ハゲの雑学

脱毛促進!?シャンプーの合成界面活性剤が薄毛・ハゲの原因に!その対策を紹介。

更新日:

市販のシャンプーは髪や頭皮にすっごい悪影響を与えるという話を聞いたことがあります。

はたして本当なのでしょうか?

シャンプーが頭皮に与える悪影響と、その対策を紹介します。

スポンサーリンク

頭皮に悪影響を与えるシャンプー

市販のシャンプーが頭皮に悪いと言われる理由は、その洗浄成分にあります。

例えば合成界面活性剤。これは洗剤にも使われていて、通常は混ざらない油と水を混ぜることが出来ます。これによって油汚れを綺麗にすることが出来るんですね。

シャンプーに配合されている合成界面活性剤も、頭皮の皮脂を綺麗に洗浄する効果があります。合成界面活性座は比較的安価で洗浄力が強いので、安いシャンプーにたくさん使われています。

もうひとつ有名なのがシリコンです。シリコンは髪のコーティング剤で、これもまた頭皮や髪の毛にダメージを与える一因になります。ノンシリコンシャンプーが流行ったおかげで「シリコン=頭皮に悪い」なんてイメージが付きましたね。

シンプルな判断基準として、安ければ安いほど危険!と考えた方が良いかもしれません。

合成界面活性剤やシリコンといった強力な洗浄成分は、頭皮炎症の原因になったり、発がん性があったりと言われています。また、その強い洗浄力で頭皮の皮脂を根こそぎ取り払ってしまうと、防御反応として皮脂の分泌が増えます。それによって、よけいに頭皮環境を悪化させる可能性もあります。

 

シャンプーに含まれる成分は、良くも悪くも強力です。もしシャンプーを別のものに変えたとたんに、肌の炎症が起きたり、痒くなったり、フケが多くなったりしたら、そのシャンプーの成分が肌に合わない可能性があります。すぐに使用を中止した方が良いでしょう。

合成界面活性剤入りシャンプー対策

もちろん、しっかりとした信頼のおけるスカルプシャンプーを利用するのが一番です。

ですが、安価なシャンプーを使ったからといって、すぐにハゲるわけではありません。

やたらと界面活性剤入りのシャンプーを危険と警鐘を鳴らすところもありますが、普通に利用する分には大丈夫でしょう。

その場合は、原液を直接頭皮に付けないゴシゴシと洗わない洗髪は2日に1回にする(洗浄力が強いので2日に1回で十分)よーく濯いでシャンプーを洗い流す(一番大事!)、といった工夫をすれば、合成界面活性剤の悪影響も軽減できるでしょう。

 

ですが、頭皮が弱い方や炎症を起こしている方、シャンプーが原因でフケ症になっている方には、きちんとしたスカルプシャンプーを利用することをオススメします。

シャンプーは毎日使用するものです。ひょっとしたら、生活習慣や育毛剤よりもダイレクトに頭皮に影響を与えているかもしれません。

界面活性剤入りのシャンプーにそんなに神経質になる必要はありませんが、発毛・育毛のためにも、スカルプケアを考えたシャンプーを使う事をお勧めします。

 

こちらのページでオススメのシャンプーを紹介しています。参考にしてみてください。

→オススメの育毛剤や育毛シャンプー

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-ハゲの雑学
-

Copyright© 育毛100!! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.