育毛対策

プロペシア(フィナステリド)の副作用や後遺症についてと、それを防ぐための方法

更新日:

育毛剤と言えば頭皮に塗るタイプのものと思いがちですが、飲む育毛剤もあります。

最も有名な飲む育毛剤に「プロペシア」という錠剤タイプの薬があります。

プロペシアの主成分がフィナステリドというもの。

フィナステリドは前立腺肥大に対して使用される薬だったのですが、服用してみると髪が生えてくるという副作用?が発現し、育毛剤として使用されるようになりました。

 

このフィナステリドが重篤な副作用や後遺症を起こす可能性があるようです。

スポンサーリンク

フィナステリドが重篤な副作用や後遺症を起こす可能性がある!?

プロペシア(フィナステリド)が育毛に効く仕組み

プロペシアは遺伝の強いAGA(男性型脱毛症)タイプの薄毛にも効果を発揮する、飲む育毛剤です。

AGA(男性型脱毛症)の原因は脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンが毛根で悪さをするから。

プロペシア(フィナステリド)がなぜ育毛に効果があるかというと、脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成を阻害するからです。

ジヒドロテストステロンは毛根にある5αリダクターゼという酵素と男性ホルモンのふたつが合わさって生成されます。フィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害することで、結果的にジヒドロテストステロンの発生を防ぐ効果があります。

ハゲの原因であるジヒドロテストステロンが作られなくなると、ハゲの進行が止まって髪が生えてくるわけですね。

このフィナステリドはハゲてからどれくらい時間が経過しているかによって、効果が変わってくると言われています。

毛根から脱毛して5年~10年ほどたってしまうと、フィナステリドでも発毛する確率は減ってくるようです。薄毛対策は早めに行うのが肝心という事ですね。

フィナステリドの副作用

国内臨床試験においての結果ですが、フィナステリド 1mg日内服により、2.9% に勃起機能不全、射精障害、精液量減少など性機能障害が現れたようです。

またプロペシアが日本よりも普及している海外では、2012年にポストフィナステリド症候群財団(PFS)が設立され、プロペシアの後遺症や副作用の危険性について訴えています。

それによると、性機能障害のほかにも鬱や不眠症の原因になったりするようです。

フィナステリドが5αリダクターゼの働きを阻害することで、ジヒドロテストステロンの発生を抑えるわけですが、それは同時に他の成分の発生も阻害します。

フィナステリドの服用で減少する代表的な物質が「ニューステロイド」。

ニューステロイドは気分の安定に一役買っており、減少すると鬱になったりしてしまうようです。

フィナステリドの副作用

  • 勃起機能不全
  • 射精障害
  • 精液量減少
  • 肥満
  • 倦怠感
  • 気分障害
  • 肝機能障害
  • 体毛が濃くなる
  • 陰毛が白髪になる!

もし副作用が出た場合は服用を止めることで、その副作用も収まるものです。ですが重篤な副作用になると、服用を止めても内分泌系の異常が残り、性機能障害や性欲減退の後遺症が残ってしまうようです。

女性はプロペシア(フィナステリド)を飲んじゃいけない

副作用の問題以前に、女性はプロペシア(フィナステリド)を飲んではいけません。

更年期以降に発生した女性の男性型脱毛症について、フィナステリドは効果ナシという結果が出ています。

また、妊婦や妊娠している可能性のある方の服用は、こどもに悪影響がある可能性があります。

そういった理由から女性は薄毛治療にフィナステリドを飲んではいけません。

ですので病院側としても、女性に対してプロペシア(フィナステリド)を処方することはないでしょう。

プロペシア(フィナステリド)での副作用を防ぐために

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療において、最も有効な方法のひとつです。

ですがやはり強い薬なので、その分副作用も発生する可能性が高いのでしょう。

 

ポストフィナステリド症候群財団(PFS)はアンチ・フィナステリドな組織なので、発表する研究結果はプロペシア=悪というバイアスが当然かかっています。

「プロペシアは育毛に効果アリ!副作用も問題ないレベルだよ!」という意見も、製薬業界や医療関係者のお金儲けの為、という捉え方だって出来ます。

ネットの口コミも真偽のほどはわかりません。

 

そんな中で自分の身を守るには正しい知識を身に着けて、医師と相談の上で服用することではないでしょうか。

副作用の心配について、親身に対応してくれる医師を受診したいものです。

 

薬と毒の違いはなんでしょう?

それは成分の違いではなく、分量の違いです。

あらゆる薬が多量に服用したら毒になるし、毒といわれるのもの少量の服用で薬になったりします。

睡眠薬が自殺に使われたり、ボツリヌス菌が美容に使われたりしてますよね。

薬を服用する際に、その分量ってのは一番大事になってきます。

 

用法用量を守ること。

信頼のおける医師を受診する事。

副作用の症状を知ること。

その上で自分の身体の変化に敏感になることが、副作用を防ぐための有効な手段ではないでしょうか。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.