育毛対策

AGA(男性型脱毛症)の進行を早める環境因子とは?その改善のポイント。

投稿日:

AGA(男性型脱毛症)は遺伝で決まると思って諦めていませんか?

実はそんなことはなくて、薄毛の進行には遺伝要因と共に環境要因が重要な位置を占めていることが研究の結果でわかっています。

自分自身の環境を変えることで、AGAの進行を遅らせることが出来る。そんな環境要因にはどんなものがあるのでしょうか?

薄毛を進行させる生活習慣と嗜好品

AGA(男性型脱毛症)は遺伝が原因だと言われています。ですが、AGAを進行させる原因として、遺伝因子と共に環境因子もかなりの強い影響力を持っているということがわかっています。

そんな薄毛を進行させる環境因子には大きく「生活習慣」「嗜好品」に分けられます。

どういった要因があるのでしょうか?その例を挙げてみます。

悪い生活習慣

  • 運動不足
  • 寝不足
  • 不規則な生活
  • バランスの悪い食事
  • ストレス
  • オーバーワーク

悪い嗜好品

  • 喫煙
  • 飲酒
  • 脂っこい食べ物
  • しょっぱいもの
  • 甘いもの

ここに挙げた生活習慣や嗜好品は、日常的に続けることで薄毛はもちろん、さまざまな生活習慣病の原因になります。

スポンサーリンク

がん、心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、肥満、それらすべてが遺伝的要因が少なからずあるものの、発症のほとんどが環境要因と言われています。(遺伝すると思われがちながんでさえ)

環境因子を改善させよう!

薄毛や生活習慣病予防のために環境因子を改善さすにはどうすればいいのでしょうか?

その答えは月並みで簡単、だけど毎日の習慣にするにはとても難しいものばかり。

  • 野菜がたくさんのバランスの良い食事
  • 適度な運動
  • 6時間以上の睡眠
  • 禁煙
  • アルコールを控える

そんな普通の健康的な生活の積み重ねが、環境因子を改善しさまざまな病気の発症リスクを下げることになります。もちろん、その中にAGA(男性型脱毛症)も含まれますし、脂漏性皮膚炎による薄毛や遺伝要素の強い円形脱毛症の発症も含まれます。

続けていくのは難しいですが、その効果は複合的でさまざまな恩恵があることは間違いないでしょう。

「環境因子」には遺伝的な要因すら覆す可能性を持っているということですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-育毛対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.