育毛・薄毛と○○の関係

ドライマウスが薄毛の原因?唾液を飲む事が育毛になる理由とドライマウス対策。

更新日:

ドライマウスに悩む人は薄毛にもなりやすいそうです。

ドライマウスと薄毛に関係があるなんて意外ですが、その秘密は”唾液”にあります。

唾液が持つ神秘のパワーとドライマウス対策を紹介します

スポンサーリンク

ドライマウスの症状

まずはドライマウスの症状を紹介します。思い当たる節はあるでしょうか?

  • 常に口の中が乾いている
  • 口臭がある
  • 虫歯になりやすい
  • 乾いて話しにくい
  • 乾いた食べ物が食べにくい
  • 深夜、口が渇いて起きてしまう

ドライマウスは唾液の分泌が少なくなって、口の中が乾いてしまう病気。日本人でも3000万人の患者がいるとされています。3000万人って4人に1人!?程度の差こそあれ、口の中が乾きがちの人は意外と多いのかもしれません。

ドライマウスの原因

ドライマウスの原因はさまざま。その主要な原因を紹介します。

  • ストレス
  • バランスの悪い食事
  • 口呼吸
  • 薬の副作用
  • シェーグレン症候群
  • 糖尿病
  • 腎不全
  • 女性ホルモンの減少
  • 酒・たばこ

中高年以降の女性は女性ホルモンが減少するため、ドライマウスになることが多いようです。また、最近では若者の中にもドライマウスに悩む人が増えているようです。

薬や病気が原因であったり、タバコや食生活が原因であったりと、多様な原因で発症する病気のようです。

ではドライマウスと育毛はどんな関係なのでしょうか?

育毛・薄毛とドライマウスの関係

このサイトでも何度も登場していますが、IGF-1という育毛に大切な物質があります。IGF-1には強い育毛・発毛効果があります。

ですが、IGF-1は加齢によってどんどん減っていきます。それが歳を取ると薄毛が多くなっていく原因の一つになっています。

この育毛に大切なIGF-1ですが、ドライマウスの人はIGF-1が少ない傾向があるようです。その理由は唾液にあります。

実は唾液は飲むだけでIGF-1が増え、育毛効果があります。

唾液を飲むと胃の中で遊離シアル酸と言う物質が発生します。この物質が胃の知覚神経を刺激するとIGF-1が増えて育毛効果があるというわけです。

マウスを使った実験では、毛を剃った皮膚にシアル酸を塗布すると、明らかな育毛効果がありました。シアル酸は強い育毛効果を持っているのです。

唾液の少ないドライマウスの人は、唾液を飲む量も少ない為、IGF-1も少ないと考えられます。

「唾液」は無料の育毛ドリンクともいえます。これが少なかったら、とってももったいないですね。

ドライマウスを改善するためにはどうすればいいのでしょうか?

ドライマウス改善のための対策

  • よく噛んで食べる
  • ストレスを溜めない
  • 鼻呼吸を意識する
  • 部屋を加湿する
  • ガムを食べる

ドライマウスの原因で記載したように、その原因は多種多様。上記のような対策では完璧とは言えません。もし酷いドライマウスでなやんでいるとしたらお口の専門家である歯医者さんに相談してみましょう。育毛のために歯医者さんに行くのも変な話ですが。

ドライマウスを改善して、 育毛促進なんて意外です。ドライマウスに悩んでいるなら当然改善した方がいいでしょうし、もしドライマウスではなくてもよく噛んでたくさん唾液を出すと育毛になるってことですね。

今すぐできる対策は「よく噛んで食べる」ということですね。唾液の量を意識した生活でしっかり育毛しましょう!

 

ドライマウスを改善するジェルもあるようです(歯磨き粉じゃないですよ)

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛・薄毛と○○の関係

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.