ハゲに効く食べ物

ビタミンAの過剰摂取が薄毛の原因に!レバーや人参は食べ過ぎ注意??

更新日:

薄毛には様々な原因がります。遺伝や生活習慣、食生活などなど。

発毛の為に食生活が重要なのは周知の事実。

タンパク質、ビタミン、ミネラルなどなど、いろんな栄養素をバランスよく摂取することが薄毛を予防します。

そんな中にあって、過剰摂取で逆に薄毛になる栄養素があります。

その代表がビタミンAです。

その理由とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

脂溶性のビタミンAが危険!?

ビタミンと呼ばれる栄養素には、「水溶性ビタミン」「脂溶性ビタミン」の2種類が存在します。

その名のとおり、水溶性ビタミンは水に溶ける性質を持ち、脂溶性ビタミンは油に溶ける性質を持っています。

ビタミンCやビタミンBは水溶性ビタミンに分類されます。水溶性ビタミンの特徴は、体内に摂取しても必要分以外はすぐにおしっこになって体外に排出される点。

一時に多量に摂取しても、摂取しきれない分はすぐに体外に排出されてしまい、意味がありません。ですが、これはどれだけ摂取しても、すぐに体外に排出されるため安全という側面もあります。

 

ですが脂溶性ビタミンは違います。

脂溶性ビタミンは体外に排出されにくく、過剰に摂取すると身体に害を及ぼす可能性があります。

水溶性ビタミンにはビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKなどが挙げられます。

その中でも特に注意したいのが「ビタミンA」の過剰摂取です。

ビタミンAの過剰障害

  • 脱毛
  • 脳圧亢進
  • 激しい頭痛(おもに後頭部)
  • 骨・四肢の痛み
  • 不安、易刺激性(不機嫌)
  • 吐き気や嘔吐
  • 肝機能障害
  • 疲労感
  • 奇形の発生
  • 食欲不振
  • 発疹
  • 下痢
  • 睡眠障害
  • 皮膚の荒れ、かゆみ、色素沈着
  • めまい
  • 鼻血

出展:ウィキペディア「ビタミンA」より

ビタミンAを摂り過ぎると、頭痛や吐き気、疲労感などの弊害が出ると共に薄毛の原因にもなり得るのです。

食べ過ぎ注意のビタミンA

もちろん、ビタミンAをまったく摂取しなければ、それはそれで健康にも頭髪にも悪影響です。

ビタミンAには「皮膚や粘膜を健康に保つ」「抵抗力を保持する」「目の健康維持」など、重要な役割がたくさんあるからです。

 

 

ビタミンAの一日の摂取目安は成人男性で2000IU、成人女性で1,800IUとなります。

1日の許容上限摂取量は成人で5,000IUですが、過剰障害を引き起こすにはもっとたくさん摂取しなければならないでしょう。

 

ビタミンAはレバー類、あんこうの肝、人参などの緑黄色野菜に多く含まれています。

ですが許容上限摂取量を考えても、普段の食生活の中ではあまり気にしなくてOK。ビタミンAでの過剰障害の危険はないと思います。

 

気を付けて欲しいのは、ビタミンAのたくさん入ったサプリメントを服用している方。もしかしたら、過剰摂取になっているかもしれません。健康のため、薄毛にならないためにも気を付けた方がいいでしょう。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-ハゲに効く食べ物

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.