日常生活のハゲ対策

薄毛の原因になる!?トニックシャンプーを使う際に注意してほしいこと

更新日:

メントールが配合されて、洗い上がりにスーッとするトニックシャンプー。

このトニックシャンプーも、使い方次第では薄毛を引き起こす原因になるようです。

今回は、その原因と正しい使用方法をお伝えします。

sampoo2

トニックシャンプーとは?

トニックシャンプーは皮脂の分泌が過剰で頭皮がベタつき気味の男性向けに作られたシャンプーです。

その特徴はふたつ。

過剰な皮脂を洗い流す強い洗浄力。そしてメントールなどの成分を配合することによって得られる、洗い上がりの爽快感です。

 

トニックシャンプーを使ったことがある人ならわかるでしょうが、洗髪後に頭皮がかなりス―ッとします。この刺激が頭皮に悪影響で、薄毛になるんじゃないか?そんな心配をしてしまうかもしれませんが、トニックシャンプーの刺激が薄毛を引き起こす原因はなりません。

爽快成分であるメントールは「頭皮の引き締め効果」「抗菌効果」「血管拡張効果」があります。むしろ、育毛に効果的なんですね。

ですが、トニックシャンプーも間違った使い方をすれば、薄毛を引き起こす原因になりえます。

薄毛にならないトニックシャンプーの使い方を紹介します。

薄毛にならないためのトニックシャンプーの使い方

①実は汚れがうまく落ちていない

トニックシャンプーで洗うと、頭皮はスッとして痒みも軽減されます。

スポンサーリンク

そのため、洗い残しがあっても”きれいに洗髪できた気分”になってしまいます。

本当は頭皮の皮脂がまだ残っているのに、洗い上がりだけサワヤカでは薄毛の原因になってしまいますよね。ちゃんと頭皮の皮脂を落とすイメージで、髪ではなく頭皮を洗うようにシャンプーしましょう。

ただし、だからといって強くゴシゴシと洗ったり、爪を立てて洗うのはNGです。洗い上がりの爽快感というよりも、ヒリヒリとした痛みを感じてしまう場合があります。もし、そういった痛みを感じるようであれば、もっと優しく洗う必要があります。

 

力を入れずに優しく、だけどしっかりとシャンプーする。これが大事です。

②女性や敏感肌の男性は使わない

トニックシャンプーを使うとスーッとして、頭皮にとってはかなりの刺激になります。ですが、問題はそこではありません。

 

問題なのは、トニックシャンプーが持つ強い洗浄効果です。

トニックシャンプーの多くは、頭皮がべたつく男性向け、つまり皮脂の分泌が多い男性をターゲットに作られています。そのため、洗浄効果も他のシャンプーに比べて強い場合が多い。

そのため、トニックシャンプーを女性が使ったり、敏感肌の男性が使うと、肌への刺激が強すぎる場合があるのです。

 

トニックシャンプーまとめ

トニックシャンプーに含まれるメントール成分は、育毛剤にも含まれていることのある成分なので安心して使うことができます。

ただし、トニックシャンプーは洗浄力が強いので頭皮がベタつく男性が使うのが一番。

乾燥肌、敏感肌の男性や、男性よりも肌が弱い女性は使うのは控え、洗浄力が弱く頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーを利用するのをオススメします。

関連記事:いまさら聞けない正しい育毛トニックの使い方!育毛剤と育毛トニックの違いはなんなのか?

☆オススメ記事☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日常生活のハゲ対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.