育毛・発毛クリニック情報

半年で三千本髪が抜けたトレエン斉藤さんに専門医がオススメするハーグ療法とは?

更新日:

2016年7月5日に放送された「中居正広のミになる図書館」にトレンディエンジェルの斉藤さんが出演しました。

番組では半年で3000本も髪の毛が抜けたというトレエン斉藤さんに、専門医の方が薄毛治療のアドバイスを行いました。

一体どのような治療法を勧められたのでしょうか?

スポンサーリンク

トレンディエンジェル斉藤さんの薄毛が進行している!

ブレイクして超忙しいトレンディエンジェルは、仕事が忙しすぎてまったく休みがない状態。半年に1日しか休みがない状態で、ストレスと過労でがたまる一方。

そのせいか、半年前に比べて明らかに薄毛が進行していると訴える斉藤さん。

 

ストレスとかで、最近異常にその、この半年ですごいハゲちゃったというか。より、前より

 

そこで薄毛治療専門医が登場し、半年前のM-1の時の写真と現在とを見比べた意見を述べました。

「私の見る限り、ここ半年で斉藤さんの髪の毛は、約3,000本は抜けていると思います」

ビフォアー・アフターの写真を比べてみると、半年前はハゲているとはいえ、前頭部に少しだけ髪の毛(産毛)がありました。しかし半年後の写真を見ると、その部分が抜け落ちてツルツルになっていたのです!

このまま何の対策をとらないと、もっと薄毛が進行してしまう可能性があるようです。最悪の場合、あと5年ほどで完全にいっちゃう!という恐ろしい見解が得られました。

そこで先生が斉藤さんに紹介した薄毛治療法が「ハーグ療法」というものです。

薄毛治療のハーグ療法とは?

ハーグ療法は細胞の成長を促す”細胞成長因子”というたんぱく質を頭皮に直接注射することで、ヘアサイクルを正常化させて発毛させようとする治療方法。

頭部の薄い部分に注射することで、その部分に発毛効果が得られます。

トレエン斎藤さんくらい広範囲に薄毛が広がっている場合は、トータルで100回くらい注射する必要があるそう。

「地獄だ…」注射を嫌がる斉藤さん。

ハーグ療法を体験したことのある先生曰く「ちょっとは痛いですけど、我慢できます」とのこと。(クリニックによっては無痛麻酔を使うこともできます)

 

プロペシアやザガーロなどの飲む育毛剤は、飲み続けなければその効果を持続させることができません。しかし、ハーグ療法であれば年1、2回のメンテナンスで発毛効果が持続するようです。

しかも治療半年後の発毛率が、飲む育毛剤よりも高い90%というから驚き。ちょっと痛そうですが、効果はすごそうですね。

 

ハーグ治療法を行っている育毛クリニックはまだまだ少ないです。もし興味がある場合が、お近くの育毛クリニックに問い合わせてみましょう。

横浜中央クリニック

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛・発毛クリニック情報

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.