ハゲの雑学

育毛と薄毛の都市伝説は間違いだらけ!?正しい知識で正しく育毛しよう!

投稿日:

「わかめを食べると髪が生える」「髪を剃ると生えてくる」「ハゲは絶対に遺伝する」

そんな髪の毛に関する都市伝説は、みさなんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

確かに”言い伝え”とか”おばあちゃんの豆知識”とかには、長い歴史の中で培ってきた経験やノウハウが詰め込まれています。

ですが、こと育毛や薄毛の都市伝説になると、間違った知識がいっぱい!!

今回は、髪の毛に関する様々な都市伝説を取り上げ、その正しい知識を紹介したいと思います。

育毛と薄毛に関する7つの都市伝説

ではさっそく、まことしやかにささやかれている育毛都市伝説の間違いを、バッサバッサと切っていきたいと思います。

 

「頭皮は熱に弱いからドライヤーを使うとハゲる!自然乾燥の方がいいよね!!」

→間違い!

確かに高熱でず~っと同じ頭皮を加熱したら、毛根にダメージになりますが、常識の範囲内でドライヤーを使っていれば頭皮を痛めることはありません。

それよりも、自然乾燥の方が危険!

頭皮が湿っていると雑菌が繁殖する原因になりますし、濡れたままの髪の毛はとてもダメージを受けやすい状態になっています。

完全にカラカラに乾かすのではなく、適度に水分が残るくらいにドライヤーを使うのが正解です。

 

「シャンプーはいらない!だって、髪を洗ってなくても薄毛になっていない人はいるじゃん!」

→間違い!

確かに原始人は髪の毛を洗っていないけどハゲていません(多分)し、ず~っと髪を洗っていない現代人でもボッサボサの剛毛はいます。

ですが、だからといって洗髪をしなかったら、薄毛リスクは高まります。スカルプシャンプーは常に進化していますし、髪の毛は毎日洗った方が絶対に薄毛予防になるでしょう。

だいいち、髪が臭かったらみんなに嫌われて、そのストレスでハゲるかもしれません。

 

「髪の毛は剃ると、毛根への刺激になって生えてくるんですよね!」

→間違い!

これも昔から言われていますが、実際は間違いです。なんでこんなデタラメな都市伝説が生まれたかというと、「髪の毛を剃ると毛髪の断面が円形に揃うので、髪が濃くなったように見えるから」という説が有力です。

髪を剃った刺激で血行促進効果があるってわけでもありませんし、この都市伝説は間違いです。

 

「髪の毛を生やすにはとにかくわかめ!わかめを山盛り食べてます!!」

→間違い!

わかめや海藻類を食べたからと言って髪の毛は生えてきません。というか、これを食べたら髪が生えてくる!というような食品は存在しません。

髪に良い、育毛効果がある、といわれる食品は数多く存在しますが、あくまでもサポート的な役割であり、ダイレクトに髪が生えてくるわけじゃないのです。

一説には、海中を漂うワカメの見た目が黒々とした髪の毛に見えたため、そこから「ワカメ=豊かな髪の毛」という伝説が生まれたそうです。

スポンサーリンク

ただし、ワカメや海藻類にはたくさんの髪に必要なミネラルが豊富に含まれています。育毛活動の一環としてワカメを食べるのは、決して間違いではありません。

 

「親父がハゲてるから、オレも将来ハゲるに違いない!!絶望した!!」

→間違い!!

 

親父がハゲていても、息子がハゲるとは限りません。

なぜなら、ハゲの遺伝子は母方の家系からの影響が強いから。自分がハゲの遺伝子を持っているかどうかは、父親ではなく母親や母方のおじいちゃんがハゲているかを確認した方が確実です。

また、たとえハゲの遺伝子を持っていたとしても、生活習慣を改善したり、質の良い育毛剤を使ったりすれば、薄毛を予防することは十分に可能です。

関連記事:母方?父方?薄毛やハゲの遺伝はどちらの影響が強いのだろうか?

 

「頭皮をブラシでトントン叩けば、血行促進効果で髪の毛が生えるんですよね?」

→間違い!!

ひと昔前は、頭皮を叩くための専用ブラシが販売されていました。(自分も持っていました…)

先が毛束になっていて、プルプルと震える弾力のあるブリップになっているんですよね。

でも今はまったく見なくなりました。

それは科学的にもそんな育毛法が間違っているとわかったからです。ブラシでトントン頭皮を叩いても、頭皮を傷つけるだけで育毛効果がないばかりか、逆効果にすらなってしまうのです。

頭皮をトントン叩くのではなく、普通のブラシで普通にブラッシングした方が、頭皮の血行も促進されて育毛効果を得られるでしょう。

関連記事:頭皮を針で叩くという育毛法は効果があるのか?やっていい人と悪い人を紹介。

「育毛剤なんてムダムダ!どうせハゲは遺伝で決まってるの!なにやっても無駄なのっ!!」

→間違い!!

今、薄毛は治る病気になっています。

テレビのCMで「AGAは病院に!」なんて盛んに流れていますが、病院や育毛クリニックで薄毛治療すれば、たとえ遺伝的な薄毛でも殆どの場合は改善することができます。もちろん、人によって発毛効果に差は現れますが。

飲む育毛剤から、低出力レーザーを使った薄毛治療、頭皮に直接注射する発毛法なんかもあります。育毛の技術は常に進歩しているのです。

それに、昔はアヤシイ商品も多かった育毛剤ですが、最近では進化していて本当に効果的なものもちゃんとあります。

「遺伝的はハゲは何やっても無駄!」という考えは、一昔前の常識なのです。

関連記事:AGA(男性型脱毛症)の薄毛を本気で対策するなら、なぜ育毛クリニックに行かなければならないのか?

育毛にまつわるアヤシイ情報に惑わされないことが大事!

いかがでしょうか?

薄毛や育毛を取り巻く”アヤシイ情報”はたくさんあります。

そんなウソかホントかわからない都市伝説を鵜呑みにせずに、正しい知識を身に着けましょう。

そうすれば、正しい知識で正しく育毛することができると思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ハゲの雑学

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.