの育毛効果

納豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをします。女性が男性に比べて薄毛が少ないのは、女性ホルモンが多いから。つまり、大豆イソフラボンを食べることは、女性ホルモンを食べることと同様の育毛効果が期待できます。これは女性ホルモンの分泌が減ってくる、中年以降の女性にとっても効果的でしょう。

ですが、それ以外にも納豆には育毛にとって良い成分がたくさん含まれています。

それが納豆のネバネバに含まれるナットウキナーゼという成分。

ナットウキナーゼは強い血圧降下作用と、血流改善作用があります。

これらの作用により、頭皮の血流が良くなり、結果として育毛効果があるということですね。

育毛剤に含まれるミノキシジルは、元々は血圧降下の薬でした。その副作用で発毛効果が認められたため、育毛剤に使用されているのですが、ナットウキナーゼも同様に血圧降下作用があります。この点からみても、育毛効果が期待できるのではないでしょうか?

育毛効果を高める納豆の食べ方

納豆の食べ方といえば、人それぞれ好みがわかれるところ。

からしを入れたり、ネギを入れたり、卵を入れたり、たくさんの食べ方があると思います。

では、育毛効果を高めるには、どのようにアレンジした納豆を食べればいいでしょうか?

ポイントはカプサイシンです。

納豆に含まれる大豆イソフラボンは、それ単体でも育毛効果が高いですが、カプサイシンを同時に摂取することで、さらに育毛効果を高めることが出来ます。

イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取するとIGF-1という物質が増える為です。IGF-1は毛乳頭に働きかけ、発毛を促す物質です。詳しくはこちらの記事で→育毛に最適!IGF-1とはどういった物質なのか!?IGF-1育毛理論を紹介。

 

オススメはカプサイシンの入ったキムチと一緒に食べる「キムチ納豆」です。

或いは納豆に入れる辛子の代わりに一味唐辛子をいれる「一味唐辛子納豆」でも良いでしょう。

納豆によって辛味が軽減されて食べやすく、しかも育毛効果も高くなります。

朝食に納豆を食べるのはダメ!?

髪の毛が1日でもっとも盛んに作られるのは、就寝後の深夜です。睡眠中に最もたくさんの成長ホルモンが分泌されるからです。成長ホルモンは身体中の細胞を修復する作用がありますが、同様に身体を作る作用もあります。もちろん、成長ホルモンが分泌されれば、髪の毛を作るチカラもアップします。

そのため、納豆は夕食や寝る前に食べるのが一番効果的です。

ナットウキナーゼの効果と、成長ホルモンとの相乗効果で、より高い発毛効果が期待できるでしょう。

納豆で育毛まとめ

納豆を食べるときはカプサイシンを同時に摂取するのがオススメ。キムチ納豆や、一味唐辛子納豆で食べよう!

食べるのは朝食ではなく夕食。寝る前に食べた方が育毛効果がアップします

納豆は3パックで100円くらいです。習慣的に摂取すれば育毛効果もより高くなるでしょう!

☆オススメ記事

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-ハゲに効く食べ物
-

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.