育毛・発毛クリニック情報

ハミルトン・ノーウッド分類や高島分類で判断する適切な薄毛治療の方法とは??

更新日:

自分の頭髪を見て、どれくらい薄毛になっているのか心配になることがあります。

そんな時に薄毛進行の基準となるのが、欧米で作成された「ハミルトン・ノーウッド分類」です。

ハミルトン・ノーウッド分類は薄毛の形状に沿って、進行度合いをわかりやすく確認できます。育毛クリニックの医師も参考にする、なが~い歴史を持った分類です。

ハミルトン・ノーウッド分類の内容と、その進行によって変わってくる薄毛治療法について紹介します。

スポンサーリンク

ハミルトン・ノーウッド分類とは?

薄毛の進行をイラストでわかりやすく表現した「ハミルトン・ノーウッド分類」は、欧米人(白人)のハゲを基本に作られています。

分類は進行度合いによって数字で表され、ハゲげいない「1」から、つるっぱげの「7」まで、類型を含めて12種類に分類されています。

 

実は、欧米人と日本人のハゲ方には少しだけ”差異”があります。

欧米人は前頭部から薄くなっていくパターンが多いのですが、日本人は前頭部よりも頭頂部から薄くなっていくパターンの方が多く見られるのです。

そのため、ハミルトン・ノーウッド分類はそのまま日本人に当てはまるものではありません。

 

そこでハミルトン・ノーウッド分類を日本人向けにアレンジしたものが高島分類になります。

日本人向けに開発された高島分類

高島分類でのAGA(男性型脱毛症)発展様式 

  • Non-Bald=ハゲていない
  • Bald=ハゲている
  • Vertex=頭頂部

高島分類はハミルトン・ノーウッド分類に、日本人に多いVertex(頭頂部)からのハゲをプラスしたものです。

 

「1」「2」「2-a」はNON-Bald、つまりまだハゲていない。

2-頭頂部からはBlad、つまり初期の薄毛ということになります。

分類別にみる薄毛治療

ハミルトン・ノーウッド分類も高島分類も、薄毛の進行度合いを数字で表しています。

1がまったくハゲていない状態で、数字が増えるごとに薄毛が進行し、7で波平さん状態になります。

薄毛の進行度合いによって変わる「薄毛治療」の内容を紹介します。

初期の薄毛

ハミルトン・ノーウッド分類で1~2くらいの薄毛であれば、市販の育毛剤やサプリメントでもある程度の効果が得られるでしょう。

前頭部がちょっと後退してきた状態。また、頭頂部が薄くなり始めている状態ですね。

中期の薄毛

ハミルトン・ノーウッド分類で3~5は、かなり薄毛が進行してきた状態です。これくらいの薄毛になると、フィナステリド(プロペシア)を服用するのが効果的です。

フィナステリドは前頭部の薄毛よりも、頭頂部の薄毛改善に効果を発揮します。日本人は頭頂部の薄毛が多いので、欧米人よりもフィナステリドが効果的ともいえるでしょう。

また、分類の5まで進行してしまうと、フィナステリドだけでは発毛は難しくなるかも知れません。その場合はフィナステリドとミノキシジルを併用することで発毛の確率を上げることが出来ます。

その他にも頭皮に有効成分を注射する「ハーグ療法」など、育毛クリニックによって様々な薄毛治療法があります。それらを有効に利用するれば、さらに薄毛の改善も期待できるかもしれません。

後期の薄毛

ハミルトン・ノーウッド分類の6以降、つまり前頭部と頭頂部の薄毛が繋がってしまうと、フィナステリドを使っても、他の薄毛治療を行っても、薄毛の改善はかなり難しくなります。

ここまで進行してしまった場合は、フィナステリド(プロペシア)を服用してもほとんど効果は見られません。

自毛植毛カツラなどが確実で適切な薄毛改善法になります。

まとめ

段階ごとの薄毛治療方法をみれば一目瞭然ですが、薄毛治療は早ければ早いほど、発毛の確率が高くなりますし、治療の選択肢が増えます。

薄毛の初期の段階で、毎日育毛剤を使う。

より確実に育毛クリニックに無料相談に行ってみる。

 

もし前頭部の薄毛と頭頂部の薄毛が出会ってしまったら…もはや手遅れの可能性が高いでしょう。

薄毛を改善するには、おでこと頭頂部が出会うその前に何らかの手を打っておかなければならないのです!!

おすすめ記事


 

☆男性のおでこや頭頂部からくる薄毛対策に戻る

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛・発毛クリニック情報

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.