育毛対策

2014年育毛市場で最も拡大を続けているのは植毛関係!いま植毛が人気のある秘密とは?

更新日:

2014年度の育毛を含めた頭髪業界の市場調査が発表されました。

ほとんどのジャンルで前年比微増の結果になりましたが、その中でひときわ目立つものがありました。

「植毛業界」です。

他のジャンルに比べて、植毛業界の市場規模が前年比で圧倒的に増えていたのです。

評判も良く、快進撃を続ける植毛業界の秘密とはなんなのでしょうか?

2014年のヘアケア業界について

矢野経済研究所は9月7日、ヘアケア市場に関する調査結果を発表した。発表によると、2014年度のヘアケア市場規模は、事業者売上高ベースで前年度比1.4%増の4,414億円だった。

(中略)

このようにヘアケア市場が拡大しているのは、薄毛を自覚する男性が多いことも影響しているようだ。

参照元:「ヘアケア市場が拡大、なかでも植毛市場が好調薄毛を気にする男性の割合は59.8%」

この調査ではヘアケア市場を「毛髪業市場」「植毛市場」「発毛・育毛剤市場」「ヘアケア剤市場」の4分野に分けて調査しています。

それぞれの分野の調査結果も発表されているので、紹介します。

  • かつら・増毛や育毛・発毛サービスなどが含まれる毛髪業が前年度比0.9%増の1,401億円
  • 植毛市場がが前年度比8.3%増の39億円
  • 発毛・育毛剤市場がが前年度比0.5%増の654億円
  • シャンプーなどのヘアケア業界が前年度比1.8%増の2,320億円

すべての市場で前年比増加の結果が出ています。これも頭髪への関心の高まりを示す結果ですね。

このデータを見ると、その中でも植毛業界がダントツで成長しているのがわかります。

その人気の理由は、なんなのでしょうか?

人工毛植毛と自毛植毛

植毛には大きくふたつの方法があります。

人工毛を植毛する方法と、自分の髪を植毛する方法です。

人工毛植毛

人工毛植毛の代表は「アートネイチャー」のマープ増毛です。最近は人工毛も品質が向上しているので、ごく自然に髪の毛を増やすことが出来るでしょう。

薄い所にピンポイントで、髪の毛をプラスすることが出来ます。

手軽に行える増毛法ですが、人工毛を移植したものなので、当然ながら髪の毛が伸びることもないし、経年劣化するといったデメリットがあります。

ただ、その自然な仕上がりは、それを補って有り余るものがあるでしょう。

迷っている場合は、アートネイチャーの無料相談で自分の頭皮をチェックしてもらうのも、ひとつの方法だと思います。

マープ増毛の無料お試し体験申し込みはこちら

自毛植毛

人工毛植毛に比べて自毛植毛は髪を作りだす毛根ごと移植するので、一度移植すれば半永久的に髪の毛が生えてきます。

自分の髪の毛が生えてくるので、日頃のメンテナンスも今まで通り行えて簡単です。

 

自毛植毛の技術は日進月歩で進化し続けています。

以前は髪の毛を皮膚ごと移植していましたが、現在ではほんの少しの毛根移植を繰り返すことで、自然で痛みのない自毛植毛が行えます。

自毛植毛の技術進歩が、毎年植毛業界が拡大し続けている秘密なのかもしれません。

 

自盲植毛について詳しくはこちらの記事で紹介しています→カツラ・植毛と自毛植毛の違いとは?自毛植毛のメリットとデメリットについて。

今なぜ植毛が人気なのか?

育毛剤や発毛サービスに比べて、植毛には圧倒的な即効性確実性があります。

育毛剤や育毛マッサージなどは、その発毛効果が個人の体質で効果が変わってくるので、確実とはいえません。その点、植毛は確実にその効果を発揮します。

アートネイチャーの植毛は、CMでも良く流れていますし、その人気がうかがえます。

自毛植毛は、その安全性の向上や技術力の向上で、いま大人気になっています。

 

植毛が人気なのは、他の育毛対策にはない、確実で手っ取り早く結果が出るという特徴があるからなのかもしれませんね。

自毛植毛の無料カウンセリング申し込みはこちら

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.