育毛対策

ミノキシジルの3倍の効果!キャピキシルの成分や育毛効果とは?

更新日:

いまキャピキシルという新しい育毛効果のある成分が注目されています。その育毛効果、なんとミノキシジルの3倍!!

はたして本当でしょうか?キャピキシルの育毛効果や副作用について調べてみました。

スポンサーリンク

キャピキシルの育毛効果とは?

キャピキシルとはカナダにある化粧品会社ルーカスマイヤーコスメティック社が開発した育毛成分で、「アセチルテトラペプチド-3」「ビオカニンA」というふたつの成分を合わせることで開発されました。

と言われても、何のこっちゃわからないですよね。もう少し詳しく説明します。

まずアセチルテトラペプチド-3ですが、「ペプチド」ってのは数種類のアミノ酸が合体してできたものを指します。このアセチルテトラペプチド-3は4種類のアミノ酸から出来ていて、もう法に直接作用して発毛と育毛効果を発揮します。

次にビオカニンAですが、こちらはアカツメクサ花にふくまれるイソフラボンの一種です。イソフラボンといえば女性ホルモンと似た働きをして、育毛にも効果があるといわれる成分。このビオカニンAにも、頭皮に存在する酵素「5αリダクターゼ1型」「5αリダクターゼ2型」の働きを抑える効果があり、AGA(男性型脱毛症)による薄毛の進行を食い止めます。

このふたつの成分を合わせることで、今までにない育毛効果の高い成分が作られました。

それがキャピキシルです。

ペプチド(アミノ酸)と植物エキスが元になっている事からフィナステリドの様な副作用がなく、育毛にとても有効な成分として注目されています。

*フィナステリド内服の副作用や後遺症についてと、それを防ぐための方法

AGA(男性型脱毛症)の治療には、フィナステリド配合の薬を飲むことが最も有効とされてきました。通常の育毛剤ではAGAの薄毛進行を抑えることは難しかったのです。唯一リアップだけが、ミノキシジル配合の発毛剤として、AGAへの効果が認められてきました。

キャピキシルはフィナステリドやミノキシジルと同様に、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの発生を抑制し、ハゲの広がりを食い止め発毛を促す効果があるようです。

 

キャピキシルを開発したカナダの化粧品会社「LUCAS MEYER COSMETICS社」の臨床実験によると、キャピキシルはミノキシジルと比べて約三倍の発毛効果があることがわかりました。

さらにすごいのがミノキシジルのような副作用が見られないこと。ミノキシジルには「頭皮のかぶれ」や「性欲減退」、むくみや動悸・息切れなんかの副作用が報告されていますが、キャピキシルが発売されてかなりの期間が立っていますが副作用は報告されていないようです。

安全で効果的。今後のAGA治療の選択肢の一つとして、これからもっと普及していくと思われます。

キャピキシル配合の育毛剤を使ってみよう!

臨床実験ではミノキシジルの3倍もの発毛効果があったといわれるキャピキシル。そんなキャピキシルを配合した育毛剤も、今ではけっこう発売されてきています。(数年前までは、ほとんどありませんでした)

ただ、キャピキシル配合の育毛剤は、ほかの育毛剤に比べてすこし高価な傾向があります。そこだけは注意してほしいですね。

AGA(男性型脱毛症)の悩んでいて、本気で薄毛を改善したいということであれば、キャピキシル配合の育毛剤を試してみるのをお勧めします!

キャピキシル配合の育毛剤ランキングはこちら

☆オススメ記事

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛対策
-

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.