ハゲの雑学

毎朝、枕についている抜け毛の平均本数は?何本くらいから危険信号なのか!?

更新日:

朝起きた時、ふと枕を確認すると、たくさんの抜け毛が…。

あまりにもたくさん抜けていると、薄毛が進行しているのではないかと不安になってしまいます。

どれくらいの本数までが正常範囲内で、どれくらいの本数から危険信号なのでしょうか?

スポンサーリンク

枕につく抜け毛の本数はどれくらいが普通?

「もしかして将来ハゲるかも…」

そう不安に感じる原因として多いのが「シャンプーした時に抜け毛が多い」や「朝起きると、枕にたくさんの抜け毛が付いている」などです。

実際にシャンプーした後に排水溝に抜け毛がたくさんあったり、枕に抜け毛がたくさん着いていて不安に感じた経験を持つ人も多いかもしれません。

では、朝起きた後に枕についている髪の毛は、どれくらいの本数から危険なのでしょうか?

 

人間の髪の毛は普通に生活していても、たくさんの本数が自然に抜け落ちます。

一般的にはだれでも1日に50~60本もの髪の毛が抜けると言われています。

しかしこれが100本以上になると、頭皮環境が悪化していたり、薄毛が進行している可能性があります。

 

単純計算で1日8時間睡眠だと仮定してみます。

すると、24時間で60本抜けるとするなら、8時間であれば20本ということ。

8時間寝た後に枕に付着している髪の毛は、平均で20本と言う事になります。

もし朝起きて枕に20本も髪の毛がついていたら「ハゲる!!」と不安に思うかも知れませんが、意外と平均の範囲内という事ですね。

 

ではもし、危険ラインである”24時間で100本”が抜けるとするなら?

計算すると、8時間であれば32本です。

体調や季節などによっても変動すると思いますが、毎朝32本以上髪の毛が枕についているようであれば、生活習慣を改善した方が良いかもしれません。

 

これは「1日の平均抜け毛数」と「睡眠時間」とを使って割り出した、あくまでも参考までの目安です。

抜け毛の本数も大事ですが、実は抜けた髪の毛の状態の方が大事だったりします。

抜け毛を観察してみる事でわかること

薄毛が進行する場合、まずヘアサイクルが乱れ始めます。

「髪が成長する→抜ける→お休み期間→髪が生え始める→髪が成長する」

これがシンプルなヘアサイクルの内容です。

抜け毛が始まると、健康なサイクルが阻害されます。すると抜ける髪の毛も、健康に育つ前の髪の毛が多くなります。

つまり、健康な抜け毛は太く長いものが多いですが、薄毛危険信号の抜け毛はやわらかく、細く、短い、といった特徴があります。

 

もし朝起きて枕を確認した時に、細くて短い髪の毛が目立ったとしたら、頭皮環境が悪化しているサインかもしれません。

朝の枕チェックまとめ

①抜け毛の本数は20本以内なら大丈夫。32本以上は危険!

②抜け毛が太く長ければ大丈夫。短く細ければ危険!

あくまでも目安ですが、朝起きた後に枕をチェックしてみましょう。

 

もし危険信号であれば、頭皮環境が悪化しているサイン。進行の状況にもよりますが、まずは正しいシャンプーを行ったり、生活習慣や食生活の改善に取り組みましょう!

関連記事:薄毛予防と育毛のための正しいシャンプーのやり方と8つの手順。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-ハゲの雑学

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.