育毛の最新研究

虫歯になりやすいとハゲや薄毛の危険性も高い!?驚きの研究結果を紹介。

更新日:

最新の研究によると、虫歯と抜け毛のまったく関係なさそうなふたつに相関関係があることが判明したとのこと。

はたしてどんな理由で、虫歯と薄毛に関係があるのでしょうか?

その研究結果を紹介します。

虫歯と抜け毛の関係

アメリカ国立衛生研究所のマリア・モラッソ博士は、子供386人と大人706人の口腔内と遺伝子を検査することで、ケラチン75(KRT75E337K、KRT75A161T、KRT75)に発現した髪のトラブルに関連する多型は、歯にも悪影響を与えることを発見した。つまり、髪のケラチン遺伝子に突然変異がある人は、虫歯になりやすいということだ。

カラパイア「また毛の話をしよう。髪の毛と歯の意外な関係が判明(米研究)

髪の毛を構成する重要なたんぱく質のひとつに「ケラチン」があります。

そのケラチンは歯のエナメル質を作るのにも重要な役割を担っています。エナメル質って歯の一番外側の層で一番固い部分です。このエナメル質が弱いと虫歯になりやすい。

髪の毛を作るのにも、歯のエナメル質を作るのにも大切なケラチンですが、ケラチン遺伝子に異常がある人もいるそうです。そんな人は歯のエナメル質が弱く、虫歯になりやすい。それと同時に、髪の毛を作るケラチンにも問題がある為、薄毛になりやすいとの事。

スポンサーリンク

 

遺伝的に虫歯になりやすい人の薄毛対策

遺伝子的な素養によって薄毛になりやすかったり、虫歯になりやすくなったりするとしたら対策の立てようがありません!

しかし、遺伝子的には対策を取れませんが、ケラチンの元になるたんぱく質をたくさん摂取するという形での対策はとれるのではないでしょうか。

以前の記事で「髪の毛の99%を構成しているのはケラチンという物質で、このケラチンは18種類のアミノ酸で構成されている」と書いたことがあります。

スカルプD サプリメントAGAプロテインの効果とは?その成分や使い方を紹介。

ケラチンの元となるたんぱく質をたくさん含んだ髪の毛専用のプロテインである「AGAプロテイン」を摂取すれば、虫歯になりやすい人の薄毛予防になる…かもしれませんね。

☆オススメ記事☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-育毛の最新研究

Copyright© 育毛100!! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.