育毛剤の知識

育毛剤の医薬品と医薬部外品の違いとは?育毛剤を選ぶ時はどっちを選べばいいの??

更新日:

薬局で売られている薬品のパッケージには、よく見ると「医薬品」とか「医薬部外品」なんて記載があります。

これは薬事法でその薬効があると認められたものに対する分類なのですが、それぞれどういった違いがあるのかについて簡単に説明します。

スポンサーリンク

医薬部外品について

薬事法での医薬部外品は「人体に対する影響が緩和なもの」とあります。

つまり一般的に言って、良いに悪いにかかわらず「医薬品」より体への影響がすくないものが「医薬部外品」です。

医薬品で成分の強いものや、肌質に合わないものは、頭皮がかぶれたり副作用が発生する場合があります。その点、医薬部外品は副作用はほとんどなく、比較的安全に使用できます。

育毛トニックなんかも医薬部外品に分類されますが、こういった商品の特徴は、積極的に病気を治すというより予防という意味合いの商品が多いです。

医薬部外品では発毛・育毛効果が薄いというとそんなわけではなく、それは製品の種類によってまちまちです。

育毛剤というカテゴリーを見ると、脱毛の原因は様々な要因がからみあっているので、医薬部外品は効かない、医薬品は効くなんて一概に言えない、線引きが曖昧な部分がありますね。

医薬品について

薬事法では「人または動物の身体の機能または機能に影響を及ぼす事が目的とされるもの」とあります。

厚生労働省の認可のもと製造販売しなければならないものになります。

医薬部外品に比べて、人体への影響が高いものですね。

この影響には副作用も含まれます。「医薬品の取り扱いは用法用量を守って」という注意喚起の理由はここから来ています。正しく使用しないと、きちんとした効果が期待できないばかりか、悪影響すら引き起こします。成分が強い分、もし副作用が起きた場合はその影響も大きい。

育毛剤は頭皮に直接塗布するため、もし副作用が起きた場合はかぶれや炎症などを引き起こす場合があります。もちろん脱毛の原因になることも。

医薬部外品は意外と大雑把に使ってもそんなに悪影響はないかもしれませんが、医薬品を取り扱う場合はきちんと説明書を読んで、使用方法やアレルギーとかの注意事項を読んでおくことをオススメします。

 

医薬品にはさらに三つに分類されます。第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品です。簡単に言ってしまえば、第一類から順番にが効果が高いということになります。

第一類医薬品は薬剤師がいなければ販売できません。例えば夜に薬局に行った場合、もし薬剤師が帰ってしまいバイトしかいなかったら、第一類医薬品は販売できません。売ってくれと言っても断られます。

医薬品に分類される育毛剤のほとんどは「第二類医薬品」か「第三類医薬品」になります。

医薬品と医薬部外品、どっちの育毛剤がいいのか?

医薬部外品と医薬品の違いは「人体への影響の強弱」といっていいでしょう。だとしたら、医薬品の育毛剤を使った方が、発毛効果は強そうですよね。

だけど、実際のところそれはちょっと違います。

 

「薬」と「毒」の違いってわかりますか?

凄くシンプルな解答。

薬と毒の違いは「分量」だけです。

 

ほとんどすべての薬は、過剰摂取すれば毒になります。

逆に毒と言われている物質も、適量を摂取すれば薬になります。

薬効成分はたくさん入っているから良い、というわけではないんですね。

 

そう考えてみると、医薬部外品であることや医薬品であることに、実はそんなに違いはないのです。

同様に高い育毛剤だから効くとか、安いから効かない、という事でもありません。

問題は自分の体質に合うかどうか?この一点に尽きるでしょう。

 

育毛剤を選ぶときは、医薬部外品だから効果がない、安い育毛剤だから効果がない、そんな先入観は捨てて、配合されている成分や効果に着目して選んでみてください。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛剤の知識

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.