日常生活のハゲ対策

薄毛の頭皮への紫外線は5月が一番危険!!その根拠と対策。

更新日:

紫外線は頭皮を傷つけて、薄毛の原因になります。

実は年間を通して、最も気を付けたいのが5月なんです。

うららかな春真っただ中でそれほど暑くもない、過ごしやすい気候の5月。日差しだって、夏ほど強さを感じません。

なぜ5月が危険なのでしょうか?

その根拠と対策を紹介します。

スポンサーリンク

紫外線の多い月は?

紫外線が最も多いのは7月から8月の真夏と思っているかもしれませんが、実は違います。

年間を通して紫外線が一番多いのは5月と7月なのです。その次に危険なのが6月、そして8月と続きます。

ギラギラとした日差しの7月であれば、気温も高いし帽子を被ったり、日傘をさしたりして紫外線対策をしている方も多いでしょう。

ですが5月はまだまだ気候も温暖で、紫外線対策を怠っている人も多いのではないでしょうか。その為、実は5月が一番紫外線の悪影響を受けやすい月といえるのです。

紫外線の多い時間帯は?

1日の内でもっとも紫外線量が多いのは10時~13時の時間帯。この時間帯だけで、1日に降り注ぐ紫外線の総量の約半分にもなります。

その中でも真昼の12時は最も紫外線量が多いです。

 

つまり、年間を通して一番紫外線が強いのは5月の12時ということ。

最も紫外線が多い時間帯は、最短で3分以上屋外にいるだけで紫外線の悪影響を受ける可能性があります。その紫外線の強さがうかがい知れますね。

薄毛予防のための紫外線対策

注意したいのは5月~9月の時期。特に5月は要注意です。

特に10時~13時の時間帯は、暑くないからといって、紫外線対策を何もせずに日差しの下に行くのは控えましょう。

 

紫外線対策で最も有効なのは、やはり帽子や日傘です。

屋外に3分以上出る場合は、出来るだけ帽子をかぶりましょう。

 

また、もし紫外線を浴びてしまった場合はトマトが有効です。

トマトに含まれるリコピンは紫外線の影響による頭皮コラーゲン損傷を防ぐ効果があります。

最新の研究でも頭皮のコラーゲンが育毛にとても大切であると発表されています

特におすすめはトマトジュース。トマトを買うよりも安く、しかも効率的にリコピンを摂取できるでしょう。

 

10時~13時の間に少しでも外出する場合は帽子を被ろう!

紫外線を浴びた日はトマトジュースを飲もう!

5月の薄毛対策に是非とも実践してみてください。

関連記事:育毛・薄毛と日光の関係。紫外線で薄毛になるのか!?

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-日常生活のハゲ対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.