低出力レーザー薄毛治療について

ヘアマックスが効かない理由は?使っても効果がない人の特徴。

更新日:

ヘアマックスは低出力レーザーを頭皮に照射することで、毛母細胞を活性化させ、発毛を促すという一風変わった育毛機器です。

育毛剤のように有効成分を頭皮に浸透させるわけではなく、ただ赤色の光を当てるだけ…。

低出力のレーザーなので特に頭皮に熱を感じるわけでもなく、なんだか効いているのか効いていないのかわかりずらい。

 

「ヘアマックスを使っても、ぜんぜん髪の毛が生えてこなかった!!」

 

使用感がイマイチわからないせいか、ネット上ではそんな口コミも見かけます。

「ヘアマックスの発毛効果はアメリカFDAも認めていて、臨床実験の結果では発毛率が93%にものぼった」

…この謳い文句ははウソなのでしょうか?

ヘアマックスが持つ育毛効果と、使っても髪の毛が生えてこない人の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

ヘアマックスが他の育毛方法よりも優れている理由

低出力レーザー育毛器「ヘアマックス」は、自宅でできる育毛法の中でも、恐らく最も効果が高く信頼がおける方法のひとつでしょう。

その理由はヘアマックスのアプローチ法と、科学的な根拠にあります。

 

世の中にはたくさんの「育毛方法」があります。

髪の毛によい食べ物、育毛剤、頭皮マッサージなどなど。

例えば育毛剤。今現在、たくさんの育毛剤が発売されていますが、その多くが科学的な検証や臨床試験を行わないままに製造され、流通しています。

配合されている成分も「炎症を抑え頭皮環境を整える」とか「血行を促進する」という効果が主であり、太くてしっかりした髪の毛が生えてくるというわけではありません。

ここら辺は、育毛剤を使ったことがある人なら同意してくれるでしょう。

 

頭皮マッサージによる血行促進も、髪に良い食べ物も、明確な発毛効果はありません。今生えている髪を健やかに保つ効果はあっても、生えていない休止期の毛根を活性化させて新しい髪の毛を作り出す作用はないのです。

直接的に薄毛改善効果があるのは、育毛クリニックで処方されるプロペシアなどの医薬品だけ。これらの薄毛治療のための内服薬は医師の処方性がなければ手に入れることができませんが、壮年性の脱毛にはかなりの改善効果を示します。

ですが、自宅で気軽にできないことと、精力減退などの副作用が出る場合もあるというデメリットもあります。

低出力レーザーの育毛効果は科学的な根拠がある

対してヘアマックスの低出力レーザーは、レーザーが皮膚を通り抜けて毛根の細胞を活性化させることで発毛を促す効果を持っています。

この発毛効果は様々な実験でも証明されていますし、日本の大学でも低出力レーザーの発毛効果について研究しているところもあります。

例えばアデランスのヘアサロンでは、赤色ナローバンドLEDを利用した頭皮ケアのサービスも行っています。

赤色ナローバンドLEDは630nmの周波数を持った光を当てることで毛根を刺激し、さまざな成長因子を活性化させて発毛を促します。

1回で30分ほど照射する必要があります。

ただし赤色ナローバンドLEDはあくまでも”光”であり、レーザーではありません。

ヘアマックスの低出力レーザーの方がパワーが強くて頭皮の奥に浸透しやすく、短時間で効率的に育毛効果を得ることができます。

 

アメリカで行われた低出力レーザーの臨床試験でも、多くの被験者が発毛効果を実感しています。

男性の薄毛はもちろん、女性の薄毛にも効果を発揮するのがヘアマックスの強みです。

こちらは臨床試験での検証画像です。ビフォア画像はヘアマックスを使用する前のもの、アフター画像はヘアマックスを正しく使用して半年後の画像です。

薄毛部分にしっかりと太い髪の毛が生えているのがわかりますね。

こちらはヘアマックスと効果のないニセモノの機器を使ってもらい、その発毛効果を比較した実験のデータです。

グラフは男性のもので、上のグラフが7つのレーザー照射口を持つヘアマックスのもの、下のグラフは9個と12個のレーザー照射口を持つヘアマックスのものです。

左側のグラフには使う前、16週使用した後、26週間使用した後の髪の毛の密度がグラフとなっています。

16週(約4か月)使うだけでもかなり髪の毛が生えてきているのがわかりますね。偽物を使ったグループにはそれほど変化はありません。

 

次に女性のグループの実験結果です。

グラフを見ればわかる通り、女性の薄毛にヘアマックスを使用してもかなりの効果があることがわかります。

男性の場合は16週から26週にかけての発毛効果が少し停滞気味になりますが、女性の場合は26週前継続して発毛効果が持続しています。

ヘアマックスは男性にも十分な育毛効果が得られますが、女性にとってはそれ以上の効果があるようです。

注意ポイント

ヘアマックスの育毛効果はたくさんの臨床試験によって証明されている。

アメリカのFDAのみならず日本皮膚科学会も育毛効果を認めている

日本皮膚科学会が発表した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」でも低出力レーザーを使った薄毛治療が取り上げられ、「B」(やった方がいい)という高評価を受けています。

2010年度版のガイドラインでは、低出力レーザーは評価の対象ですらありませんでした。

ですが、低出力レーザーやLEDによる育毛治療が少しずつ普及してきて認められたということでしょう。しかもB評価です。

ちなみにガイドラインの評価は5段階です。

  • A:行うよう強く勧める
  • B:行うよう勧める
  • C1:行ってもよい
  • C2:行わない方がよい
  • D:行うべきではない

評価A(行うように強く勧める)に分類されるのは、育毛クリニックで処方されるような医薬品です。強い効果を持っていますが、副作用の危険もありますし、保険の対象外なので費用もバカになりません。

評価B(行うよう勧める)は植毛とアデノシンという育毛成分、そしてヘアマックスなどの低出力レーザー育毛器だけ。

アデノシンは男性のみB評価で女性はC1評価になっています。

特に女性にとっては低出力レーザー育毛器は有効な選択肢の一つとなるでしょう。

 

カルプロニウム塩化物やt-フラバノンなどの多くの有効成分はC1(行ってもよい)に分類されているのがわかります。

この日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」を見ても、低出力レーザー育毛器が市販の育毛剤よりも有効であることがわかるでしょう。

 

少なくとも、一般的に販売されている育毛剤よりは、科学的な根拠がしっかりしているといっていいです。

ではなぜ、ヘアマックスを使っても髪の毛が生えてこない人がいるのでしょうか?

注意ポイント

日本皮膚科学会の作成した薄毛治療のガイドラインでも、低出力レーザーを使った薄毛治療法が推奨されている。

HMXaff300x250

ヘアマックスを使っても効果が現れない6つの理由

①ヘアマックスを正しく使っていない

ヘアマックスは1週間に3回使うことで、最大限の育毛効果を得ることができます。

例えば1週間に5回ヘアマックスを使ったからといって、育毛効果が強くなることはありませんし、逆に1週間に2回しか使わなかったら、十分な育毛効果を得ることができません。

ヘアマックスを使っても効果を実感できなかった人は、ヘアマックスを正しく使い続けていなかった可能性があります。

 

ヘアマックスは低出力レーザーを利用した薄毛治療のひとつです。

 

例えばサプリメントは用法・容量などは決まっていません。1日に1粒といった大まかな使用料が指定されているだけ。

ですが、糖尿病の薬や高血圧の薬は1日2回といった明確な使用量が決められています。なぜなら、それは治療のための服用だからです。正しく服用しなければ、しっかりとした効果は得られないのです。

ヘアマックスは単なる薄毛対策とは違う、本格的な薄毛治療法です。

レーザーが上手く頭皮に当たっていなかった、使う時間が短すぎた、使う回数を間違っていた…そんな風に正しく使っていなければ治療効果は見込めません。

ヘアマックスは添付された説明書に記載された正しい使い方をすることで、最大限の効果を発揮するのです。

逆に言えば、正しく使わなければ最大限効果を引き出すことは不可能ということですね。

②ヘアマックスを短期間使っただけで判断している

ヘアマックスを使って髪の毛に変化を感じるまでには、最低でも3~4か月程度かかります。

人によっては、薄毛改善を実感できるまで半年や、それ以上かかる人もいるかもしれません。

まずは、ヘアサイクルが正常化していき、その後に新しい髪の毛が生えてくるので、発毛を実感するまで時間がかかるのは当然です。

「ヘアマックスが効果ない」と発言している人は、ヘアマックスを使って1~2か月程度で判断を下している可能性があります。

臨床試験のデータでもわかる通り、最低でも16週間(4か月)は使い続けて判断して欲しいですね。

③初期脱毛が起きて使用を止めてしまう

ヘアマックスは毛母細胞を活性化させ、髪の毛の細胞分裂を促進させます。

その結果、ヘアサイクルが正常化して太くてしっかりとした髪の毛が生えてきます。

ですがその強い発毛効果ゆえに、ほとんどの場合に「初期脱毛」が発生します。

初期脱毛はヘアサイクルが健康的になっていく過程で、フニャフニャで細い髪の毛が抜けてしまうこと。

でも、いったんは抜けるものの、新しい強い髪の毛が毛根から再び生えてきます。

つまりヘアマックスを使用し続ければ、約3か月以内に抜け毛が増えると感じる可能性があります。

もし初期脱毛というヘアサイクルのシステムを知らなかった場合、そこで「やばい!ヘアマックスで逆に抜け毛が増えた!!」と使用を中止してしまうかもしれません。

ですが、初期脱毛はヘアマックスの育毛効果が得られている証拠です。

そこで使用を中止してしまったら、今までつかってきた苦労が水の泡。諦めずに使い続けることが大切です。

 

「ヘアマックスまったく効かなかったよ!」という感想を持つ人の中には、この初期脱毛の期間に使用を中止してしまった方が多く含まれているのではないでしょうか。

④薄毛が進行しすぎている

多くの薄毛は中年頃始まり、老年期に入るころにはツルッパゲになっていきます。

基本的で、とても大事なことなのですが、薄毛というのは進行性です。

1年後、3年後、10年後…だんだんと薄毛の範囲が広がっていくのと同時に、毛根が委縮してしまい再生が困難になっていくのです。

ヘアマックスを使っても発毛効果が得られなかったとしたら、薄毛が進行しすぎているのかもしれません。ヘアマックスは低出力レーザーの力で毛母細胞を活性化させますが、そもそも毛母細胞に発毛の力が残っていなかった可能性が考えられます。

完全に髪の毛が抜け落ちてしまった部分への育毛効果は期待できないといっていいでしょう。それはヘアマックスだけでなく、多くの他の育毛方法にも言えることです。

⑤そもそも薄毛の原因が違う

ヘアマックスは男性・女性にかかわらず、毛母細胞を活性化させることで薄毛を止め、発毛を促す効果があります。

ですが、根本的に薄毛原因が「毛根の衰え」ではない場合は、その効果を実感できないでしょう。

例えば円形脱毛症です。

円形脱毛症は免疫機能のトラブルが原因で発症すると考えられています。ヘアマックスで毛母細胞を活性化させても、血液中の免疫が毛根を攻撃するのを止めることはできません。円形脱毛症には円形脱毛症の治療法があるので、医療機関を受診して適切な治療を行う必要があります。

それ以外にも、内服薬の副作用による脱毛、ダイエットによる極度の栄養不足が原因の脱毛や、過剰なストレスによる精神性の脱毛などにも効果を発揮しないと考えられます。

⑥体質的に効果がない

ヘアマックスで発毛を実感できた人は、臨床実験の結果では93%となっています。ということは、逆に言えば7%の方には薄毛改善効果が現れなかったということになります。

ヘアマックスの効果を検証した別の論文では、32人の薄毛に悩む男女に協力してもらい、2年間ヘアマックスを使い続けてもらいました。その実験の結果、32人中8名が劇的に改善し、20名に中程度の改善がみられ、4名には何の効果も表れませんでした。

32名中4名、つまり全体の12%にはヘアマックスが効かなかったということになります。

このことから、だいたい1割程度の人にはヘアマックスが効かない可能性があります。「ヘアマックスを使ってみたけど、ぜんぜん効かなかった」そんな人は、体質的にヘアマックスが効かない1割に入ってしまっていた可能性があります。

ヘアマックスを使っても効果がない人の特徴

では、ヘアマックスを使っても薄毛改善効果が得られないであろう人物の特徴をまとめてみましょう。

  • 1週間に3回、しっかりと使い続ける継続力がない人。
  • 薄毛が進行しすぎている人。
  • 初期脱毛で使用を中止してしまう人
  • 円形脱毛症などが原因で脱毛している人。
  • 体質的にヘアマックスが効かない7%の人。

これらに当てはまる人は、ヘアマックスを使っても薄毛改善効果を得ることは難しいでしょう。

 

逆にいえば、AGA(男性型脱毛症)の初期中期、FAGA(女性の髪の毛全体が薄くなる脱毛症)などの症状であれば、まだまだ十分にリカバリー可能。特に薄毛は初期であればあるほど、ヘアマックスを使った発毛の確率は高くなり、改善までの期間も短くなります。

ヘアマックスを継続して使い続ける努力を怠らない人であれば、使用後数か月で発毛効果を実感できるできるでしょう。

注意ポイント

ヘアマックスは使用者の93%に発毛効果が認められており、もしまったく効果がなかったのであれば使い方や薄毛原因などの要因が考えられる。

ヘアマックスは他の薄毛治療法よりも優れているのか?

先ほど説明した通り、本当に効果のある薄毛治療法は限られています。

誰でも簡単に購入できる育毛剤や育毛サプリメントなどは、その効果が緩やかで薄毛治療法のひとつとは言えません。

ですが、低出力レーザーを使った薄毛治療にはれっきとした薄毛改善効果があります。これについては、アメリカFDAの臨床試験や、日本皮膚科学会の見解をみればわかるとおりです。

そんな低出力レーザー育毛器ヘアマックスですが、では内服薬や外用薬などの他の薄毛治療法と比べてどれくらい有効なのでしょうか?

 

それを指し示す面白い研究論文を紹介します。

2017年にニューファンドランドメモリアル大学の研究チームが、育毛に関する論文のメタ分析を行いました。

メタ分析とは「分析を分析する」という意味。

ひとつひとつの研究は、やっぱり研究者の主観が入ってしまうもの。たくさんの論文を集めてメタ分析を行えば、研究者個人の主観を取り除き、客観的に分析することができます。

メタ分析の結果は必然的に科学的な意味で信頼のおけるものになるのです。

 

つまり、たくさんある育毛に関する論文のメタ分析を行い、本当に有効な育毛治療法を調べようとしたわけですね。

具体的に調べられたのは、アメリカのFDAで育毛効果アリと承認されている下記の育毛法。

  • ミノキシジル5%(男性)
  • ミノキシジル2%(男性)
  • ミノキシジル2%(女性)
  • 低出力レーザー育毛(ヘアマックス)
  • フィナステリド1mg内服

それぞれの育毛法に関する論文を調べた結果導き出された、育毛効果の優れた治療法ランキングがこちらです。

男性の薄毛治療法ランキング

1位:フィナステリド1mg 18.37本/1㎠

2位:低出力レーザー 17.66本/1㎠

3位 ミノキシジル5% 14.94本/1㎠

4位 ミノキシジル2% 8.11本/1㎠

なんと低出力レーザーがミノキシジル外用よりも効果的という結果に!!

ミノキシジル配合の発毛剤といえば大正製薬の発毛剤リアップが有名ですが、ヘアマックスはリアップよりも発毛力が強いという結果になりました。これはかなり意外な結果ですね。

フィナステリドよりは発毛効果がないという結果になったものの、フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)にしか効果を発揮しなかったり、副作用のリスクもあるというデメリットもあります。

トータルで考えると低出力レーザーを利用した薄毛治療法はかなり優秀だと言えるでしょう。

 

次は、女性の薄毛治療についてです。

女性は副作用の危険があるため、薄毛治療の内服薬の処方は禁忌とされています。なので、育毛クリニックに行ってもフィナステリドは処方してくれません。

女性の薄毛治療法の選択肢は、男性よりも限られているのです。

そんな女性の薄毛治療法のランキングがこちら。

女性の薄毛治療法ランキング

1位:低出力レーザー 20.2本/1㎠

2位:ミノキシジル2% 12.41本/1㎠

(ニューファンドランドメモリアル大学の論文では女性に対する低出力レーザー育毛については検証されていませんでした。なので低出力レーザー育毛器の20.2本/1㎠という数値はこちらの論文から参照しています)

男性の薄毛治療法において、ヘアマックスは素晴らしい効果を発揮したものの、医療機関で処方されるフィナステリドの方が少しだけ効果が高いという結果になりました。

ですが女性にとっては、育毛クリニックも含めたすべての薄毛治療の選択肢の中で低出力レーザー育毛法が最も優れているという結果になりました。

 

このことから、ヘアマックスを利用した薄毛治療が男性にも女性にも、とても有効な選択肢であることがわかりますね。

注意ポイント

薄毛治療に関する論文のメタ分析の結果、低出力レーザーを使った薄毛治療は他の薄毛治療法よりも優れていることが証明された。

ヘアマックスを割安に購入するには?

ヘアマックスは正規代理店のみが販売しており、一般的な量販店では取り扱はありません。

そんなヘアマックスを安く購入する方法や選び方を紹介します。

 

ヘアマックスは搭載された照射口に数によって数種類の機種があります。

まずは、それぞれの特徴や価格について簡単に紹介します。

ヘアマックスはレーザー照射口が82個も搭載された「レーザーバンド82」が最高級機種で、一番人気があるのもこのレーザーバンド82となっています。

1週間に3回、1日の使用はたったの90秒で済みます。

価格は108,900円です。

ウルティマ12は12個のレーザー照射口を持っていて、手にもって使用するタイプのヘアマックスです。

こちらは1日8分間の使用を想定しています。1週間に3回使用するのは同じです。

価格は71,400円です。

プリマ9はヘアマックスシリーズの中で一番割安の38,400円で購入することができます。

最も軽くて扱いやすく女性にもオススメ。

ただしレーザー照射口が9個なので1日の使用時間が11分と、かなり長めなのが難点。とはいえ、テレビを見たり読書をしながら、手軽い薄毛治療を行うことができるでしょう。

 

ヘアマックス・シリーズの違いは照射口の数だけであり、それによって使用時間が変わってきますが、その育毛効果には違いがありません。

安いからといってダメというわけではありませんが、レーザーバンド82は1日たったの90秒なので継続して使いやすいというメリットがあるでしょう。

1日の使用時間 価格
レーザーバンド82 90秒 108,900円
ウルティマ12 8分 71,400円
プリマ9 11分 38,400円

ヘアマックスシリーズは安いものは3万円台から購入できますが、高いものは10万円とちょっとかかります。

中には「ちょっと高いな~」と思った方も多いと思います。

ですが、冷静に考えるとそれほど高くないことがわかります。

 

育毛剤やスカルプシャンプーに毎月1万円程度かけているとしたら、1年で12万円の出費になってしまうでしょう。

何年も育毛剤を使い続けたら、何十万円にもなってしまいます。それは育毛クリニックでの薄毛治療にも同様の事が言えます。

ですが、ヘアマックスは一度買ってしまえばかかるのは電気代だけで、何年もず~っと使い続けられます。

もちろん、永遠に使い続けられるわけではありませんが、厳しい耐久試験をクリアして製造されているので、その製品寿命は10年~15年くらいとしています。

もし仮に10年使い続けるとしたら、10万円のヘアマックスを購入したとしても1年で約1万円の出費。毎月1000円以下で使い続けられることになります。使い続ければ使い続けるほど、消費対効果が高くなるといっていいでしょう。

変に高くて効果があるかわからない育毛剤を使うよりも、よほど確実でリーズナブルと言えるのではないでしょうか。

公式サイトから購入すれば2年間の保証期間もあるので、初期不良などの心配もありません。

注意ポイント

ヘアマックスは育毛剤や育毛サプリ、育毛クリニックへの通院と比べても、長い目で見ればかなり割安で行える有効な薄毛治療法である

ヘアマックスを割安に購入する方法

ヘアマックスは現在、Amazonで購入することができますが、価格が割高です。

もっと割安に購入するには公式販売サイトを利用するのが一番。

というのも、現在ヘアマックスを通常価格よりももっと割安で購入することができる特別キャンペーンを行っているから。

このキャンペーンをうまく利用すればさらにお買い得に購入できます。

割安に購入するための方法はこちらで説明しています→期間限定でヘアマックスが8%割引キャンペーン実施中!その育毛効果と申し込み方法について。

ヘアマックスの特徴まとめ

  • 日本皮膚科学会がオススメしている
  • しっかりとした臨床試験のデータがある
  • 他の薄毛治療法よりも優れた発毛効果を持っている
  • 長く使えば使うほどリーズナブル
  • 1日に数分~10分程度しかかからないので使いやすい
  • 育毛剤や頭皮マッサージと並行して利用することもできる

ヘアマックスには他の育毛方法にはない、このようなメリットがあります。

確かにヘアマックスで変化を実感できなかったという人もいるでしょう。

ですが、1週間に3回を半年、必ず継続して使い続けられるという人であれば、とても有効な育毛法なのではないでしょうか。

注意ポイント

ヘアマックスは当サイトで紹介している「割引クーポン」を活用することで、公式販売サイトから通常販売価格よりも安く購入することができる。

↓ヘアマックス正規代理店の販売サイトはこちらです↓

414 x 362 Laser Band

☆オススメ記事
☆スポンサーリンク

-低出力レーザー薄毛治療について
-

Copyright© 育毛100!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.