ハゲの雑学

薄毛リスクがわかる?利き手の指の長さで男性ホルモンのテストステロンが多いか診断する方法。

更新日:

男性ホルモンのテストステロンは、薄毛と密接な関係があります。

男性に薄毛が多く、女性に薄毛が少ないのも、男性ホルモンの分泌量が関係しています。

そんな男性ホルモンの生まれつきの分泌量が、手の指の長さを見るだけで簡単にわかるようなのです。

自分の指の長さで男性ホルモンが多いのか少ないのかを簡単に判断する方法を紹介します。

スポンサーリンク

利き手の指の長さでテストステロンの量を判断する方法

まずは自分の利き手の指の長さを見てみてください。

きっと、人差し指と中指の長さが違うと思います。

この利き手の人差し指と中指の長さを比べることで、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が多いか少ないかを簡易的に判断できるようなのです。

 

薬指の方が長い人→テストステロンの量が多く、男性的な性格。

人差し指が長い人→テストステロンの量が少なく、女性的な性格。

これは男女ともに当てはまるようです。

 

このテストはイギリスの心理学者であるジョン・マニング氏のチームで研究された結果です。彼の研究によると、母親の体内にいるときにたくさんのテストステロンを浴びることで、中指の方が長くなるみたいです。

本当かどうかはわかりませんが、海外ではこの指の長さ判断が大人気みたいですね。

 

テストステロンの量は多かったでしょうか?それとも少なかったでしょうか?

一般的に男性ホルモンが多いと薄毛になりやすい、そんな風に言われています。もしテストステロンの量が多かったら、ひょっとしたら薄毛になりやすい?

そんな風に心配になった方もいると思います。

それはある意味で正しくもあり、間違ってもいます。

テストステロンと薄毛の関係

毛深い人はハゲやすい。こんな噂も「男性ホルモン=薄毛になりやすい」といった知識から来ています。

男性ホルモンが薄毛の原因になるのは正しいです。

女性が薄毛にりにくく、男性の方が薄毛が多いのがその証拠ですね。

でも、男性ホルモンのテストステロン自体には、薄毛を引き起こす効果はありません。なぜテストステロンが薄毛を引き起こすのでしょうか?

 

それはテストステロンが頭皮で薄毛を引き起こす物質に変化するからです。

テストステロンは頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンに変化します。

ジヒドロテストステロンは健康な育毛サイクルを阻害して、次第に髪の毛を細くしてしまい、抜け毛の原因になります。

「テストステロン+5αリダクターゼ=脱毛の原因であるテストステロン」という事ですね。

頭皮に存在する5αリダクターゼの量は、遺伝によって決定します。5αリダクターゼの量が多ければ、男性ホルモンが多い人でも少ない人でも薄毛になる可能性が高くなります。

 

実はテストステロンには、髪の毛を太く強くする効果もあると言われています。

一方で、去勢をして男性ホルモンの生成をストップさせると、薄毛の進行毛ストップするような実験結果も存在します。

テストステロンは薄毛の原因のひとつだけれども、その量が多いからといって必ず薄毛になるわけではありません。

薄毛になるわけではありませんが…テストステロンの量が多いよりは少ない方が、薄毛リスクは低下するでしょう。

 

とはいえ、例え中指の方が人差し指より長かったからといって、そんなに気にする必要もないでしょう。

指の長さによる男性ホルモン量の診断も、それほど科学的根拠がしっかりとしたものではないようです。きっと、血液型性格診断と同じ様なものだと思います。

あまり気にせずに、適切な運動とバランスのとれた食事を続けるのが大事。男性ホルモンの分泌が少なくなってホルモンバランスが崩れてしまうと、意欲が低下したり、男性の更年期障害が発生したりと、それはそれで沢山の弊害が起こる可能性があるのですから。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-ハゲの雑学

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.