ハゲの雑学

若年性脱毛症のと壮年性脱毛症と老人性脱毛症の違いとは?

更新日:

薄毛や脱毛は発症する時期によって原因や名前が違ってきます。

男性も女性も同様に発症すると言われる、若年性脱毛症と壮年性脱毛症と老人性脱毛症、それぞれの違いとは何なのでしょうか?

若年性脱毛症のと壮年性脱毛症と老人性脱毛症の違いとは?

若年性脱毛症

主に10~30代前半から始まる薄毛。その原因は多岐にわたり、ストレスや生活習慣によってハゲ始める場合もあれば、若いうちから始まったAGA(男性型脱毛症)の場合もあります。

若年性脱毛症は明確な原因があるというよりも、まだハゲ始めるような年齢ではない若いうちから薄毛になる症状の”総称”であると言えます。

ですので若年性脱毛症の原因はAGAの場合もあるし、脂漏性皮膚炎の場合もあります。

AGA→男性はおでこや頭頂部から、女性は髪全体が薄くなる。

脂漏性皮膚炎→頭皮が赤く炎症を起こしたり、痒くなりフケが多くなる。

といった、そのハゲ方の特徴を観察して、それぞれの対策をとる必要があるでしょう。

壮年性脱毛症

壮年性脱毛症は30代後半から50代くらいにかけて発症します。壮年性脱毛症=AGA(男性型脱毛症)といっていいでしょう。女性の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。

男性のAGAはだんだんとおでこの生え際が後退してきたり、頭頂部のつむじあたりがゆっくりと薄毛になっていくような特徴があり、女性のFAGAは髪の毛全体が少しずつ薄くなるという特徴を持っています。

男性も女性もその原因は同じ。頭皮で生成される男性ホルモンの一種DHT(ジヒドロテストロン)のためです。このDHTが抜けた髪がまた生えてくる健全な育毛サイクルを妨げてしまい、薄毛になっていくのです。

スポンサーリンク

DHTは男性ホルモンと5αリダクターゼがあわさることで発生します。これを防ぐには、専用の育毛剤をつかったり、育毛クリニックに行ったり、生活習慣や食生活を改善したりといった、複合的な対策が必要になってきます。(その方法については当サイトで度々取り上げています)

AGA対策は早ければ早いほど、改善の確率も高くなるので、ちょっと頭皮が見えるようになってきたかな?くらいから育毛対策をすれば、将来髪の毛の量がずいぶんと違ってくると思います。

老人性脱毛症

60代以降に発症する老人性脱毛症は、若年性脱毛症や壮年性脱毛症とは原因が根本的に違ってきます。

それは細胞の老化です。

その特徴はAGAとは違い、頭髪全体が薄くなったり、髪が細くなったり、ハリとツヤが失われたりします。

老化現象のひとつなので、なかなか予防や対策は難しいものがありますが、方法はないわけではありません。

それは生活習慣と食生活の改善です。

適度な運動やスポーツをして、筋肉をつける事、また食生活では肉などのタンパク質を多くとることを心がけ、心身ともに若々しさを維持すれば、髪の毛にも良い影響があるでしょう。

AGAに効く育毛剤よりも、血行促進や頭皮に栄養を与えることに重点を置いた育毛剤を使用することも有効です。

 

年代によっても薄毛の原因は変わっていきます。それぞれの年齢にあった対策を取ることが、薄毛改善の近道となるのではないでしょうか。。

 

☆オススメ記事☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ハゲの雑学

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.