育毛・発毛クリニック情報

血液ドーピングで育毛!最新の薄毛治療「PRP療法」とは?

更新日:

薄毛治療は日進月歩で進化し続けています。

飲むことで効果を発揮する錠剤タイプの育毛剤、栄養を直接頭皮に注射して発毛を促す方法、レーザーを照射することで薄毛治療する方法などなど。

そんな治療方法のひとつに、自分の血液を使って薄毛治療を行うPRP療法というものがあります。

どのような治療方法なのでしょうか?

スポンサーリンク

自分の血液を使ったPRP療法

オリンピックなどでアスリートのドーピングが度々問題になっていて、ドーピング検査も厳しくなっていますが、そんな中でも最もバレにくいのが自分の血液を使ったドーピング法です。

本番の前に自分の血液を採血して保管しておきます。採血しても一時的に血液量は減りますが、数日~数週間で全体の血液量は元に戻ります。

そうして、採取した自分の血液を、運動する前に輸血するのです。自分の血液を自分に戻すだけなので拒否反応は起きませんし、とってもバレにくい。血液量がアップすると運動のパフォーマンスも上昇します。

これは血液を使ったズルですが、それと似たような方法で事前に自分の血液を採血しておき、それを利用した育毛方法があります。

それがPRP療法と呼ばれる方法です。

 

PRP療法のPRPは血小板血漿(プレートレットリッチプラズマ)のこと。もともと育毛ではなく、美容と皮膚のアンチエイジングで広く使われてきました。

自分の血液を遠心分離器にかけ、血小板血漿(けっしょうばんけっしょう)を抽出し、それを皮膚に注射します。血小板血漿には様々な成長因子(グロースファクター)が入っていて、傷口からの出血を止めたり、血管や細胞を修復する働きがあります。

血小板血漿を皮膚に注射すると、細胞のコラーゲンやヒアルロン酸の量を増やすことができます。この効果によって、皮膚のシミ・シワの改善が見込めるのです。

 

もし、血小板を頭皮に注射したとしたら?

自分の血液から抽出した血小板が、髪の毛の成長因子を増やし、発毛効果を得られるでしょう。

 

血小板血漿の成長因子によって、乱れたヘアサイクルが整い、髪の毛が成長しきらずに抜けてしまう負のサイクルが改善されるのです。

自分の血液を使うので、副作用も拒否反応もアレルギーもありません。

男性も女性、どんな薬を服用していたとしても、安心して行うことができます。

オススメ記事:加齢による17型コラーゲンの減少が薄毛の原因に!その理由と対策について。

薄毛治療のためにPRP療法を受けるには?

PRP療法は医療機関でうけられますが、すべての育毛クリニックが提供しているわけではありません。

厚生労働省に承認を受けた医療機関でのみ提供が可能です。

育毛クリニックはたくさんありますが、PRP療法を提供してくれるところはわずか。それぞれの医療機関のホームページをチェックして、行っているかを確かめてみましょう。

☆オススメ記事

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛・発毛クリニック情報

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.