育毛対策

体温35度台は注意!基礎体温が低いと薄毛になりやすい原因と改善方法。

投稿日:

人間の平均体温は36.5~37.1度です。

「高いな~」と思った人は…ちょっと気を付けたほうがいいかもしれません。

実は今、平均体温が36度以下という方が増えています。体温が低いと身体にいろんな悪影響があるのです。

「体温が低いと風邪をひきやすくなる」なんてのが有名ですが、実は低体温は薄毛の原因にもなるのです。

その理由と、低体温の改善方法をお伝えします。

低体温が薄毛リスクを上げるわけとは!?

人間の平均体温は36~37度と言われていますが、最近では平熱が35度台の人が増えています。

体温が低いからと言って、特に何の影響も感じていないかもしれませんが、体温は体内の免疫や代謝機能と綿密な関係があるのです。

 

平均体温が低いと具体的に3つの弊害があります。

①基礎代謝の低下

②免疫機能の低下

③血流の低下

それぞれの内容を、もう少し詳しく説明します。

基礎代謝の低下

体温が1度下がると基礎代謝が12%低下するといわれています。

基礎代謝は生命維持に必要な消費カロリーのことで、基礎代謝が低下すると太りやすく、脂肪をためやすい体質になってしまいます。

逆に基礎代謝が高いと、運動をしていなくても消費するカロリーが多いので、太りにくい体質になります。

免疫機能の低下

体温が1度下がると免疫機能が30%低下します。

免疫機能が低下すると、ウイルスの抵抗力が下がり、風邪をひきやすくなったり、食中毒になりやすくなったりします。

風邪の時に熱が出るのは、体温を挙げて免疫機能を強化しているため。体温が高いと、外敵から身を守る防御機能も高まるのです。

血流の低下

低体温による血流の低下、これが薄毛を引き起こします。

体温が低くなると、皮膚に張り巡らされた毛細血管の血流が悪くなります。その結果、毛細血管の先まで栄養がいきわたらなくなり、頭皮や肌の新陳代謝が悪化する原因になります。

肌がカサカサになったり、抜け毛が増えたり…そんな肌荒れや薄毛の原因になってしまうのです。

スポンサーリンク

低体温は頭皮の決行を悪化させ、新しい髪を作るヘアサイクルにトラブルの原因になるのですね。

 

頭皮を触ってみて冷たいと感じたら、体温が低くなって血流が阻害されているかもしれません。もし抜け毛が増えたり、肌荒れになっていたり、風邪をひきやすくなっていたりしたら…その原因は平均体温が低すぎるせいかもしれませんね。

平熱を36度台に上げれば、血行が良くなり、その結果抜け毛も減るし、病気に強い体になる可能性があるのです。

もちろん、ダイエット効果や美肌効果だってあります。

平均体温を上げるための方法

抜け毛を予防し、健康な髪を作り出すため、プリプリのみずみずしい肌を手に入れるため、そしてダイエットや病気に強い身体を手に入れるため、平均体温を上げる方法を紹介します。

  • バランスの良い食事をとる
  • 体を温める食物を食べる(冬が旬の野菜など)
  • ストレスをためない
  • ゆっくりとお風呂につかる
  • ぐっすりと眠る
  • 冷房を使いすぎない
  • 冷たい飲み物を飲みすぎない

とまあ平均体温を上げるには、一般的にはこんな方法があります。つまり健康的な生活習慣を送りましょうってことですね。

確かに大事ですが…やっぱり一番大事なのは日常的に運動をするということでしょう。

現代人の平均体温が下がっている一番の理由は運動不足といわれています。

 

しかも体温を上げるには、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動よりも、筋トレのほうが効果的です。

筋肉がついていると基礎代謝が上昇し、平均体温も上昇します。

体を温める食べ物を食べるよりも、しっかりと筋肉をつけるほうが、はるかに即効性があり効果も高いでしょう。

 

もし平均体温が35度台だったとしたら、そしてもし日常的に運動不足だったとしたら、毎日少しでも運動をしたほうがいいでしょう。

平均体温が上がれば、皮膚の毛細血管の血流が増加。その結果、頭皮のコンディションが改善され、薄毛・抜け毛の予防になると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-育毛対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.