育毛対策

シリコンは脱毛の原因となる?シリコンとノンシリコンシャンプーの違い。

更新日:

ノンシリコンシャンプーが流行っています。

「シリコン=髪に悪い」というイメージがありますね。

育毛効果のあるスカルプシャンプーも、ほとんどのものがノンシリコンシャンプーです。

シリコンとは薄毛を引き起こす物質なのでしょうか?

シリコンで薄毛になる?

そもそもシリコンは髪の毛のコーティング剤としてシャンプーに配合されています。

シリコンが髪のキューティクルを覆うことで、ツヤを出したり指どおりの滑らかな髪質にすることができます。ドライヤーの熱から髪の毛を守る効果もあります。

シャンプーのCMの出てくるお姉さんのような、サラサラで光沢のある髪を目指したいなら、シリコンは必要不可欠かもしれませんね。

 

髪の毛にとっては良い効果のあるシリコンですが、育毛にとっては悪い効果の方があるようです。

コーティング剤であるシリコンが、頭皮をも膜状に覆ってしまいます。これにより、育毛剤の浸透を妨げたり、毛穴をふさいでしまうとも言われているのです。

 

ですが、シリコン自体はとても安全性の高い成分。シリコンの入っているシャンプーを使ったとしても、よくシャワーですすげばまったく問題ありません。

「シリコン=髪に悪い」ということではないのです。

ノンシリコンシャンプーを使っていても…

ノンシリコンシャンプーを使っていたとしても、リンスやコンディショナーでシリコン配合のものを使っていたらまったくの無駄です。(シリコン配合のリンスやコンディショナーは驚くほど多いです)

もし本当にノンシリコンの生活を送りたいなら、コンディショナーもシリコンを使っていないものを使いましょう。

 

スカルプシャンプーを使っていて、そのスカルプシャンプーが特に専用のコンディショナーを用意していない場合は、スカルプシャンプーだけでコンディショナーは使わなくてよいでしょう。もし、あまりにも髪がきしむのでコンディショナーを使いたいという場合は、ちゃんのノンシリコンのものを利用し、使用後はよ~くすすぎましょう。

シリコンよりも大事なモノ

シャンプーはシリコン入りの方がいいのか?それともノンシリコンか?

育毛にとってはノンシリコンの方が良いですが、あえてこだわるほどの要素でもないでしょう。

それよりも、自分の髪質や薄毛原因にあったシャンプーを使う方が大事です。

 

脂漏性皮膚炎なのに、頭皮に優しくて洗浄効果のマイルドなシャンプーを使っていたら、薄毛の改善になりません。

逆に頭皮が敏感な方は、頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを使った方が良いでしょう。

シリコンかノンシリコンかは、あまり神経質にならなくてもよいでしょう。それよりもどんな洗浄成分を使っているかの方が大事だと思います。

例えそれがシリコン配合シャンプーだったとしても、自分の頭皮にあったシャンプーを使うのが一番だと思います。

そのシャンプーを使ってみて、洗い上がりのスッキリ感や使用感、頭皮が痒くならないか、赤くなっていないかなどをチェック!!そんな風に、自分に合ったシャンプーを探してみましょう。

関連記事:石油系・石鹸系・アミノ酸系?育毛のためのシャンプーの選び方

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛対策

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.