女性の薄毛対策

女性の更年期障害が薄毛の原因に!?脱毛を予防する効果的な対策

更新日:

更年期障害は加齢によるホルモンバランスの崩れが引き起こす様々な身体症状の事を指します。

女性の場合は閉経が起きる年齢が平均50歳と言われていて、その前後5年間の45~55歳くらいを更年期と呼びます。この時期、女性ホルモンのエストロゲン分泌が減少することで、様々な症状があらわれることが多くなります。

もちろん、個人差があるので、一生更年期障害が起きない方もいますし、30代から更年期障害の症状が現れる場合もあります。

更年期障害になると、精神的にも身体的にも様々な症状が現れます。

スポンサーリンク

更年期障害の症状

更年期に急激にホルモンバランスが崩れます。それが原因で、様々な症状が現れます。

更年期障害の代表的な症状を紹介します。

  • 動悸
  • イライラ
  • うつ
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 汗が出る
  • 口の渇き
  • 下痢
  • 肩こり
  • 不眠
  • 薄毛

女性でこれらの症状が何の理由もなく続くようなら、更年期障害を疑った方が良いかもしれません。

更年期障害による薄毛の特徴は、男性のようにおでこや頭頂部からハゲていくにではなく、頭髪全体が薄くなっていくというもの。

では、なぜ更年期障害が薄毛の原因になるのでしょうか?

更年期障害による薄毛・脱毛の原因。

男女ともに、男性ホルモンも女性ホルモンも体内で作られています。

男性は男性ホルモンが多く分泌されていて、女性ホルモンは少ない。男性の薄毛は、たくさん分泌される男性ホルモン「テストステロン」の影響で始まります。

逆に女性は女性ホルモンのエストロゲンがたくさん分泌されているので、男性より格段に薄毛になりにくいです。

女性ホルモンには髪を美しくしたり、髪の毛を生やす効果があるのです。

 

更年期障害により女性ホルモンの分泌が減少した場合、発毛効果のあるエストロゲンの分泌が減少するのに対して、男性ホルモンの分泌はいままでと変わりません。

相対的に男性ホルモンの影響が色濃くなるため、女性でも薄毛になってしまうのです。

更年期障害におけるホルモンバランスの崩れ、これが女性の薄毛の原因なのです。

更年期障害による薄毛対策

更年期障害による薄毛の原因は、女性ホルモンのエストロゲンが減少するため。

とはいえ、その薄毛対策は一般的に考えられているものと同じです。

正しい生活習慣やバランスの良い食生活。頭皮のマッサージや成長ホルモンが分泌される睡眠も大事です。

もちろん、男性ホルモンが原因で薄毛になるので、女性専用の育毛剤も効果的です。

 

また、更年期障害には漢方も有効です。西洋医学の薬は対処療法で、症状に対応する薬が処方されますが、漢方には体質改善の効果があると言われています。更年期障害にオススメの漢方は以下になります。

加味逍遥散

【第2類医薬品】ツムラ漢方加味逍遙散エキス顆粒 24包

桂枝茯苓丸

【第2類医薬品】ツムラ漢方桂枝茯苓丸料エキス顆粒A 64包

まとめ

男性の薄毛は遺伝的な要素が強いですが、女性の薄毛の原因で最も多いのがエストロゲンの減少です。適切な対処をすれば、男性よりも薄毛の改善は簡単だと思います。

 

更年期障害障害の対策としてオススメなのが、ロングセラーの「命の母」です。

命の母には更年期障害に効く13種類の漢方薬とビタミン・ミネラルなどがバランス良く配合されています。

驚くのは、命の母が作られたのが明治36年ってこと。なんと、100年以上の歴史があるんです。これだけ長年売れ続けているという事実こそ、その効果の実証になるのではないでしょうか。

☆オススメ記事

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-女性の薄毛対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.