育毛・薄毛と○○の関係

育毛・薄毛と日光の関係。紫外線で薄毛になるのか!?

更新日:

夏のギラギラの日差しの中、頭部を触ってみる。

すると髪の毛がすっごく熱くなっている。

身体の中でも最も太陽に近い場所、頭頂部。

自分でも気づかないうちに、すっごい熱を持っていたりする。

そんな太陽の日差し・紫外線が、ハゲ・薄毛を促進するのだろうか?

 

結論から言うと、日光は頭皮に悪影響です!!

 

ではどういった悪影響があるのでしょうか?

薄毛を引き起こす日光・紫外線の悪影響。

紫外線で頭皮が硬くなる

日光の紫外線が降り注ぐことで頭皮が日焼けしてしまう。そうすると頭皮が硬くなってしまい、それが脱毛を促進してしまうかもしれないのだ。

紫外線で頭皮が炎症を起こす

頭皮に紫外線を浴びることで頭皮を守っている皮脂が酸化してしまう。その影響で毛穴に炎症が起きる場合もあります。この炎症が抜け毛、薄毛の原因になるわけです。

紫外線で頭皮が老化する

紫外線を浴びると「光老化」が起こってしまう。

太ももの内側はすべすべだけど、日の当たる皮膚はシワがある…なんてのも紫外線による光老化の影響がわかりやすく出ているところ。

光老化が起こると、肌に弾力が無くなり、シミ・シワが増える。頭皮がこんなんなったら、もう脱毛が促進されるのは目に見えているよね。

オススメ記事:頭皮の光老化が薄毛を促進させる!育毛のための正しい光老化予防法。

毛母細胞がダメージを受ける

皮膚に直接あたる日光は毛根にある毛母細胞に直接ダメージを与えます。

直接のダメ―ジ…恐ろしい!!

 

では逆に日光で植物がぐんぐん育つように、何か育毛に良い影響があるのでしょうか?

日光が頭皮に与える好影響!

 

…ないです。

 

確かに日光を浴びることで体内にビタミンDができます。また、朝に太陽の光を浴びると体内時間がリセットされ爽やかな一日が始まります。日光を浴びること自体は、健康的ですね。

だけど浴びるのは皮膚の一部分でいいし、頭皮に日光を当てるメリットなんでどこを探してもないです。

百害あって一利なしです。

 

 頭皮を守る日光対策

頭皮を紫外線から守るには帽子が一番

晴れた日の外出は日陰から日陰へダッシュする…そんなことにも限界があると思います。

「帽子をかぶると頭頂部が蒸れてハゲにつながる」なんて話がありますが、日光に直接頭皮をさらす方が遥かに危険です。

晴れた日には帽子をかぶる。

この習慣が髪と頭皮を守ることに繋がります。

 

是非ともお気に入りの帽子、キャップを買ってみて、脱毛防止に使ってください。

☆オススメ記事☆

☆スポンサーリンク

☆スポンサーリンク

-育毛・薄毛と○○の関係

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.