日常生活のハゲ対策 育毛・薄毛と○○の関係

育毛・薄毛と筋肉の関係。筋トレしてムキムキの肉体を手に入れることは育毛に良いのか?

更新日:

育毛にとって筋肉を付けるというのは良い効果があるのでしょうか?

それとも逆に脱毛を促進する?

一般的には、筋肉の付けすぎは育毛には逆効果になると言われています。

その理由や、効果的な対策を考えてみましょう。

スポンサーリンク

筋肉を付けるとハゲる?

男性ホルモンには筋肉をつけやすくするという効果があります。

女性でも男性ホルモンは分泌されていますが、男性に比べてはるかに少ない分泌量のため、女性の方が筋肉がつけづらいのです。

 

男性ホルモンと筋肉は密接な関係にあり、筋肉には男性ホルモンの量を増やすという効果もあります。

そのため、男性・女性にかかわらず、筋肉を付けると男性ホルモンの分泌が増えます。

 

男性ホルモンが原因でハゲる可能性があるのはAGA(男性型脱毛症)の場合です。

それはなぜか?

AGAには男性ホルモンが深くかかわってくるからです。

筋肉を付けると、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量がアップ!それにより、脱毛が促進される可能性があるのです。

テストステロンは毛根の中に存在する5αリダクターゼという酵素と合わさって、ジヒドロテストステロンという脱毛促進物質を作り上げるからです。

筋肉をつけるとハゲると言われる理由は、男性ホルモンの分泌量がアップして、結果的にジヒドロテストステロンが増えるからという事ですね。

因みにこの話は男性に限ったことではなく、女性もAGAタイプの薄毛になる可能性はあります。FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれるものです。

 

ここまでの話を聞くと、筋肉を付けすぎるとなんとなくハゲてきそう…と思われるかもしれませんが、実際のところはその影響はほとんどないと考えていいでしょう。

筋トレで発生したテストステロンは筋肉を回復させたり、強くさせたりといった用途に使われることが多いですし、やる気や活力の元になったりとたくさんのメリットがあります。

また、男性ホルモンがどんなに多くても、頭皮にある5αリダクターゼがそんなに強く活動していなければ、まったく問題はありません。男性ホルモンが過剰で体毛が濃い人でも必ずハゲるわけではありませんし、ボディビルダーのような筋肉ムキムキの方でも必ずハゲるわけではありません。

 

もちろん、AGA(男性型脱毛症)が原因でない場合はまったく気にする必要はないし、もしAGA型のハゲだったとしてもそんなに筋肉を付けることに神経質になる必要はないでしょう。

それよりも問題なのが、まったく筋肉のないぽよぽよの身体です。

筋肉よりメタボ体型の方が危険

筋肉のまったくないだらしない身体。メタボリックなお腹。そんな不健康な体型が育毛に良いはずはありません。

そういったメタボ体型は全身の血流も悪くなるし、頭皮の皮脂の分泌が過剰になったりして育毛には悪いです。

それに比べたら筋肉がついている方がはるかに良いでしょう。

筋肉には全身の血流を良くしたり、基礎代謝を上げるといった育毛に良い効果もあります。

まったく筋肉のない身体より、適度に鍛えられた肉体の方が健康的ですし、総合的に見ても育毛には良い影響を与えるでしょう。

筋肉ムキムキのボディービルダーを見ても、とくにハゲが多いという印象は受けませんしね。

育毛・脱毛と筋肉の関係

育毛に筋トレは効果的なのか?

その答えは「筋トレで髪が生えるわけじゃないけど、筋肉を付ければ健康的な生活を送れて髪にも良いよね」という事になりそうです。

ボディービルダーのような肉体を手に入れる必要はないですし、そこまで行ったら逆にテストステロンが過剰になってしまうかもしれません。

少なくとも、筋肉はテストステロンが増えるから髪に悪いよ~なんて全く運動しない方が問題なのではないでしょうか。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-日常生活のハゲ対策, 育毛・薄毛と○○の関係

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.