オススメの育毛グッズ

頭皮と育毛のためのブラシの選び方3つのポイント

更新日:

burashi

普段どのようなブラシを使って髪をとかしているでしょうか?

もし間違った素材のブラシを使っていたり、間違ったブラッシングをしていたとしたら、頭皮を傷つけたり薄毛の原因になる場合があります。

逆に正しい素材のブラシで正しくブラッシングすれば、頭皮の血行促進になり、育毛にも効果的です。

育毛のためのブラシの選び方を紹介します。

スポンサーリンク

頭皮と育毛に効果的なブラシの3つの特徴

安いブラシはプラスチック製であることが多いです。プラスチック製のブラシは頭皮にとってあまりよくありません。

材質が硬いので、強い力でブラッシングすると、頭皮を傷つけてしまいます。

また、プラスチックは静電気が発生しやすい為、髪を痛める原因になります。

頭皮に優しいブラシのポイントは3つです。

①柔らかい木の素材

頭皮と育毛に効果的なブラシの素材は「木」です。木は柔らかく、静電気もあまり発生しません。

力を入れてブラッシングしても、頭皮を傷つけることはないでしょう。

猪毛や豚毛のブラシもありますが、やはり木製のブラシがオススメです!

②先端が丸みを帯びている

プラスチック製のブラシは先端が尖っている場合があります。このブラシが頭皮に当たると、頭皮を傷つけて薄毛を引き起こす可能性があります。

ブラシの先端は丸みを帯びたものを使う。そうすれば、マッサージ効果も高まるでしょう。

③クッション性がある

歯磨きの時なんかもそうですが、髪をとかしている時も、意識していないと思いのほか力が入っている場合があります。

そんな時でもブラシに弾力があれば、頭皮を傷つける事もなくなるでしょう。

適度な弾力でマッサージ効果も上昇するはずです。

育毛のためのブラッシングのポイント

濡れた髪にブラッシングはNG

お風呂から上がった後に、ブラッシングしながらドライヤーをかけていませんか?

濡れた髪をブラッシングするのはNGです。髪の毛が痛む原因になってしまいます。

ドライヤーで乾かすときは、手を使いましょう。きちんと乾かした後に、ゆっくり丁寧にブラッシングすることで髪がまとまり、頭皮のマッサージ効果も上がります。

ブラッシングで髪を艶やかに

頭皮には皮脂が分泌されています。皮脂が毛穴に詰まると髪の成長を妨げる可能性があるので、育毛に洗髪は大事といわれています。

ですが、皮脂自体は悪者ではありません。頭皮を紫外線から守ったり、髪の毛をコーティングする効果があります。(頭皮の洗いすぎは皮脂がなくなり育毛に逆効果です)

丁寧にブラッシングすると、頭皮の皮脂が髪の毛に行き渡り、髪の毛をコーティングしてくれます。自然のコンディショナーですね。同時に頭皮の皮脂が髪の毛に移動するので、余分な皮脂を除去する効果もあります。

 

丁寧なブラッシングは頭皮の血行を促進すると共に、余分な皮脂を除去する効果があるのです。育毛にとってとても大事なことがわかるでしょう。

だからこそ、使うブラシは頭皮に優しいものを使いたいですね。

ウッドブラシは使っていてとても気持ちの良いものです。ぜひとも使ってみてください。

関連記事:育毛・薄毛とヘアブラシの関係。固いの使ってませんか?育毛に最適なブラシの特徴。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-オススメの育毛グッズ

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.