ハゲの雑学

ハゲ・薄毛の多い国、少ない国ランキングから読み解くハゲ対策!!

更新日:

ハゲや薄毛が多い国ランキングを紹介します。

ハゲの多い国にはどんな原因があるのか?少ない国では?日本はどれくらいなんだろう?

世界のハゲ事情のついて探っていきましょう。

世界のハゲ・薄毛が多い国ランキング!

1 チェコ(プラハ) 42.79% 158万人
2 スペイン(マドリッド) 42.60% 650万人
3 ドイツ(フランクフルト) 41.24% 1263万人
4 フランス(パリ) 39.10% 787万人
5 アメリカ(NY/LA/シカゴ) 39.04% 4027万人
6 イタリア(ミラノ) 39.01% 874万人
7 ポーランド(ワルシャワ) 38.84% 505万人
8 オランダ(アムステルダム) 37.93% 216万人
9 カナダ(モントリオール) 37.42% 441万人
10 イギリス(ロンドン) 36.03% 760万人
11 ロシア(モスクワ) 33.29% 1623万人
12 オーストラリア(シドニー) 30.39% 208万人
13 メキシコ(メキシコシティ) 28.28% 811万人
14 日本(東京) 26.05% 1293万人
15 中国(香港) 24.68% 61万人
16 シンガポール(シンガポール) 24.06% 41万人
17 タイ(バンコク) 23.53% 476万人
18 マレーシア(クアラルンプール) 22.76% 152万人
19 台湾(台北) 22.59% 175万人
20 韓国(ソウ讃) 22.37% 337万人
21 中国(上海) 19.04% 8876万人

参照元:株式会社アデランス「世界の成人男性薄毛率」調査結果より

 

なんと1位はチェコのプラハ。東洋と西洋のほぼ中間地点に位置していて、いろんな文化の入り混じるおとぎの国のような雰囲気の街です。

日本はというと、14位にランキングしています。世界中のすべての国を対象にしたランキングではないですが、人口に対するハゲ率はほぼ真ん中あたりなのでしょう。

オススメ記事:薄毛になりやすい職業ランキングと早死にする職業ランキングからわかるストレスの脅威について。

ハゲる国とハゲない国の違いとは?

遺伝的要因

ランキングを1位から見ていきます。チェコ、スペイン、ドイツ、フランス、アメリカ、イタリア…。

ひとつ気づくことがありますね。

それは「白人の国」という事。

逆にランキングの下には「黄色人種」の国が並んでいます。

また、ハゲている「黒人」というのもあまり見たことがない気がします。

つまり人種的に白人は、東洋人や黒人よりもハゲやすい遺伝的体質を持っているのです。

食事の内容

ベスト3のチェコ、スペイン、ドイツ…まったくもって勝手なイメージですが、その食生活は「ガッツリ肉食!ビールをたらふく飲む!」というもの。

なんとも高カロリーで脂質が高く、健康にも髪にも悪そうです。

対して中国、韓国、台湾や東南アジアの国々…まったくもってイメージですが、肉を喰らってビールを飲む!というよりも穀物や野菜、フルーツをたくさん食べているような気がします。

スポンサーリンク

また、中国、韓国、東南アジアは辛い食品が多いですね。韓国のキムチとか。

一説には東南アジアは水の質が悪く、その為食事の味付けがスパイシーになったと言われています。辛い味付けにすることで、水のまずさを誤魔化していたのです。また、寿司にわさびがあるように、様々な香辛料は食中毒の予防効果もあったのかもしれません。熱い国では食物が腐りやすいですからね。

問題はたくさん使われている香辛料。唐辛子のカプサイシンには育毛効果のあるIGF-1を増やす効果があると言われています。ひょっとしたら、こどもの頃からから~い食べ物を食べることが薄毛やハゲを予防しているのかもしれませんね。

 

カプサイシンの育毛効果についてはこちらの記事を参照してください

オススメ記事:育毛に最適!IGF-1とはどういった物質なのか!?IGF-1育毛理論を紹介。

ストレスの影響!?

白人よりは薄毛になりにくい黄色人種ですが、東洋の国の中でも日本はトップクラスにハゲが多い国です。

その理由として考えられるのは、やはり強いストレスなのではないでしょうか?

仕事時間が長く、慢性的な強いストレス、睡眠不足などが重なり、他国よりも薄毛になるリスクが高くなっていると考えられます。

日本に住んでいる限り、ある程度のストレスは避けられません。上手に休息したり、ストレス解消をすることで、薄毛リスクをなるべく減らしましょう。

オススメ記事:ストレスでハゲる理由とは?精神的な影響が身体症状として発現する原因は交感神経あった!

世界ハゲ・ランキングのまとめ

世界ハゲランキング上位を占めたのはヨーロッパを中心とした白人の国でした。逆に中国や東南アジアを中心とした黄色人種の国はハゲ率が低い結果となりました。

日本も世界から見れば、ハゲが少ない方なのかもしれません。

そしてハゲ・薄毛の原因は遺伝的な要因食生活が考えられます。

 

遺伝的な要因はどうしようもないですが、食生活は変えられます。

大切なのは白人のような肉食の生活を止めること。白人はごはんも「野菜」ってカテゴリーらしいですからね。

また、中国や東南アジアの様にカプサイシンがたくさん入った料理をたくさん食べれば、育毛に効果があるかもしれませんね。

もちろん、ヘルシーな日本食もいいです。

 

でも、ブルース・ウィリスとかニコラス・ケイジとか、白人のハゲってカッコいいんですよね。対して黄色人種のハゲはなんかカッコ悪い…。

少なくともライフスタイルは白人を真似しないで、日本人の誇りである黒髪を守りたいものです。

オススメ記事:薄毛に厳しい都道府県ランキングでみる、薄毛男性がモテる秘訣。

☆オススメ記事☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ハゲの雑学

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.