育毛対策

秋は年間を通して一番激しい抜け毛の季節!秋専用の4つの薄毛対策とは。

更新日:

通常1日に抜ける髪の毛の数は50~70本と言われています。ですが、季節の変わり目である秋は抜け毛が増える傾向があり、いつもの倍以上の本数が抜ける人もいるようです。

一年の内、一番薄毛が進行する季節である秋に、どういった対策が考えられるのでしょうか。

スポンサーリンク

秋の薄毛、その原因と対策

なぜ秋は急に抜け毛が増えるのでしょうか?

それは夏に頑張った頭髪が抜け落ち、寒い冬に向けて生え変わるためであり、ごく自然なこと。人間なら誰しもが秋に抜け毛が増えることを感じると思います。

ただし注意が必要です。秋に抜け毛が多くなるのは、それだけが理由ではありません。

夏に積み重なった紫外線の頭皮へのダメージや、汗による細菌の繁殖などの影響も抜け毛の影響と考えられます。また、秋になって涼しくなっていくと、肌の表面温度が下がり、知覚神経が刺激頻度が下がります。これが育毛に大切なIGF-1を減らすため、結果抜け毛が増えるという原因も考えられます。

普通なら秋に自然に抜けた毛髪は、すぐに生えてきます。ですが、薄毛が進行している場合、抜けた髪がもとに戻らないで抜けたまま…なんてこともあり得ます。

秋口の育毛にはどういった対策が考えられるでしょうか?

秋の抜け毛対策

秋は最も抜け毛が増える季節、という事は逆に言えばもっとも育毛活動が効果的な季節といえます。

毎日育毛剤!

基本的に育毛剤は毎日塗布しなければ、十分な効果が得られることが出来ません。だけど、ついつい忘れてしまったり、サボってしまう事も多いのではないでしょうか?

もしそうなら、夏・冬・春はいいとしても、秋だけは毎日頑張るべきでしょう。

よく寝る!

睡眠は育毛にとっても大切です。睡眠中に分泌される成長ホルモンが、育毛を促進する効果があるからです。

その他にも睡眠には様々な効果があり、睡眠不足は脱毛を促進します。

「読書の秋」なんて言いますが、暑い夏が過ぎて過ごしやすくなった夜に、ついつい読書やネットで夜更ししがちになっているかもしれません。むしろ「睡眠の秋」を心がけることで、髪の毛を守ることが出来るでしょう。

髪と頭皮にいつもより優しく接する

髪と頭皮に優しくしましょう。

具体的には、シャンプーのときにゴシゴシと力を入れてこすらない。優しくマッサージするように洗う。頭髪を脱色したり染めたり、パーマをかけたり縮毛矯正するのは、秋にはやめておく。

秋は髪が抜けやすい季節です。頭髪や頭皮に、いつもより優しく接してあげましょう。

知覚神経を刺激しよう!

育毛成分であるIGF-1が不足しがちな秋は、知覚神経を刺激してIGF-1の分泌を促しましょう。

もっとも効果的なのは唐辛子に含まれるカプサイシンと、大豆のイソフラボンの同時摂取と言われています。

豆腐に一味唐辛子をかけて食べる、なんかも有効だと思います。

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取できるサプリメントもあります。


秋は抜け毛の季節。その分薄毛対策も有効に作用します。いつもよりも多くなる抜け毛を少しでも減らすため、髪の毛に気を使って過ごしましょう。

少しくらい多く抜けても「季節のせいだ!」と気にしないで、ストレスを溜めないのも大事ですね!

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.