育毛剤の知識

市販の育毛剤を色々と試しても髪の毛が生えてこない理由。

更新日:

薄毛に悩み、新しい育毛剤を使っては、効果がないと使うのを止め、また違う育毛剤を使い始める…。

だけど、薄毛はまるっきり改善されない。

そんな繰り返しのなかでこう思うかもしれません。。

「育毛剤なんてのは、詐欺商品だ!髪の毛が生えてくるなんてぜんぶ嘘だっ!!」

…と。

 

でも、それって間違いかもしれません。

今回はたくさんの育毛剤を使っても、薄毛が改善されないときに考えられる理由を紹介します。

スポンサーリンク

なぜ育毛剤を使っても髪の毛は生えてこないのか!!?

確かに一昔前は、いい加減な成分が配合された、効果の薄い育毛剤がたくさん販売されていました。

ですが、育毛・ヘアケア業界の市場規模は年々大きくなり、それと同時に薄毛のメカニズムが解明されたり、育毛効果のある成分もたくさん発見されてきました。

育毛剤は昔よりも確実に効果的になっており、着実に進化しているのです。

では、なぜそれでも”育毛剤を使って髪の毛が生えない”という悩みがこんなにも多いのでしょうか?

考えられる理由を紹介します。

育毛剤の使い方を間違っている

育毛剤はしっかりと使用方法を守らないと、その発毛効果を十分に得られません。

1日1回の塗布でいいのか、それとも2回なのか、いつ塗布するのが効果的なのか、使用方法の注意事項を守るのが大事です。

育毛剤を塗布するのは、基本的にお風呂に入った後の就寝前です。

睡眠中は成長ホルモンがたくさん分泌され、髪が育つとても大事な時間だからです。もし夜ではなく毎朝、1日1回だけ育毛剤を使っていたりすれば、その育毛効果は十分に得られないでしょう。

育毛剤を使い続けていない

育毛剤に限らず、薬でも漢方薬でもサプリメントでもそうですが、使い続けなければ十分な効果は得られません。

数か月、時には何年も継続して使用するからこそ、やっと効果が表れるのです。

昨日は育毛剤を使ったけど、今日は忘れた…というように、使用にムラがあると、どんなに効く育毛剤を使ったとしても発毛効果は得られないでしょう。

さらに髪の毛には「育毛サイクル」というものがあり、効果的な育毛剤を使ったからといってすぐに髪が生えてくると言うわけにはいきません。

育毛効果を実感するまで、最低でも3か月~半年程度の期間が必要です。

「1か月、毎日使ってるのに、髪の毛が生えてこない!」

というのは当然の話で、育毛効果を得るにはそれでも使い続けるしかありません。

1~2か月使って効果を得られず、他の育毛剤を使ってみる…この繰り返しよりも、信頼のおける育毛剤をじっくりと長期間使ってみる方が、薄毛が改善される可能性は高いでしょう。

オススメ記事:生え際や頭頂部からの薄毛にオススメな男性用育毛剤ランキング

初期脱毛の段階で使用を中止している

本当に効果的な育毛剤を使用すると、乱れたヘアサイクルが正常なサイクルに戻ろうとします。

その途中で一定期間、髪の毛が抜ける本数が増える場合があります。

ヘアサイクルは「成長期→退行期→休止期」を繰り返していますが、そのサイクルが乱れていると成長期がやたらと短く、退行期が長くなり、髪が成長しきらずに抜けて休止期になってしまいます。

効果的な育毛剤を使うと、そのサイクルが正常に戻ろうとする作用で退行期にある細くて弱々しい髪の毛が抜けてしまう場合があります。

育毛剤を使い始めたら抜け毛が増えたので不安…というなら、抜けた髪の毛をよく観察してみてください。その髪の毛が細くて短くてコシのない髪の毛ばかりなら、それは初期脱毛の可能性があります。

そこで使用を中止せず、使い続けてみましょう。

生活習慣が乱れている

当然のことながら、育毛剤を使っていれば髪が生えてくると言うことはありません。

寝不足が続いていたら薄毛の原因になりますし、強いストレスも、脂肪分の多い食事も抜け毛の原因になります。

もし育毛剤を使っても髪の毛が生えてこないのなら、その原因は生活習慣や食生活の乱れかもしれません。

もちろん完璧な生活を送ることなんてできないかもしれませんが、生活習慣と食生活を健康的に改善するのは育毛にとってとても大切です。

栄養のあるものを食べて、ストレスなくよく眠る生活をしていれば、育毛剤を使わずとも自然に髪の毛が増えてくる可能性すらあるのです。

育毛剤が体質に合っていない

育毛剤が自分の体質に合っていない場合も考えられます。

育毛剤を使い続けて頭皮が赤く炎症を起こしたり、痒みがあったり、フケが多くなったりしたら、それは体質的に育毛剤の成分が合っていない可能性があります。

もしそんな症状が少しでもでたら、すぐに使用を中止した方がいいでしょう。

 

それでも髪の毛が生えてこない場合の2つの対策

生活習慣もしっかりと管理している。育毛剤も毎日欠かさず使用している。それでもやっぱり育毛剤が効かないという場合は、どうすればいいでしょうか?

方法は2つ考えられます。

①低出力レーザー育毛器を併用する

低出力レーザーを利用した育毛器を購入すれば、育毛クリニックで受けられるレーザーを使った薄毛治療を自宅で行えます。

この低出力レーザーの発毛効果は、アメリカでも数々の臨床実験で証明されています。レーザーだけではなく育毛剤を併用することで、発毛効果がアップすることもわかっています。

今まで通り育毛剤を使い続け、プラスアルファとして低出力レーザー育毛器を使用すれば、相乗効果で髪の毛が生えてくるかもしれません。

オススメ記事:発毛率93%!究極のレーザー発毛器「ヘアマックス」の効果と使い方。

②育毛クリニックの診察を受ける

自己判断で行っている育毛活動も、専門家の診察や治療で劇的に改善する可能性があります。

育毛クリニックでは飲む育毛剤であるプロペシアやザガーロなどを処方してくれますし、頭皮に有効成分を直接注射するハーグ療法なんてのもあります。

自毛植毛という選択肢も、薄毛治療には有効な方法のひとつです。

独自の育毛技術を提供しているクリニックも多くあり、様々な症状に対応してくれるでしょう。

オススメ記事:正しい育毛・発毛クリニックの選び方は?気を付けたい3つのポイント。

 

ビタミンのサプリメントを飲んで「健康になった!」と実感できる人はいるのでしょうか?

きっとサプリを飲むことでの体長の変化は、とても微妙で、自分では気づきずらいのでしょう。毎日自分の髪の毛が伸びたと実感できる人がいないように。

同様のことが育毛剤にも言えます。

毎日使ったとしても、その効果や頭皮の変化はとても小さく微妙です。

ですが、諦めずに使い続けることが、薄毛を改善するのに最も大切なことなのではないでしょうか。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛剤の知識

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.