女性の薄毛対策

育毛効果も!髪の長い女性のための正しいドライヤーの使い方

投稿日:

お風呂に入った後に髪の毛を塗れたままにしておくと、髪の毛がボロボロになるばかりか、薄毛や抜け毛の原因になります。

短髪なら自然乾燥でも問題ないかもしれませんが、髪の長い女性は特に注意が必要です。

お風呂から上がった後に髪が濡れたまま、ついついテレビを観しまった…なんて髪の毛にとっては最悪。

髪が濡れたままの状態だと、なぜ傷つきやすく危険なのか?

その理由と共に、髪の毛を美しく保つための正しい髪の毛の乾かし方を紹介します。

スポンサーリンク

髪の毛の構造と正しい乾かし方

髪の毛は”ケラチン”というたんぱく質の一種からできているのですが、その表面は”クチクラ”という硬い保護膜で覆われています。

いわゆる”キューティクル”というやつですね。

これは石灰化ケラチンでとっても硬く、この保護膜が髪の毛を守っています。

一方、髪の毛の内部を構成するケラチンはやわらかく、髪の毛に柔軟性と弾力を与えています。

髪の毛は、柔らかい内部のケラチンと、硬い表面のクチクラで構成されているんですね。

髪は濡れた瞬間から痛み始めている!!

髪の毛が濡れると、水分が髪の表面の硬いクチクラを通過して、髪内部の柔らかいケラチンに吸収されます。

そうなると、髪の内部が膨張して、硬いクチクラを押し上げます。

髪が濡れた状態が長く続くと、内部が膨張したことでクチクラにひびが入りやすくなる、つまり髪がダメージを受けやすい状態になってしまうのです。

一度傷ついた髪の毛は、トリートメントでケアしたとしても、100%完璧に戻ることはないでしょう。

 

入浴後の髪の毛は絶対に自然乾燥させてはいけませんし、美しい髪の毛を保つにはできるだけ早く乾かす必要があります。

では、髪の毛をケアするための正しいドライヤーの方法を紹介します。

髪を美しくするドライヤーの方法

お風呂から上がったら、まずは髪の毛をしっかりとタオルドライします。

先述の通り、濡れた髪の毛はクチクラの保護力が弱まった状態であり、とっても傷付きやすくなっています。

ゴシゴシとタオルを髪に押し付けると、弱くなった髪の毛が傷ついてしまいます。

やさしく押し当てるようにして、タオルで水分を吸収させましょう。

 

また、ロングヘアの場合は幅の広いクシ(コーム)を使うのが有効です。

水気を切れるので、タオルドライの時間が短縮できます。目が細いクシやブラシは、髪の毛を傷つける可能性があるので使わないようにしましょう。

しっかりとタオルドライしたら、次はドライヤーを使って髪を乾かします。

まずは低温の温風を使って乾かします。高温の温風を当てると髪が過熱しすぎてしまいます。

一か所を加熱しすぎないように、頭皮との距離を保ちながら乾かします。

ポイントは髪の毛を乾かすというよりも、頭皮を乾かすというイメージでドライヤーを使うことです。

 

すこし濡れた状態まで乾かして「後は自然乾燥でいいや~」なんてのはNGです。

生乾きの状態は髪が傷つきやすいばかりか、雑菌が繁殖しやすく、抜け毛や嫌なニオイの原因になります。

しっかりと乾かすことで、美しい髪の毛がキープできます。

水分がほとんどなくなったらい、仕上げとして冷風で全体をブローします。そうすれば、クチクラがキュッと締まり、髪が美しい状態に保たれます。

まとめ

髪が濡れた状態はダメージを受けやすく、頭皮に雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。

正しく髪を乾かせば、枝毛、抜け毛、薄毛の予防になるでしょう。

ドライヤーのかけすぎは、髪や頭皮にダメージを与えるかも…!!なんて心配はせずに、しっかりと髪を乾かすのが大切ですね。

関連記事:頭皮ケアできる高機能スカルプドライヤーランキング

☆オススメ記事

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-女性の薄毛対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.