ハゲの雑学

薄毛の原因は水虫!?白癬菌が頭皮に移るのを予防する方法

更新日:

もしあなたの足が水虫になっていた場合、それが原因で薄毛になってしまう可能性があります。

水虫がなぜ薄毛の原因になるのでしょうか?

その理由は水虫の原因であるカビの一種「白癬菌」にあります。

今回は水虫と薄毛の関係を紹介します。

スポンサーリンク

薄毛・脱毛の原因になる白癬菌

水虫は足の皮が剥けたり、指と指の間に水膨れができたりして、とっても痒くなる伝染病です。

その原因は白癬菌と呼ばれるカビの一種。白癬菌が足の裏の角質(ケラチン)をエサに繁殖し、深く根を張ることで水虫が発症します。

その感染経路は家族からが一番多いですが、銭湯の足ふきマットなんかからも感染します。一説には日本人の5人に1人は足水虫に悩まされているともいわれています。

 

この白癬菌ですが、実は足の裏以外にも、皮膚であればどこでも感染する可能性があります。手の平に感染する可能性もありますし、陰部に感染する可能性もあります。足が水虫になりやすいのは、ただ単に靴を履く時間が多いので高温多湿になり、白癬菌が繁殖する環境が整っているからなのです。

体中に感染する可能性がある水虫ですが、特に頭皮に白癬菌が繁殖してしまった場合を「しらくも」と呼びます。このしらくもが薄毛や脱毛の原因になるのです。

頭皮が白癬菌に侵されるしらくもの症状

しらくもになると頭皮に強いかゆみを感じたり、フケがたくさんでたりします。

重症化すると炎症を起こし、頭皮が赤くはれたり、抜け毛が増えることもあります。頭皮を掻きすぎると傷口がカサブタになったり、そこから膿が出てしまうことも。

もし、しらくもの様な症状が出た場合、重症化する前に治療を始めたほうがいいでしょう。

頭皮水虫の予防法と改善方法

基本的に白癬菌はそれほど感染力の強い菌ではありません。一般的には白癬菌が皮膚に付着しても、24時間以内に水で洗い流すだけで簡単に落とすことができるといわれています。

なので、しらくもを予防するには1日に1度お風呂に入ってちゃんと洗髪することが大事。そうすれば、しらくもは高確率で予防できます。

シラクモの原因で多い「トリコフィトン・トンズランス」という白癬菌は24時間よりも早く感染するといわれいます。ですが、1日に1度ちゃんと洗髪すれば、ほとんどの場合は感染を予防できるでしょう。

白癬菌は高温多湿の状態で活発化するので、頭皮を常に乾燥させておくのも大事ですね。

 

次にしらくもの改善方法です。

万が一、頭皮が白癬菌に感染してしまったとしたら、薬で簡単に治るというわけにはいきません。足の水虫と同様に、長期間の治療が必要となってきます。

もしシラクモかもしれないな、と思ったら皮膚科の受診をすることをおすすめします。しらくもかどうかを自己判断するのは結構危険です。しらくもと似ているけど、実はまったく違った病気だったという場合もあります。

(水虫で皮膚科に来た患者の2~3割は水虫ではない他の疾患だったという統計もあります)

ちゃんと頭皮に白癬菌がいるのかどうか、専門家に診断してもらうほうが確実です。頭皮から検体をとって真菌を培養し、顕微鏡で白癬菌を確認するので確実です。

もししらくもでもないのに、しらくもの治療を続けたら、症状の改善どころか悪化してしまうかもしれません。

 

白癬菌の薬は薬局でも売っている「塗るタイプの水虫薬」と、飲んで効く「錠剤タイプの水虫薬」(経口抗真菌薬)があります。

足水虫は基本的に塗るタイプの水虫薬が処方されますが、爪水虫や頭皮の水虫は経口抗真菌薬が処方されることが多いです。そこらへんは、皮膚科の先生の指示を仰ぎましょう。

どちらにしろ、数か月は治療期間が必要になってくると思います。

まとめ

頭皮が痒くてフケが多く、しかも抜け毛が多いのは、頭に白癬菌が繁殖しているからかもしれません。

冬に症状が治まり、夏に症状が強くなるのなら、しらくもを疑ったほうがいいでしょう。

その場合は、自己判断せずに皮膚科を受診したほうがいいです。市販の水虫薬を使うよりも、症状を見てもらって処方された薬を使うほうが確実に早く治るでしょう。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-ハゲの雑学

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.