ハゲに効く食べ物

胡麻(ごま)が育毛にオススメな3つのポイントと効果的な食べ方

投稿日:2014年11月27日 更新日:

ゴマで育毛

海藻や大豆などなど、「育毛に良い食べ物」といわれるものはたくさんあります。

その中でも胡麻には、抜群の育毛効果があると言われています。

その理由は、胡麻に含まれる圧倒的に豊富な栄養素。

胡麻にはたくさんのミネラル・ビタミンが含まれていて、とても栄養価が高い食品なのです。

胡麻の驚くべき育毛効果と、育毛効果を最大限にするオススメの食べ方を紹介します。

スポンサーリンク

胡麻の育毛効果とは?

まずは、胡麻に含まれる栄養素を簡単に紹介します。

胡麻に含まれる栄養素

  • カルシウム
  • 亜鉛
  • マグネシウム
  • リン
  • セレン
  • ビタミンA、B1、B2、B6、E
  • 葉酸
  • リノール酸
  • オレイン酸
  • 食物繊維
  • たんぱく質
  • ゴマリグナン

胡麻には髪の毛の生成に欠かせない、亜鉛やビタミンE、ビタミンB群が豊富に含まれています。

  • 胡麻に含まれるセサミン(ゴマリグナン)は老化の原因といわれる活性酸素を除去する効果がある。
  • 豊富に含まれるオレイン酸とリノール酸が善玉コレステロールを増やし、血行促進の効果がある。
  • リグナンは女性ホルモンと似た構造を持つ「フィトエストロゲン」であり、女性の脱け毛を予防する。
  • ビタミンEも活性酸素で細胞が傷つくのを防いだり、血管を健康に保ち、血流を良くすることで血液さらさら、頭皮の血行も促進される
  • ゴマに含まれる亜鉛は育毛にとって最も大切な栄養素のひとつである。

これらのゴマがもつ育毛効果から考えるに、「加齢による薄毛」や「女性の薄毛」「頭皮の血行不良が原因の薄毛」などを改善できるかもしれませんね。

もちろん、劇的な改善が期待できるわけではありませんが。

 

とにかく胡麻は漢方として使用されているくらい、健康にいい食品です。

ビタミン・ミネラルだけでなく、タンパク質やポリフェノールも含まれていて、胡麻だけで本当に多種多様な栄養素が摂取できます。

胡麻は”胡麻和え”などの料理としても使えますが、ご飯やサラダに振りかけるだけでも、そのままの風味を楽しむことが出来ます。

 

育毛のために。

健康維持のために。

胡麻は簡単に摂取することが出来るので、是非とも積極的に食べてみましょう。

ゴマを食べると白髪も改善する?

胡麻といえば、薄毛用と共に、白髪を改善するという噂もあります。

それを立証するようなリーブ21の研究結果が発表されたので紹介したいと思います。

白髪と黒髪の違いはメラニン量の差であることが分かっています。加齢などの要因でこのメラニン量が減り白髪が生じます。加えて毛髪中のミネラル量が白髪と黒髪で異なることも知られています。そこでリーブ21では特定のミネラルが毛髪のメラニンや白髪化に関係するのではないかと考え、食事などから体内に取り込まれたミネラルが血液を介して毛髪へ蓄積する傾向を利用した「毛髪ミネラル分析」を用いて白髪と黒髪のミネラル量を評価しました。

(中略)

今回は40代~60代の男性の毛髪に焦点を絞り、加えて加齢が原因とは考えにくい白髪との比較も行いました。白髪という頭髪の老化現象に対してアンチエイジング効果を持つミネラルの存在が示唆されたと考えております。

参照元:黒髪に有用なミネラル!?髪の色を決めるメラニン量と特定ミネラルが関連(PR TIMES)

リーブ21の研究によると、白髪の発生にはカルシウムやマグネシウムなどの6種類のミネラル不足も関係している可能性があるとのこと。

 

先ほど紹介したように、ゴマはとてもミネラル分が豊富な食材。

毎日ゴマを食べれば白髪を改善できる。

そんな噂も、根拠のない話ではないのかもしれませんね。

育毛効果を最大限に!胡麻を食べるときの3つのポイント

ゴマの食べ方

 

➀すりごまを食べよう

普通の胡麻をそのまま食べると、表皮が硬い為に上手く消化することが出来ません。

ですが、すりごまにすることで栄養の摂取量が格段にアップします。

胡麻のひと粒ひと粒を上手く歯ですりつぶす事が出来ればいいのですが、中々むずしいですよね。

なので、栄養を効率よく消化吸収できる”すりごま”を買って食べてた方がオススメです。

②1日大さじ1杯分くらいで十分

胡麻は油分も多いので、摂りすぎはやめましょう。

1日に大さじ1~2杯(10~20g)くらいで十分に健康効果が得られるでしょう。

③胡麻の中でも黒胡麻を食べる

ゴマには白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマなどの種類があります。

どれを選んでも栄養価に大きな差はありませんが、育毛的には黒ゴマがオススメ。

黒胡麻には表皮に特に多くリグナンとタンニンが含まれているので、他のゴマに比べて少しだけ栄養価が優れています。

もちろん白胡麻や金胡麻も髪の毛によい栄養素はたくさん含まれていますが。

 

黒い表皮にはポリフェノール成分が含まれているので、健康効果が高いです。ワインでも白ワインより赤ワインの方がたくさんポリフェノールが含まれていますが、これも同様の理由です。ポリフェノールは植物の濃い色にたくさん含まれているんですね。

 

胡麻を日常的に食べ続ければ、薄毛を防ぎ若さを保つことができるでしょう。

ゴマのオススメの食べ方

では次に、私が実践しているゴマの美味しい食べ方を紹介します。

用意するのはこちら。

  • すりごま
  • きな粉
  • 牛乳
  • ハチミツ

この4つを自分の好みで混ぜるだけ。

牛乳にどっさりとすりごまときな粉を入れて、ちょっとだけハチミツで味を調えて飲む!!

牛乳で良質のたんぱく質が得られるし、きな粉は大豆製品なので髪の毛によい大豆イソフラボンが豊富。ごまの育毛効果は今回紹介した通り。

それにちょっとだけハチミツを加えれば、めっちゃ美味しい!

 

まさに最高の育毛ドリンク?ではないでしょうか。

ちょっと小腹が空いたときも、けっこうお腹に溜まるのでオススメです。(ただし、飲み過ぎると太るので注意です)

髪の毛の為にバランスの良い食事を!

「ワカメを食べると髪が生える」

「胡麻が髪に良い」

などなど、髪の毛に良いと言われる食物はたくさんあります。

 

ですが、一番大事なのはバランスの良い食事を心がける事です。

 

例えば今回紹介した胡麻ですが、亜鉛やビタミンE、ビタミンB群がたくさん含まれていて、とても髪に良い食材であることは確かです。

でも、髪の毛の99%はケラチンというタンパク質で出来ています。食事で良質のタンパク質を取らなければ、いくら胡麻をたくさん食べたからって意味がないんです。(胡麻にも良質のタンパク質が含まれていますが)

 

基本的にこれさえ食べれば髪が生えてくる、なんていう食材は存在しません。

 

胡麻は頭皮を健康に保ち、血流も良くするので、髪の毛が生えやすい環境を整えます。ですが、大事なのはバランスの良い食事です。

胡麻はなんにでも振りかけて食べることが出来ます。

胡麻が身体に良いといっても、ゴマ塩だと塩分も摂取してしまうのでオススメできません。食卓に黒胡麻だけを用意しておいて、それをいろんな食材に振りかけて食べるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
☆スポンサーリンク

-ハゲに効く食べ物

Copyright© 育毛100!! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.