ハゲに効く食べ物 育毛・薄毛と○○の関係

育毛・薄毛とカレーの関係。スパイシーなカレーが育毛促進!それとも脱毛促進!?

更新日:

ホットなカレーをハグハグと食べる。すると次第に額に汗がにじむ…。

頭皮を含めた体全体が熱くなり、新陳代謝が活発化、血行促進!

なんとなく、スパイシーなカレーは育毛にも効果的な気がします。

実際のところはどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

カレーの辛さの元であるカプサイシンの育毛効果

スパイシーなカレーは毛母細胞を活性化する物質IGF-1が増える!

カレーの辛さの元は、唐辛子に含まれるカプサイシンという辛み成分。

その他にもカレーにはターメリックやクミン、唐辛子、シナモン、ショウガ、クミン、ターメリックなどなど発汗作用のあるスパイスがたくさん入っています。

唐辛子を食べると、その辛味成分であるカプサイシンが、胃腸の知覚神経を刺激します。

その刺激情報が脳を経由して全身へ伝えられ、毛根で育毛効果のあるIGF-Iが増えるらしいです。

だけど気を付けてほしいのは、刺激が強すぎると逆効果になってしまうってこと。

舌がしびれるほどの刺激は、知覚神経機能が麻痺してしまい、かえってIGF-Iを減らしてしまいます。

スパイシーなカレーは血行が良くなる!

カプサイシンを摂取→全身の血行が良くなる→頭皮や毛根に栄養がいきわたる!

頭皮の温度を測定すると、側頭部よりもハゲやすい頭頂部のほうが温度が低くなっているという結果がでました。

カプサイシンは体温を上げる効果もあるので、育毛に効果的なのです。

あまりにも辛すぎるのも逆効果

注意してほしいのは、舌先が痺れるほどの激しい辛さは逆効果になってしまうこと。

知覚神経を刺激しすぎると、神経が麻痺してしまいIGF-1を減少させてしまうのです。

IGF-1が減ってしまうと育毛どころか、脱毛の原因に!辛すぎるカレーは控えた方が良さそうです。

育毛とカレーの関係まとめ

カレーに含まれるカプサイシンが血行を促進し、IGF-1が増えることによって育毛効果があるようです。

しかしだからと言ってカプサイシンが含まれる唐辛子を丸かじりするのも考えもの。刺激が強すぎるとIGF-1が減少するのはもちろん、胃の粘膜を刺激しすぎて対象を崩したりする可能性もあります。

 

一番いいのは美味しい辛口カレーを、数日に一度くらい楽しむという事ではないでしょうか。

オススメは欧風カレーより、たくさんのスパイスの効いたインドカレーですね。

きっと美味しいカレーを汗をかきながら食べたら、ストレス解消にもなるんじゃないかな。

家庭で作る美味しいカレーのワンポイント

家庭でカレーを作る際の、ちょっとだけ育毛効果をアップさせて美味しくなる工夫を紹介します。

カレーの材料と言えば、肉・人参・ジャガイモ・玉ねぎをメインに、後はその人の工夫次第でいろんな食材を入れますよね。

そこに、育毛効果のあるといわれるスパイスを混ぜます。

オススメは「ヒハツ」や「シナモン」です。どちらも血行促進効果があり、薄毛対策に効果的、しかも混ぜてもカレーの味を損ないません。

 

また、自宅でカレーを美味しく作るポイントは”じゃがいも”にあります。

レストランで食べるカレーにジャガイモって入っていないこと多くないですか?

これって煮込むほどにジャガイモが崩れてカレーと混ざってしまうから。

だから家庭でカレーを作る時も、ジャガイモを一緒に煮込まずに料理するのがオススメ。

ジャガイモだけをラップに包んでレンジでチンしておき、カレーの横に蒸かしたジャガイモを添える。そうするとジャガイモも型崩れしないし、カレーもピュアな味わいになります。もちろん、ジャガイモが煮崩れてカレーと混ざっていると、それはそれで美味しいんですけどね。

 

ヒハツやシナモンを加える、ジャガイモは別に調理する、自宅でカレーを作るときに試してみてください。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-ハゲに効く食べ物, 育毛・薄毛と○○の関係

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.