育毛対策

M字ハゲは10代でも注意!?生え際後退の原因とその適切な対策方法について。

投稿日:

だんだんと剃りこみ部分が薄くなって、次第におでこ全体が広がっていく、生え際から後退するいわゆるM字ハゲ。

若いからといって絶対ハゲないとうわけではく、高校生からだってだんだん薄くなっていく可能性もあります。この生え際から後退するハゲの原因と対処法について紹介します。

生え際後退の原因と対策

一言に薄毛やハゲといっても、さまざまな原因やタイプが存在します。

その原因も脂漏性皮膚炎、男性ホルモン、ストレス、加齢などなど、色々と考えられます。生え際からハゲる、頭頂部からハゲる、全体的に薄くなるなどなど、ハゲるパターンも何種類もあります。

 

ではおでこからハゲる原因とはなんでしょうか?

それはジヒドロテストロンという脱毛を促進する男性ホルモンに原因があります。

頭皮には場所によってジヒドロテストロンが発生しやすい場所と、発生しにくい場所があります。たとえば耳の周りの側頭部や後頭部はジヒドロテストロンが発生しにくい場所になります。どれだけ薄毛が進行しても、側頭部や後頭部の髪の毛がぜんぜんハゲていないのは、その部分にジヒドロテストロンが発生しずらからなんですね。

逆に頭皮の中でジヒドロテストロンが発生しやすい場所は、前頭部頭頂部になります。薄毛といえばおでこから、或いは頭頂部から薄くなっていくのは、ジヒドロテストロンが発生しやすい場所だから、というのが一因でしょう。

 

薄毛の原因で主に上げられるのは「ストレス」「睡眠不足」「栄養バランスの崩れ」などが挙げられますが、おでこから薄毛になっていくタイプのハゲに最も有効なのはジヒドロテストロンの発生を食い止めるということです。

 

生え際の後退を防ぐための対策

生え際の交代を防ぐには、前頭部に発生しやすいジヒドロテストロンの発生を抑えることが最も有効になります。

ではどの様にジヒドロテストロンの発生を抑えるかというと、その方法は限られていきます。

スポンサーリンク

 

最も効果的なのは育毛クリニックの受診をするという事です。育毛対策は早くやればやるほど、その効果も高くなるので、若いうちから対策を打てれば発毛の確率は格段に上がるでしょう。

★AGA(男性型脱毛症)の薄毛を本気で対策するなら、なぜ育毛クリニックに行かなければならないのか?

 

もうひとつは育毛剤を使うという選択肢。

この育毛剤も、きちんとジヒドロテストロンの発生を抑える成分が含まれるものを使用しなければ効果はありません。

発毛効果があると言われているリアップには、ジヒドロテストロンの生成を阻害するミノキシジルという成分が含まれています。これを使えば前頭部の後退を抑えられるかもしれません。

また、ミノキシジルの3倍もの発毛効果があるキャピシルという成分が配合された育毛剤もあります。

THE SCALP5.0という育毛剤で、2015年モンドセレクション金賞を受賞した信頼のおける育毛剤です。
ザスカルプ

M字ハゲであれば、育毛剤を塗布する場所もわかりやすく、限られているので、育毛剤をひとつ買えばけっこう長く持つのではないでしょうか。

 

もちろん毎日夜更ししていたり、ジャンクフードばっかりだったり、喫煙をしていたりしたら、それも薄毛の原因になりえるので、これらの対策を講じるのと同時に生活習慣の改善にも取り組みましょう。

生え際後退は自分で気づきやすく、他の薄毛と違って早めの対応をすることが出来ます。薄毛対策は早ければ早いほど、その効果もアップし、発毛する確率も高くなります。ちょっと後退してきたかも…?そんな不安があれば、念のため育毛剤を生え際だけにでも塗布することが重要なのではないでしょうか。

☆オススメ記事☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-育毛対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.