ハゲの雑学

薄毛に関する意識調査2017の結果からわかること

投稿日:

ホットペッパービューティーアカデミーが「薄毛に関する意識調査2017」を実施し、その調査結果を発表しました。

対象は20歳~69歳の男女。

その調査結果と、そこからわかることを簡潔に紹介します。

スポンサーリンク

薄毛対策をしている割合は?

男性で「自身が薄毛である」と答えた人は27.8%であり、「薄毛を気にしている」と答えた人は21.7%という結果に。つまり、全体の49.5%は何らかの薄毛の悩みを抱えているということになります。

実際に薄毛対策をしているのは、13.4%に留まりました。これはつまり、薄毛に悩んでいる人の中で実際に何らかの対策を行っているのは、わずか3割弱ということを示しています。

では次に、薄毛対策をしている男性は、ひと月にどれくらいのお金を掛けているのでしょうか?

アンケートによると、実際にかけている金額は平均4,000円程度という結果になりました。ひと月に育毛剤1本程度の金額ということでしょうか。

年代別にみると、20代が3,789円、30代が4085円と、男性は若いころに薄毛対策にお金を掛ける傾向があることがわかります。

 

女性の場合は「自分が薄毛である」と答えた人は7.7%であり、「薄毛を気にしている」と答えた人は7.3%という結果に。当然のことながら、男性に比べて薄毛に悩んでいる割合はグッと少なくなります。薄毛対策をしていると答えた女性も、全体の4.8%と少ないですね。

薄毛対策としてひと月にかける費用も、2,000~3,000円くらい。男性に比べても少ないのがわかります。

女性の薄毛は全体が少しずつ薄くなり地肌が見えてくるパターンが多いので、男性に比べても脱毛に気づきにくかったりすることが多いのかもしれません。

年代別にみると、50代で2,862円、60代で3,127円と、女性の場合は高齢になってきてから薄毛対策にお金を掛ける傾向があります。

薄毛について語り合いたい?

もし自分の身近に自分と同じように薄毛に悩んでいる人がいた場合、その人と薄毛の悩みについて話し合いたいですか?

このアンケートによると、女性の場合は年代を問わず3割程度の方が薄毛について話し合いたいと思っているという結果に。

男性は20代の58.2%が話し合いたいと思っていて、歳を重ねるごとにその割合は減っていきます。60代にもなると、薄毛について語り合いたいという人は13.5%に減少します。

男性の場合は高齢になればなるほど、自分の薄毛を気にしなくなっていくのでしょう。対して女性は、たとえ60代になっても薄毛の悩みを誰かと分かち合いたいという気持ちが強いようです。

誰の目が気になる?

自分の薄毛について誰の目が気になるのか?という調査の結果は、男女の差が一番現れた質問です。

男性の回答

1位:他人の目すべて

2位:職場の異性

3位:異性の友人

4位:職場の同性

5位:同性の友人

女性の回答

1位:他人の目すべて

2位:同性の友人

3位:職場の同性

4位:配偶者

5位:異性の友人

男性は女性の目を気にしているのに対して、女性は同性の同僚や友達の目を気にしているという結果になりました。

また、男性は”配偶者”の目があまり気にならないようで、女性の場合は”職場の異性”の目が気にならないみたいですね。

薄毛の原因として考えられることは?

男性の考える薄毛原因

1位:遺伝

2位:加齢・老化

3位:生活習慣の乱れ

4位:ストレス

5位:ホルモンバランスの乱れ

女性の考える薄毛原因

1位:加齢・老化

2位:ホルモンバランスの乱れ

3位:遺伝

4位:ストレス

5位:生活習慣の乱れ

これは実際の薄毛原因ではなく、「薄毛はどんなことが原因と思うか?」という個人の考えを聞いたアンケート結果です。

ですが、おおむね正鵠を射た結果ではないでしょうか。

男性の薄毛の8割9割はAGA(男性型脱毛症)が原因であり、その発症には遺伝的要素が強くかかわってきます。

対して女性の場合は、一生を通して女性ホルモン分泌量のふり幅が大きく、加齢とそれにともなうホルモンバランスの乱れが主要な薄毛原因と考えられています。

 

詳細な調査結果については「薄毛に関する意識調査2017年」を参照してみてください。

参照元:「薄毛に関する意識調査2017」結果発表(ホットペッパービューティー)

まとめ

薄毛に関する意識調査2017年についてトータル的に結果を見ると、男性の場合は20代・30代で薄毛に悩む方が多く、薄毛対策にお金を掛ける傾向があります。若いころであれば特に、同僚の女性や友達の女性の目が気になるでしょう。

女性は50代・60代になってから薄毛対策にお金を掛ける傾向があり、加齢による薄毛対策が大事という結果に。同性の同僚や友人の目が気になるようです。

程度の差こそあれ”加齢による脱毛”は誰もが経験するものですが、男性は「しょうがないな、あきらめよう」となるのに対して、女性はいつまでも美しい髪を維持したいんですね。もし高齢になってからも美しい髪を維持したいのであれば、若いころから女性専用の育毛剤や育毛サプリを使って頭皮ケアを続けるのが大切だと思います。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-ハゲの雑学

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.