発毛剤の全知識

スカルプDメディカルミノキ5を使った感想とメリットやデメリット

投稿日:

予防医学のアンファーが6年かけて開発に成功した新しい発毛剤「メスカルプD・メディカルミノキ5」が発売となりました。

でも、発毛剤のメディカルミノキ5って本当に髪の毛が生えてくるの?

普通の育毛剤とは何が違うの??

そんな疑問を持った方も多いと思います。

 

この記事ではそれらの疑問に答えつつもメディカルミノキ5を実際に使った感想や、メディカルミノキ5のメリットやデメリットをわかりやすく紹介したいと思います。

ですが、読み進める前に一番大切なことを申し上げておきます。

最初に知っておいて欲しいこと

メディカルミノキ5は気休め程度にしか効かない市販の育毛剤やサプリなどの関連商品とは違い、第一種医薬品に分類される”薄毛治療薬”です。

その効果・効能は「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」

壮年性脱毛症とは「おでこから薄くなっていくタイプの薄毛」や「頭頂部が少しずつ薄くなっていくタイプの薄毛」のことを指します。

もしあなたが壮年性脱毛症とは違うタイプの薄毛であるのならメディカルミノキ5はまったく効果を発揮しません。なので、これ以上この記事を読み進める必要はないでしょう。

*メディカルミノキ5が効果を発揮する薄毛のタイプ

そしてもし、あなたがこちらの画像に該当するくらいの薄毛であり、「頭頂部が薄くなってきて地肌が目立つ」や「おでこが広がってきた」といった薄毛の悩みを持っているのなら、メディカルミノキ5はその問題を解決するための有効な解決策になると思います。

あなたの薄毛の悩みをメディカルミノキ5が解決してくれるのか、この記事を最後まで読めばしっかりと理解できるでしょう。

スポンサーリンク

メディカルミノキ5の特徴や普通の育毛剤との違い

この育毛剤を使ったら髪の毛が生えてきたんだ!

あなたは今までの人生でこんなセリフを本気で語っている人に出会ったことがあるでしょうか?

友人、親戚、同僚、いくら探しても、恐らく育毛剤で髪の毛が生えた経験を持つ人を見つけることはできないでしょう。怪しげな育毛剤広告は別として。

その理由はとてもシンプルで、そもそも育毛剤には発毛を促す効果がないからです。

 

ですが、メディカルミノキ5であれば正しく使用することでほとんどの利用者が発毛を実感できるでしょう。

その理由はメディカルミノキ5が第一種医薬品に分類される医薬品だからにほかなりません。

 

医薬品は直接身体に影響を及ぼすため、安全のために分類され、厚生労働省によって厳しく管理されています。

その分類は大きく5つあります。

医薬品の分類

  • 処方箋医薬品(医師の処方箋が必要)
  • 第一種医薬品(薬局で販売できるが薬剤師がいなければならない)
  • 第二種医薬品(以下は薬局でバイトでも販売できる)
  • 第三種医薬品
  • 医薬部外品

簡単に言えば、処方箋医薬品が一番効果が強く、医薬部外品が一番効果が薄い医薬品となります。

強い効果を持つ処方箋医薬品は病院で医師の診察を受けたうえで、処方箋を貰わないと購入できません。効果が強いかわりに副作用の危険性もあるため、医師の指導の下に使う必要があるからです。

対して医薬部外品は気休め程度にしか効果がないため、副作用が現れる可能性もほぼゼロ。

薬局どころか、コンビニでもネット通販でも簡単に販売できます。

 

世の中に存在するすべての育毛剤は、「医薬部外品」か厚生労働省に認められた有効成分がまったく配合されていない「化粧品」のどちらかになります。

育毛剤に配合されている有効成分も「頭皮の炎症を抑える」とか「頭皮の血行を促進する」といった効果ばかりで、「発毛の作用がある」有効成分は配合されていないのです。

そのため、育毛剤の広告では「髪の毛が生えてきた」とか「発毛効果がある」という表現を一切使えません。そもそも育毛剤には発毛効果がないので、そういった表現を使って宣伝すると虚偽表示になってしまうからです。

「育毛剤を使ったら髪の毛が生えてきた!」

そんな人が存在しないのも、この育毛剤の仕組みを理解できれば納得できるでしょう。

注意ポイント

育毛剤は効果の薄い”医薬部外品”であり、しかも発毛作用のある有効成分は一切配合されていない。

そのため、髪を健康にするサポートはできても、脱毛した場所から新しい髪の毛を早生やす”発毛効果”はない。

では発毛剤メディカルミノキ5はどうなのか?

メディカルミノキ5は第一種医薬品に分類される、とても効果の強い医薬品になります。(効果が強いということは副作用のリスクもあるということ。副作用については後述します)

メディカルミノキ5には「ミノキシジル」という有効成分が5%の濃度で配合されています。

このミノキシジルは厚生労働省が発毛効果を認めた信頼のおける成分なのです。

ミノキシジルの育毛効果の秘密

ミノキシジルは元々は降圧剤(高血圧の薬)として開発されたのですが、それを使った患者に”多毛”という副作用が現れ、発毛剤に転用された歴史があります。

降圧剤はドロドロで血管に詰まりやすい血液をサラサラにして血流を良くし、血圧を下げる効果があります。

このことから、血流が良くなることが髪の毛を増やす原因だと考えられてきました。(今でもミノキシジルは血流を良くして発毛効果がある、と説明しているサイトがたくさんあります)

しかし最新の研究では、ミノキシジルには毛乳頭そのものを刺激して活性化させることで発毛を促すことがわかってきました。

ミノキシジルは”血行促進”と”毛乳頭細胞の活性化”という2つの作用を持っていて、それが強い発毛効果の秘密なんですね。

今では90か国以上の国でミノキシジルの発毛効果が認められ、世界中の薄毛治療の現場で利用されています。

ミノキシジルの外用薬は薄毛治療にもっとも有効とされている

世界中で薄毛治療に使われるミノキシジルですが、日本皮膚科学会が作成した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でもミノキシジルの発毛効果は認められており、A(行うように強く勧める)という評価を得ています。

 

このガイドラインは日本中の皮膚科医が薄毛治療の指針とする資料です。

これをみてもミノキシジルが有効は薄毛治療法のひとつであることがわかるでしょう。

市販されている育毛剤のほとんどが評価C1(行うことを考慮してもいいが十分な根拠がない)以下に分類されます。ミノキシジル配合の発毛剤が育毛剤と比べても断然効果的なのがわかりますね。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインで効果があると認められたB評価以上の薄毛治療法はこちら。

本当に薄毛改善効果があるのはこの5つみ。

それ以外の薄毛治療法や育毛対策は基本的に意味がありません。

メディカルミノキ5には強い発毛作用のあるミノキシジルが5%配合されています。

壮年性脱毛症、つまり一般的な男性の薄毛に対して、1日2回の塗布を4か月続ければ、9割以上の利用者が発毛を実感できるでしょう。

スカルプD メディカル ミノキ5 【アンファー公式】

メディカルミノキ5のメリットとデメリット

では次に、メディカルミノキ5のメリットとデメリットを解説します。

メディカルミノキ5のメリットやリアップとの違い

メディカルミノキ5のメリットはこちら。

メディカルミノキ5のメリット

①ミノキシジル5%配合

②酸化防止剤BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)未使用

③頭皮に優しく塗布できるクッションラバーヘッド採用

④まとめ買いで割安で購入できる

⑤内服薬に比べて副作用が出にくい

⑥医療機関を受診しなくても購入できる

メディカルミノキ5はミノキシジル配合の発毛剤としては、リアップに続く国内で2番目の外用薬です。

その大きな特徴は、リアップに含まれている酸化防止剤BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)を一切使用していないということ。

BHTは動物実験で脱毛や無眼症を誘発することが報告されており、膀胱がんや甲状腺がんのリスクを上げる可能性もあるちょっと危険な物質。

あくまでも臨床試験での結果ですが、毛乳頭細胞の縮小を誘発することが判明しています。

左がBHT無添加の毛乳頭細胞画像。右がBHTを添加した後の毛乳頭細胞画像です。

画像参照:酸化防止剤(BHT)による毛乳頭細胞への影響

毛乳頭細胞が小さくなるということは、イコール髪の毛が細くなるということ。

メディカルミノキ5はBHTが一切使われていないので、毛乳頭細胞への悪影響も少ないというメリットがありますね。

 

BHTフリーに続くメリットとしては、まとめ買いすることで割引購入ができ、リアップよりも安く購入することができるというところ。

メディカルミノキ5の価格

単品価格:7800円(税込)

3本セット:21,060円(税込) 7020円/1本

4本セット:27,000円(税込) 6,750円/1本

*リアップX5プラスの通常価格は7,611円です。

メディカルミノキ5の方が最安値で900円ほど割安です。

 

さらに工夫された「クッションラバーヘッド」は1回の使用量である1mlを正確に測ることができ、成分を無駄なく使えます。

またメディカルミノキ5は、その発毛効果に対して”比較的安全に使用できる”というのもポイント。

有効な薄毛治療の選択肢として、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」でも勧められている内服薬のフィナステリドやデュタステリドという選択肢もありますが、性欲減退や肝機能障害などの副作用のリスクがあります。

ミノキシジルにも副作用のリスクはありますが、外用薬のため、内服薬に比べるとそのリスクは格段に低くなるでしょう。

メディカルミノキ5のデメリット

次にメディカルミノキ5のデメリットを詳しく解説します。

メディカルミノキ5のデメリット

①副作用のリスクがある

②正しく使用しないと効果があらわれない

③効かないタイプの薄毛もある

④体調によっては使えない

臨床試験ではミノキシジルを利用した被験者全体の約5%くらいに何らかの副作用があらわれたという報告がされています。

その症状は頭皮が赤くなったり炎症が起きる、痒くなる、フケが出る、顔面にまで毛が生える、など。

敏感肌体質であったり、頭皮が乾燥しやすいタイプであったのなら、なおさら注意が必要です。

 

ミノキシジル5%溶液を48週間使い続けてもらう臨床試験では、何らかの副作用が表れた被験者は全体の6%でした。

メディカルミノキ5には副作用のリスクがあることをよく理解し、もし使用後に頭皮に何らかの異常が現れたら、直ちに使用を中止して皮膚科を受診することが大切です。

副作用の主要な症状

皮膚:頭皮の発疹・発赤*、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等

精神神経系:頭痛、気が遠くなる、めまい

循環器:胸の痛み、心拍が速くなる

代謝系:原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

また、メディカルミノキ5は育毛剤のような気休めではなく、しっかりとした薄毛治療であることを理解しなければなりません。

たとえば医師から「心臓病の薬」を処方されたとします。服用は1日に朝と夕方の2回。だけど、面倒だからとか、忙しいからといった理由で1日1回にしたり、夕方に1日分をまとめて飲んだら?

恐らくその薬の効果は半減してしまうでしょう。

これはメディカルミノキ5にも言えます。

メディカルミノキ5は1日2回、1回に1mlきっかりと使用することでその発毛効果が十分に得られるようになっています。しかも、しっかりと発毛を実感するには最低でも4カ月、できれば半年使い続ける必要があります。

これを毎日です。

メディカルミノキ5を毎日2回使い続けることが難しいということであれば、発毛効果が得られない可能性があることを知っておきましょう。

 

次に、とても大切なことですが、メディカルミノキ5を使っても発毛効果を得られないタイプの薄毛やハゲも存在します。

①高齢者の薄毛

60代以降の高齢者ともなると、老化現象のひとつとして抜け毛が増えていきます。

頭部全体が薄くなり地肌が見えてくるのですが、これはもう老化現象のひとつなので、メディカルミノキ5を使っても劇的な改善は見込めないでしょう。

メディカルミノキ5は20代~50代くらいの壮年性脱毛症にたいして特に効果を発揮するのです。

②円形脱毛症

メディカルミノキ5は円形脱毛症にも効果を発揮しません。

円形脱毛症は通常の抜け毛とは脱毛のシステムが異なっており、どちらかというと「免疫機能障害」といえる疾患です。

皮膚科を受診すれば保険適用で治療が出来るので、まずは医療機関で相談するのが大切。

自己判断でメディカルミノキ5を含めた発毛剤や育毛剤は使わない方がいいでしょう。

③その他の薄毛

壮年性脱毛症ではない原因の薄毛にも、メディカルミノキ5は効果を発揮しません。例えば頭皮に白癬菌が感染して脱毛してしまう場合や、脂漏性皮膚などの頭皮のトラブルによる脱毛、極度のダイエットによる栄養不足が原因の脱毛などが考えられます。

 

また、メディカルミノキ5は強い効果を持つため、持病がある方は使用を控えた方がいいこともあります。

こんな人は使っちゃダメ!

  • 頭皮に傷や炎症がある方
  • 低血圧・高血圧の治療を受けている
  • 狭心症などの心臓病を持っている
  • 甲状腺機能障害の診断を受けている
  • 薬品でアレルギー症状を起こしたことがある

もし心当たりがあるのなら、メディカルミノキ5を使用するためにかかりつけの医師に相談しましょう。

メディカルミノキ5を使う際の注意点

メディカルミノキ5の使用上の注意点として、初期脱毛が現れる可能性があることを知っておかなければなりません。

初期脱毛とはヘアサイクルが正常化し始めた影響で、弱々しい髪の毛が抜ける現象のこと。

これを知らないと「髪が抜けた!やばい!」と、メディカルミノキ5の使用を中止してしまうかもしれません。

男女ともにミノキシジル外用初期に休止期脱毛がみられることがあり,これが外用中止につながる恐れがあるため,患者への説明が必要である

参照元:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン

日本皮膚科学会が作成したガイドラインでも、ミノキシジル外用薬を使用した初期には脱毛が見られることが記載されています。

髪の毛は「成長期→退行期→休止期」というサイクルで、定期的に成長と脱毛を繰り返しています。

壮年性脱毛症は”遺伝的な体質”や”男性ホルモンの影響”が原因によるヘアサイクルの乱れで引き起こされます。

成長期にある髪の毛が成長の途中なのに抜けてしまう。抜けた後の休止期が異常に長くなってしまう。せっかく新しい髪の毛が生えてきても、細くて弱々しい髪質になっている。

その繰り返しで、だんだんと薄毛の部分が広がっていくのです。

メディカルミノキ5はこのヘアサイクルの悪循環にダイレクトに作用し、サイクルを正常に戻します。その過程で、まず細くて不健康な髪の毛が抜け落ち、抜けた毛根からしっかりとした髪の毛が生えてくることがあるのです。これが「初期脱毛」です。

普通の育毛剤はいくら使っても新しい髪の毛は生えないので、初期脱毛は起こりません。

ですが、本当に発毛効果のある、フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルや、低出力レーザーには、初期脱毛の可能性があります。

メディカルミノキ5を使い始めて抜け毛が増えたと感じたなら、抜けた髪の毛をよく観察して見ましょう。細くて短い毛が多いとしたら、その髪の毛はヘアサイクルの正常化の影響で抜けたのかもしれません。心配せずにメディカルミノキ5をちゃんと使い続ければ、抜けた後の毛根からしっかしとした太い髪の毛が生えてくるでしょう。

注意ポイント

メディカルミノキ5を使い始めると抜け毛が増えることがある。

それはヘアサイクルが正常化している証拠!抜け毛が増えたからといってメディカルミノキ5の使用を中止せずに、最低でも4カ月は使い続けるのが大切。

スカルプD メディカル ミノキ5 【アンファー公式】

スカルプD・メディカルミノキ5を使ってみた感想や使い方

というわけで、さっそくメディカルミノキ5を実際にアンファーの公式販売サイトで購入してみました。

第一種医薬品ということもあり、購入前に薬剤師の確認事項があります。ちょっと面倒でしたが、無事に購入することができました。

スカルプD・メディカルミノキ5は予防医学のアンファー専用の箱に入って送られてきました.

箱を開けると、メディカルミノキ5の箱が入ってます。

箱の下には使用期限が記載されています。現時点での使用期限は2021年6月でした。

話題のクッションラバーヘッドはこんな感じです。

これが1回の使用料1mlを正しく計量してくれるんですね。

では、クッションラバーヘッドの使い方を簡単に説明します。

 

 

最初にこの先端部分をカチッと音がするまで押し込みます。

すると、内部の空洞部分にメディカルミノキ5の溶液が入るようになっています。

斜めにすると、空洞部分にメディカルミノキ5の溶液が入っているのがわかりますね。

これを完全に逆さにすると、空洞部分が溶液に満たされます。

これで完了!!

あとはクッションラバーヘッドを頭皮に押し当てトントンとすると、溶液が頭皮に直接塗布されます。

実際に使ってみるとわかりますが、1mlって少ない感じがしますがけっこうな量があります。

これなら十分、頭皮全体に塗布することが可能でしょう。

メディカルミノキ5は薄毛部分に大量に使っても、その効果が高まるわけではありません。少量ずつ、全体に行き渡るように使うのがコツです。

 

クッションラバーヘッドのキャップは使用後でも押し込まれた状態になっていて、必要以上に溶液がでないようになっています。

メディカルミノキ5のキャップを閉めると、再びクッションラバーヘッドの位置が戻ります。

次に使う場合は、もう一度押し込めば溶液が出るようになります。

 

メディカルミノキ5の溶液を手のひらに出してみましたが、かなりサラサラです。

液ダレしてしまう可能性が高いので、ちょっとずつ丁寧に塗布するのがいいでしょう。

ニオイはアルコールそのもの。鼻を近づけると、ツンとする刺激があります。

 

実際に使ってみると、アルコール度数が高いわりにスースーせず、刺激はあまり感じませんでした。

まったくベタつかないので、忙しい朝でも簡単につけられてとても良いです。

①クッションラバーヘッドで狙った場所に、ピンポイントで塗布

②指先でマッサージしながら揉み込む

これを繰り返して、頭皮全体をまんべんなくケアします。

クッションラバーヘッドのおかげで、今までつかってきた育毛剤よりも液だれがしにくく、よりピンポイントで塗布できるように感じました。

ミノキシジルは最低でも4か月使用する必要があります。

使い続けることで、生えていない場所から産毛が生え始め、今ある髪の毛はしっかりと太くなっていきます。

まだまだこれからですが、しっかりと使い続け抵抗と思います。

メディカルミノキ5が他の育毛法よりも優れているポイント

その点、メディカルミノキ5は世界90か国以上で薄毛治療に使われているミノキシジルが配合されていて、しかも毛乳頭細胞にダメージを与える酸化防止剤が一切使われていません。

育毛剤、育毛サプリメント、スカルプシャンプーなどを使っても効果がなくて諦めていた人でも、メディカルミノキ5を使うことで発毛効果を実感できる可能性が高いでしょう。

 

薄毛が目立つ頭皮から、少しずつ産毛が生え始めて、半年後にはしっかりとした太い髪の毛が増えていく。

多くの臨床実験が、その事実を証明しています。

この確かなエビデンス(科学的根拠)こそが、メディカルミノキ5が他の育毛法よりも優れているポイントです。

 

頭皮環境を整えるだけ、頭皮マッサージするだけでは、新しい髪の毛は生えてきません。

ですがメディカルミノキ5を使うことでダイレクトに毛乳頭を活性化できれば、新しい髪の毛は生えてきます。

 

最も大事なのは薄毛・抜け毛は進行性であるということ。

メディカルミノキ5がいくら強い発毛力を持っていたとしても、ツルッパゲになってしまった後では、完全に毛根は死んでしまっています。

早ければ早いほど、発毛効果は確実にあらわられるでしょう。

 

「ちょっと、薄くなってきたかな…?」

と心配になってきたタイミングで使うのがベスト。

もし、薄毛がある程度進行していたとしても、1日でも早く使い始めることが重要です。

 

メディカルミノキ5は家庭で行える薄毛対策としては、最も効果的で確実な方法です。

メディカルミノキ5を割安に購入する方法

スカルプDメディカルミノキ5は街のドラッグストアやAmazon、楽天市場などでも購入することができます。

ですが、最も割安に購入することができるのはアンファーの公式サイトです。

アンファー公式サイトではまとめ買いをすることで、通常価格よりも割引で購入することができるからです。

 

さらに今だけアンファー公式サイトでは「メディカルミノキ5発売記念キャンペーン」も行っています。

メディカルミノキ5発売記念キャンペーンの内容

①メディカルミノキ5を単品購入すると780ポイント貰える

②まとめ買い(3本セット):10%割引

③まとめ買い(4本セット):13%割引・ミノキ ドクターズ サポートを受けられる

この特別キャンペーンは2018年の9月3日9:59までなので、もしメディカルミノキ5が気になっているのならキャンペーン期間中に購入した方がお得ですね。

 

スカルプD・メディカルミノキ5のアンファー販売ページはこちらです

スカルプD メディカル ミノキ5 【アンファー公式】

☆オススメ記事
☆スポンサーリンク

-発毛剤の全知識

Copyright© 育毛100!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.