ハゲに効く食べ物 育毛・薄毛と○○の関係

育毛・薄毛と砂糖の関係。砂糖の摂り過ぎは抜け毛・ハゲの原因になる!?

更新日:

チョコレートケーキ、ミルクレープ、いちご大福、プリンにフルーツパフェ…。

ああっ!!食べたいっ!!!

甘いもの大好き!!

でもでも、砂糖の摂り過ぎは身体に悪いってにはわかりますが、育毛にはどうなんでしょうか?

 

結論から言うと「砂糖は育毛に悪影響」です!!

特に生成された砂糖。一般的な白い砂糖ですね。

 

では、育毛に悪影響な理由を解説します。

スポンサーリンク

砂糖の摂り過ぎで栄養素が失われる

砂糖を体内で消化するには、ビタミンやミネラルが使われます。これがすごく問題なんですね。

砂糖をたくさん摂取すると不足するのは、体内のカルシウム・マグネシウム・亜鉛・銅などのミネラル分や、育毛にとっても大切なビタミンB群など。

ビタミンB群は頭皮の新陳代謝を活性化したり、タンパク質が髪になるのを助けたりします。それが不足したら育毛に良いはずありませんよね。

ビタミンB群は育毛にとっても大切な栄養素なんです。

もちろん、カルシウムやマグネシウムも大切。

これらの栄養素が失われると、髪の毛を新しく作り出す力も弱まるといっていいでしょう。

砂糖の摂り過ぎで頭皮が油っぽくなる

砂糖を摂り過ぎると、皮脂成分の分泌量が増えます。

何故かというと、砂糖の摂り過ぎで体内の代謝機能が低下、その影響で皮脂の分泌量がアップしてしまうのです。

頭皮が油ギッシュだと、油分が毛穴につまって育毛にも悪影響になるわけですね。

砂糖をとり過ぎないこと、そして毎日シャンプーして、頭皮を清潔に保つのがポイントです。

砂糖の摂り過ぎで身体が酸性になる

人間の身体は弱アルカリ性の状態がベスト。

だけれど砂糖は強酸性食品

砂糖の摂り過ぎは身体を酸性にしてしまいます。

酸性になるといろんな体機能が不調をきたし、生活習慣病の原因になるのです。

もちろん、育毛にとっても悪影響を及ぼすのは言うまでもありません。

砂糖と育毛の関係まとめ

どうやら生成された真っ白い砂糖は、育毛にとってとても悪いようです。

どうしても甘いものが欲しいということであれば、せめて精製されていない黒砂糖、或いはフルーツの糖分である果糖を摂取したいものですね。

 

たんぱく質やビタミン・ミネラルを摂取することが大切。

穀物、肉類、野菜を中心にして、甘いものは出来るだけ控えた方がいいようですね。

甘いものの摂り過ぎは薄毛はもちろん、虫歯やうつ病など、いろんな病気の原因になったりします。カロリーの取り過ぎで太ってしまうと、生活習慣病の原因にもなります。

育毛のためにも、健康のためにも、甘味はほどほどに楽しみたいですね。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-ハゲに効く食べ物, 育毛・薄毛と○○の関係

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.