育毛対策

アンファーがAGA遺伝子検査キットを発売!自分の育毛方法が正しいのか調べてみよう。

投稿日:

育毛に関しての研究を活発に行っているアンファーが、AGA遺伝子検査キットを発売しました。

今まで育毛剤を使っていても全く効果がなかったのは、その育毛アプローチが全然違う方向を向いていたからという可能性があります。

遺伝子を検査することで自分の薄毛の原因を知り、適切な対処法を知ることができるかもしれません。

その検査の内容についてお伝えします。

AGA遺伝子検査キットとは?

最近、民間の遺伝子検査サービスが流行の兆しを見せています。美容業界では遺伝子検査キットで自分の遺伝子を検査し、癌などの健康リスクなどを調べた上で、自分だけのオリジナルサプリメントを作るサービスがあります。

そんな遺伝子検査サービスのひとつが、アンファーのAGA遺伝子検査サービス「スカルプD ヘアメディカル AGA関連遺伝子検査キット」です。

薄毛になる原因は「遺伝要因」と「環境要因」のふたつが大きく影響していると言われています。

遺伝的な原因でハゲているとしたら、AGA治療が効果的ですし、遺伝的に問題ないのにハゲているとしたら、生活習慣の改善が効果的です。

そういった自分自身の薄毛対策の指針として、このAGA遺伝子検査キットを活用しましょう。

検査手順とアドバイス

この「スカルプD ヘアメディカル AGA関連遺伝子検査キット」を購入すると、まず自宅に検査セットが送られてきます。

自分で口内の粘膜を採取し、容器に入れて返送。その粘膜でもってアンファーで遺伝子をするという手順です。

約1か月で検査報告書が自宅に送られてきます。

この検査で、AGAの発症の傾向とAGA治療薬であるフィナステリドの感受性を知ることができます。

AGA発症の傾向

AGA(男性型脱毛症)の原因は脱毛ホルモンと言われているジヒドロテストロンです。

ジヒドロテストロンは男性ホルモンと、頭皮にある5αリダクターゼが結びつくことで発生します。発生したジヒドロテストロンが毛乳頭に作用して薄毛が引き起こされるのです。

この遺伝子検査キットで調べられるのは毛乳頭のジヒドロテストロンに対する感受性です。

毛乳頭がジヒドロテストロンに対して敏感なら少しのジヒドロテストロンでも薄毛になってしまうでしょう。逆に鈍感なら、薄毛になりにくいと言えます。

この毛乳頭の感受性がわかれば、自分の薄毛対策の大きな指針になるでしょう。

フィナステリドの感受性

フィナステリドは飲む育毛剤であるプロペシアの主成分で、脱毛ホルモンのジヒドロテストロン生成を阻害する効果があります。この遺伝子検査でフィナステリドが自分の体質的にどれくらい有効なのかを、服用する前から知ることが出来ます。

フィナステリドには性欲減退などの副作用があるので、その有効性を事前に知っておくことが出来れば、その対策も立てやすいでしょう。

 

検査報告書はこれらの検査結果はもちろん、その結果に合わせた頭皮ケアの方法など、自分だけのアドバイスもしてくれます。

またこの検査を受けた人全員に薄毛対策情報満載の「パーフェクトガイドブック」がセットになっています。

 

今まで育毛剤で発毛効果がなかったのは、まったく的外れな方法を試していただけなのかも?

このAGA遺伝子検査キットで、自分の育毛方法が本当に正しいものなのか調べてみるのもいいのではないでしょうか。

 

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.